副官の務め

副官とは・・・。

軍隊においては、役職者(高級幹部)個人付のもの(専属副官)と、司令部などの組織に関する副官がいたようです。
(多分、詳しいことは部隊の編制についての施行細則などに細かく職務規定されているはず)

いずれも職務はさまざまで、臨機応変さを要求されることから、優秀者が抜擢されることが多いとのことですが・・・。

武藤章中将が近衛師団長に補任されたときに、専属副官にいきなり任命されたのが、
いくつかのエントリーにも出てもらっている稲垣忠弘中尉です。

稲垣中尉は、予備役の将校というだけで、まさか抜擢されるとは
思っていなかったようです。
自身に力量のないことを痛感させられながらも、
何とか武藤章中将についていこうと一生懸命だったようです。
「副官」という職務経験者のなかには、山縣有朋元帥の副官
をつとめた渡邉錠太郎大将(このひとは、陸士→陸軍大学校首席)がいます。

稲垣中尉は、自身の役目を「戦地における女房役」とし、

〇師団長の健康維持(絶対に病気にかかられないように注意)
〇雑務に師団長の神経を一切、使わせないこと

これだけを気を付けられたらしいです。

これって、私の母(専業主婦)のやり方と同じではないか?と思いました。
私の母は、子供のことや、近所のことなどで面倒なことがあっても、
なるべく父の仕事に支障がないように胸の内にしまい、
父が仕事に専念できるよう健康管理だけはしっかりしていた。実は大変だったと
いっていたので、「専業主婦と同じぐらい大変な仕事」なんだなあと思いました。

他国の軍はわかりませんが、
日本陸軍(海軍もかも?)においては、上下関係の中に、さらに「女房役」とか「父親の威厳(山下大将など指揮官)」の
ような、疑似家族関係をつくりあげていたのではないかと思わせられます。
その疑似家族のほうが、プライベートの家族関係よりも信頼関係が強固であったように思うのは
私だけでしょうか。

稲垣副官から見た武藤章中将とはどのような人だったのでしょうか?

〇まず自分の意見を「ズバリ」と直言する
〇実は口が堅い
〇茫洋とした人を包み込むような人徳があり、この人のためなら
身を投げ出してもよいと思わせられた

ということです。

武藤章師団長は、昭和19(1944)年10月に、山下大将が司令官となった
第14方面軍参謀長となり、フィリピンに赴任する時に
まっさきに稲垣副官に、フィリピンの戦況を率直に話したとのこと。
山下大将がいまごろ行かれても遅い。もう後は米軍をひきつけてどれだけ叩くかしかない。
もし君がついてきてくれるなら助かるけれど

稲垣中尉は即座に「お供します!」

武藤章中将は「いや!!」と一度止めました。

「これは死の宣告と同じだから、一晩よく考えて明朝返事をしてくれ」と。

稲垣副官は、武藤章中将のために死ぬことを恐れてなかったので
「閣下、お供させていただきます」と朝、伝えたと。

武藤章中将は一言

「有り難う」

武藤章中将は、「比島から巣鴨へ」の中で

「稲垣副官は、昭和17年5月上旬、私がスマトラの近衛師団長着任以来の副官である。
当時彼は、幹部候補生出身の少尉であった。昭和19年10月スマトラから比島に転任になるときにも
少し無理をして連れてきたのだ。
足かけ4年における我々の友情は、平和時における中年男子の間における友交をもって
想像することはできない。
私は師団長であり、方面軍参謀長であり、彼は尉官であり、副官であった。
齢は親子ほど違ふ。
然し、戦時、砲爆撃下に於ける吾々の間はそれらを超越するものがあった。
生命の危機に直面しては、位階や職権や年齢やを越え、生身の人間そのものが
相触れる。魂の交わりである。私が友情と云ふのはそれだ。

私の衣・食・住一切は稲垣副官に任せ切った。防空壕の出入りまで
彼の云ふ通りにしたから、生命も彼の手に委ねたと云へるかも知れぬ。
私の我儘は相当彼を手古摺らせたこともあらう。
が私は常に心から感謝してゐる。

もし私が師団長として、参謀長として何等かの功績を樹てたとしたら
その半分は彼の功績と云はねばならぬ」

と、稲垣副官に感謝の言葉を書かれていました。

聖心女子学院の校門を設計したチェコ人建築家

「軍人の道は一本道」と銘打っておきながらですが、

私自身は近代建築にも興味をもっております。
それで、ちょっと時間とゆとりがある時に、
近代建築めぐりをします。

それで、今回はこちら

聖心女子学院校門です。

聖心女子学院校門

この校門、とても日本風ですが
何と設計したのは、日本を愛してくれたチェコ人Jan Letzel(ヤン・レッツェル)という方です。
この方はオーストリア=ハンガリー二重帝国のナホト(現チェコ共和国)に生まれ、建築専門学校で
学び、1907年に来日された方です。
1909年に聖心女子学院の校門を、
その翌年、雙葉学園の校舎をそれぞれ設計されました。
その他、有名なところでは、広島原爆ドームと言われている
広島県物産陳列館の設計も手掛けられました。

この方は、建築家としての活躍は滞日していた1907~1923年の時代が
一番恵まれていたように思います。
しかしながら、この方は1923年に失意のうちに故郷に戻らざるを得ない悲劇に見舞われました。

関東大震災があったからです。
母国に帰国して2年の間、設計の仕事ができる精神状態でなく、
母国の家族、友人、知人に見放され、
自分のしてきたことがすべて、大震災で失われたとの失意の中で
亡くなられました
45歳でした。

