シスター渡辺和子さん帰天す

昨日、片柳神父様(イエズス会・マザーテレサの導きで司祭を目指されたという方)のFBのウォールで、なぜかシスター渡辺と片柳神父様のツーショット写真があったので、なぜなのだろうと思いながら、寝たのですが。
朝起きたら、
「渡辺和子さんが死去 岡山のノートルダム清心学園理事長」
という記事が出ていて
そういうことだったのか・・・、と思いました。

学校法人ノートルダム清心学園の理事長を長く務められた方です

シスター渡辺といえば、この書物で有名です。
「置かれた場所で咲きなさい」

私はそれ以前に、PHPからの文庫本時代からの読者でありました。

この本を始めに、何冊読んだかわかりません(しかし、身にはついてないかと思います・・・)
シスター渡辺のお父様が、渡邉錠太郎大将であることから手にしたのですが、
シスターのお言葉に勇気付けられたというのもあります。

よくシスター渡辺ご自身が、「なぜ修道女におなりになったのですか」と質問されると書かれていました。
以前は、お父様・渡邉錠太郎大将が目の前で青年将校に銃殺されたからということから
世を儚んでと思われていたこともあったらしいです。

カトリックのミサにごくたまに与るだけの求道者である私には
なんか違うなと思いました。
修道院って、世を儚んで入るような場所ではないらしい。

そう、平安貴族のある者が、かつて世をはかなんで出家したとかいう話がたくさんあるので
そのように捉えられるのも我が国ではごもっともではあるかもしれない。

いろいろ、シスター渡辺や、お父様渡邉錠太郎大将のことを知っていくにつれ、
シスター渡辺は、二・二六事件でお父様が殺されていなくとも
いずれは修道女という道を選ばれたのではないかなあと思っていました。

私は以前より渡邉錠太郎大将についてのこの記述が心に残っていました。
渡邉錠太郎大将と仲が良かった朝日新聞記者・高宮太平氏の渡邉錠太郎大将評です。

より。

高宮太平氏は、陸軍部内で二人の軍人を高く評価していました。
一人は、永田鉄山中将(軍務局長の時に中佐に惨殺された)、もう一人が渡邉錠太郎大将。
この二人が生きていれば無謀な戦争は避け得たのではないかということで。

高宮太平氏は、渡邉錠太郎大将を最初、学者肌でおとなしい人と見ていたらしい。
接触して話を聞くようにしていたが、渡邉大将は陸軍部内の人間関係には触れず、国際関係についての話が多かった。そして、航空関係については深い知識を持っていたとの印象だったらしい。
昭和10年ぐらい、陸軍部内外でいろいろな不穏な動きが起こっていた時も渡邉錠太郎大将は表面的にはおとなしく、しかし裏では陸軍士官学校の同期生である林銑十郎陸相の背後で
派閥争いを食い止めるべく奔走していたことを知ったのです。

そんな渡邉錠太郎大将を
「渡辺は内に火のごとき正義感を持ち、平素はそれを深く蔵してあらわさなかった。
けれども、一度決心すると何ものも恐れない。
それはみずから求むることのない者のみが持つ強さであった」

と評していました。
私はシスター渡辺の書物の端々に、このような強さが見られる記述に接して、
シスターはあの事件がなくとも修道院に入られていたのではないかと思っていました。

今年の四月に山陽新聞からこの本が出されました。
私は丸善で立ち読みをしただけですが・・・(すみません)
より、その思いを強くしました。

今は、シスター渡辺の永遠の安息をお祈り申し上げます。

約3万円で香川県を旅してきました。

久しぶりの更新です。

毎日が生活のための仕事に追われていると
なかなか旅行ができないものです。
さらに時間もお金もないし・・・。

でも急に思い立って、約3万円で香川県まで旅行に行きました。
♪((O(*・ω・*)O))♪ワクワク

高松港のモニュメント

旅費は、楽天トラベルを使って約3万円
(往復航空券と高松市内ホテル代金)
※現地での交通費は含まないです。

なぜ香川県に行きたかったのか?

善通寺と高松に行ってみたかったからです。
これまで私は、四国には行ったことがありませんでした。

善通寺は、陸軍関係の建築物がたくさんあるから。
高松市内は、うどん屋めぐりができるかなと・・・。

で、一泊二日でどれだけ回れたのか、ざっくりと説明したいと思います。

高松空港から高松市内に約1時間ほどで到着しました。
朝一番の羽田発に搭乗したので、高松市内に到着したのが午前10時頃でした。

そこからJR予讃線に乗り、約1時間ぐらい揺られて
善通寺で降りました。

まず向かった先は

「旧善通寺偕行社」です。

善通寺偕行社

以前は、郷土資料館だったようですが、
今はかふぇが併設された展示会場のようなものとなっていました。

私はまずここの受付の方に、とても親切にしていただきました。

多分、内部の細かいところを興味深く見学していたり、受付にある
「旧善通寺偕行社整備検討委員会」の資料などを見ていたからだと思います。

そして、「みちくさ遍路ー善通寺88箇所めぐり」という書物までいただきました。
よく読むと、駆け足旅ではとうていいけない、感じられないような魅力がたくさん
紹介されていました。
時間とお金にゆとりがあったらなあ・・・と思いました。

偕行社でしばらく時間を使ってしまったので、レンタサイクルを借りに行き、
(香川県の旅はレンタサイクルを使うと効率が良いようです)
それで香川県護国神社→善通寺→乃木資料館と回りました。

もう午後3時半ぐらいとなってしまいました。
高松方面の帰りの電車が気になるところです・・・(本数が少ない)。

丸亀にもどうしても行きたい!
そう思い、丸亀方面に速く移動するため特急運賃を奮発しました。
(各駅の旅を楽しもうとしても、時間との戦いのため、時にはそうした
出費も覚悟しないとならない。貧乏はつらい!)

丸亀についてからは、もうお城にはいけないので、写真を撮るだけにとどめ
なんとか丸亀発17時台の電車に乗りたいと思い、ここでもレンタサイクルを
借りました。

丸亀城

丸亀城

丸亀で行きたかった場所にもいけたし、かなり疲れたので、高松市に帰りました。

翌日は、もっぱら高松市内観光でした。
高松空港発最終便に間に合うように、市内を出るリミットは17時。
それまでどれだけ回れるかと思いながら。

屋島

屋島からの眺め

あとで知ったところでは廃墟と心霊スポットが多く残る場所でもあるけど
見晴らしは良かったです。
瀬戸内海を直で観られたのがよかったです。

カトリック桜町教会。

カトリック桜町教会

聖堂の建築に興味があったので以前から行きたかったところです。
キリシタン殉教がらみの話もあるようです。

栗林公園

栗林公園

そしてうどん屋さんめぐり。
私は元来、大食ではないけれど、小さいサイズのものを選ぶようにしていたので、
多分高松市内滞在中に5店ぐらいは回れました。
どこも美味しかったです。

これらを公共交通機関だけではとてもじゃないけど回れないので
日焼けをしながらレンタサイクルで回りました。

なんだかお腹いっぱいな、一泊二日の旅でした。

翌日は月曜日でしたが、しっかり有給をとって体を休めました。