滞日していた時代、第一次世界大戦で独立したチェコ共和国の
在日大使館の商務官まで勤めるなど、恵まれているように見えたこの方でしたが、
母国では温かく迎えてくれる人もいなかったようです。
切ないですね。

でも、日本で彼の残したものは、「再利用」されています。
震災で破壊された門はコンクリートで固められ、
左右に亀がいて、上部中央には、聖心女子学院の校章が
あります。
亀はカトリック的な意味ではなく、
「鶴は千年亀は万年」という意味があるらしい。
これは雑司ヶ谷の名工の作とも言われています。

天国にいらっしゃるヤン・レッツェルさんに、
あなたが手掛けられた建築は、きちんと形を変えて残っています。
日本を愛してくれてありがとうございますと申し上げたいです。

なぜか軍人の娘は、聖心女子学院や雙葉学園をご卒業される方が多いんですよ、
と無理やり最後は「軍人」に結び付けておきたいと思います。

人を使うに道あり

山下将軍

本日は、山下将軍のシンガポール戦時の日誌にかかれたことを
ご紹介したいと思います。

山下将軍は、あまり日誌を書くという習慣はなかったようです。

シンガポール戦の時に書かれたものが残っているぐらいらしいです。

その中には、今読んでも「新しい」ことが記されています。
・・・ということは、大東亜戦争以前から現在にいたるまでの
日本における労働問題にも相通じるものがあるのではないかと
思います。

1942(昭和17)年1月5日条(在イポー マレー半島)

「十時 徴用人員を集め一場の訓示をなす。
彼等自我心に駆られ、只利害関係のみに眩惑し、
この度徴用せられ、死生の地に立たしめられたることに
関し、甚だしき不平あり。千載一遇の時機、自己の腕を
国家の為に揮うというが如き、意気あるもの
一名もなし。

又陸軍当局も、彼らの身分待遇、留守宅に対する保証等一つもなく、
只一片の命令により、行先不明のまま放りだしたるにより、
不平不満、何等権能も知識もなき引率者に喰ってかかりしものなり。

人を使うに道あり
人を使うには理解の上にて用うべし。
由来陸軍の小役人には空威張りするものあり。注意を要す。」

何だかこれを読んで、私がもしこの時代に生きていたならば、
きっと山下将軍に「自我心に駆られた不平者」と判定されていた
だろうな・・・。

でも、そのあとが大切ではないでしょうか。

「陸軍も人を雇うならば、身分と待遇の保証があってしかるべきなのに、
それもない上、行先不明のまま放り出すのも問題で、
そのため、徴用された不満を直接の引率者にぶつけている。
陸軍の担当者も役人という立場に胡坐をかいて空威張りしている暇は
ないだろう」

確かに大東亜戦争に敗戦し、帝国陸軍はなくなりました。
しかし、その後高度経済成長を経て、現在はどうでしょうか。
労働者に対する待遇はよくなったのでしょうか。

私自身は、新卒主義という企業の採用を知らずして社会に出、
非正規雇用で一年で切られてくることを繰り返し、
あげくに正規雇用になったと思いきや、どんなに頑張っても
評価されず、自分自身が病気になってしまい退職となりました。
そのことを恨んでもしかたはないですが・・・。

現在、派遣切りだけでなく、正社員・契約社員という身分の下、
長時間労働せざるを得ない労働者がどれだけいるのか?

また経営者は、労働者が働きやすい環境を用意するよりも
いかに安く雇い、スーパーマンのように働かせるかということに
目が言っているのではないでしょうか。

正直、今は日本は、大東亜戦争のような戦時中ではないけれど、
もしかしたら、戦時中よりも酷い状況で労働者を酷使しているのでは
ないでしょうか。
長時間働いた末に体調を崩して退職しても、保証はないに等しいです。
再就職も厳しいです。
派遣という働き方においても、当初の約束とは違っていたり、
様々な理由をつけて契約終了で生活の糧が簡単に奪われてしまうのです。
そんな中で、「自己の能力を発揮」するのは難しいのが人情です。

そこを何とかせよ、と山下将軍はシンガポール作戦中、何度も
思っていたようです。

私はここの部分を読んだとき、山下さんは身分が安定している
「公務員」なのに、ここまで考えられるのがすごいと思いました。
徴用された人たちの立場と気持ちがわかっている・・・。

きっとこの人は、意外に苦労していたのではないかなあーーーー。

山下大将の妻の父は、大正期に陸軍少将という立場をリストラされました。
その後は自営となったけれど、事業がうまくいかず、自殺寸前まで
追い込まれたのです。軍人という職業も決して安定しているわけではない。
さらに将官だったのもあってか、今の自衛隊出身の将官とは違って、
大企業に顧問として迎え入れられたのでもないのです。
むしろ、将官だったゆえに、社会から排除されてしまっていたといえます。
そのような妻の父の苦しみに寄り添っていたのが山下さんだったと言えます。

山下さんのような方が経営者だったら、どんなに頑張れただろうか。
空威張りせずに、労働者の気持ちが分かっている方だから、
厳しいことを言われたとしても、
「この人についていきたい」と思わせる何かがあるに違いありません。

現在の我が国のブラック企業の経営者と、それを容認する政治家
私立学校などの学校経営者(兼教育者)には、
山下大将のような考えををもって人を使う人がどれだけいるのだろう・・・。

参考文献