江ノ島の隠れたパワースポット

江ノ島と言えば、日本三大弁天の一つである
「江島神社」とか、しらすぼしグルメなどで有名ですよね。

この江ノ島に、隠れたパワースポットがあります。

それは

kodama_syaden

児玉神社です。

勝利のパワースポットだということです。

結構江ノ島全体は混んでましたが

江ノ島参道

ここまで行くひとは少なかったですね。
ちょっとわかりにくいところにあります。

この児玉神社のご祭神は、この方です。

児玉源太郎

日露戦争時の満州軍総参謀長として、司令官・大山巌元帥を輔佐した名参謀と言われた方です。
台湾統治にも手腕を発揮された方ですね。

この児玉源太郎大将が、なぜ江ノ島にゆかりがあるのでしょう・・・。

日露戦争直前、児玉大将が一人になろうとして江ノ島の別荘に引きこもっていたのに
その別荘にいることを知った政府や軍のひとたちなどがたくさんやってくるように
なり、江ノ島周辺の人たちは「何でそんな偉いひとたちが、ここにやってくるのだろう」と
思ったらしいです。
それで、あとになって日本を勝利に導いた児玉源太郎大将がいらしたからだとわかり
神社を造ってお祀りしたということです。
神社の資材は台湾から取り寄せたもので、日本と台湾の関係もわかる
勝利のパワースポットです。

ここからの見晴しは素晴らしいものでした。

児玉神社

日露戦争時の満州軍総司令部内における「大山・児玉コンビ」というのが
日本陸軍における「司令官と参謀のあるべき姿」となっていったようですね。
大山さんは何もいわず、児玉参謀長にすべてを任せる。

実際の大山さんは万事に細かく、その細かさに耐えられる参謀長というのが
児玉参謀長だったということは忘れてはならないと思います。

司令官は何も言わないのが良しというのではなく、細かいことを承知しながら
自分の信頼している参謀長以下に任せて責任を取るという姿勢は
中々誰もができるものではないと思います。

なお、この日露戦争時の満州軍総司令部には、参謀兼大山元帥専属副官として
尾野実信(おの みのぶ)少佐(のち陸軍大将)がいました。
この尾野実信大将は、武藤章さんの義理のお父様です!
尾野実信さんは、満州軍総司令部時代に大山元帥の専属副官としても務めていたので
大山元帥から信頼されていたことを誇りに思っていたようです。

大山元帥の妻・捨松夫人が、「主人の好きなのは、児玉さんと尾野さんとビーフステーキ」と
言っていたことを講演で話されていました。
児玉さんとは別の立場で参謀と副官やっていた尾野実信少佐についても
関心があります・・・。

よく、山下・武藤コンビを大山・児玉コンビになぞらえる向きがあると思います。
山下・武藤コンビもそれを意識していた部分もありますが、
ちょっと違うんではないかなあとも思います。
山下さんも武藤さんも、結構口を出す部分多かったし。
両方ともかなりうるさ型上司であったと思いますが、
両名ともそれを意識してか、山下さんが参謀に雷を落としているときは
武藤さんは、母親のようなまなざしでフォローするというような感じで
救われたと、元参謀であった渡辺博・元陸将(大東亜戦争時は少佐)が回想してました。

ちょっと変わったパワースポットで、江ノ島の中でも静かな場である児玉神社、
もし行く機会があれば行ってみてください!

今回、写真加工でPhotoshopCS6を頑張って使ってみました。
株式会社LIGさんの
この記事を参考にしながら・・・。
http://liginc.co.jp/web/camera/65147

年に一度の東池袋中央公園

東池袋中央公園

これはおそらく年に一度しか見られない
「東池袋中央公園」の姿でしょう。

私は昨年は偶然、12月24日に用事でこの近くに行った折に
手を合わせた後に撮影してきました。

普段は、猫がたくさんいて、スケボーやってたり、寝転んでいたりするひと
いろんなひとが、いろんな過ごし方をしてるようです。

ですが、年に一度のこの時期だけは、元巣鴨プリズンの絞首台近くに造られた
この碑には、国旗や花束(私は別の日ですが通りがかった時に近くのサンシャイン内の
花屋さんで小さな花束を買い、お供えしました)でいっぱいになるようです。

何か2ちゃんねるなどで突発OFFでもやっているのかしらと思いました。
だとしたら、真夜中、東條大将以下の方々が処刑された時間に合わせて行うだろうから
私も参加したいけど、体調など考えると行けないなあと。

この公園を維持しているのは豊島区です。
特にこの公園を管理するのは大変だと思います。
この公園、心霊スポットとしても知られているし。隣のビルからの自殺者も出ているから。

※以前、私の友達がこの近くに行く時に塩をポケットにしのばせてました。
理由を聞くと、「心霊スポットだから」とのこと。
私は「絞首台があったのは事実だけど、ここで亡くなられた方は
戦争終わった後に戦争に勝ったアメリカなどから裁かれて死刑判決を受け容れた方々だということ
を知っている人に対しては決して取り憑いて苦しめるようなことはないから!」と伝えました。

しかしここはいつもきれいに清掃されているので(生花は枯れる)、管理してくださっている方々には
感謝ですね。

昭和17年・武藤家の正月

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

以前のブログよりは、更新できるようになってきたような
(それでも、ブロガーさんといわれる方から見れば・・・)

izusan_jinjya

☆伊豆山神社の茅の輪・・・八の字に三回回ると厄払いができるというもの。
お正月の時期しか見られないものです。ここから徒歩20分ぐらいに
興亜観音があります(武藤さんたちの遺骨が安置されていた場で、元松井石根大将の邸宅近く)。

何とか自分のペースで頑張っていきたいと思います

大東亜戦争が始まった直後の、陸軍省軍務局長家のお正月とは
どのようなものだったのでしょう。

こんな資料を見つけました。

の中の194頁あたり。

武藤軍務局長が大東亜戦争開戦を何とか食い止めようと奮闘するも
結局開戦の覚悟を(軍事事務的に)決めようとしている
怒涛の時期から一転、実は静かなお正月を過ごされていたようです。
もちろん、世論は「打倒米英」の叫びや運動で沸き立ち、青年将校たちも
あちこちの集会に招かれたりなど忙しかったようです。
マスコミは大勝利の快報を伝えるのに忙しかったはずなのですが、
なぜか陸軍省軍務局長家は静かだったとのことです。

しかしそれは、武藤章さん個人としても、最後の家庭での正月だったのですが・・・。

武藤さんとよく論争していた矢次一夫氏も自宅でゆっくり過ごしていたようですが
そんなときに武藤さんから
なぜ正月だというのに、酒をのみにこないのか?

「戦勝気分で、いまや大軍務局長としてときめくところなど、素寒貧書生の
近づくところではあるまいよ」と誘いを断ってはみたものの
結局は武藤家(陸軍省軍務局長官舎=麹町にあった)を訪問することに。

行ってみると、一人も年賀客がいない・・・

このころの武藤さんは、軍内部でも孤立して少数人だったように、矢次さんには見えたとのこと。
矢次さんは、頑固な武藤さんが癇癪をおこして部下を縮み上がらせたりということも知っていたので、
武藤さんが孤立することで、非戦論の孤立化になることを恐れた」ということでした。

おそらく武藤さんは、矢次さん相手にゆっくり話をしたかったのではないでしょうか。

矢次さんは、武藤さんに対してかなり「きわどい」質問をしてます。

和戦の決定に悩みぬき、必勝の確算がないというのに、なぜ戦争に踏み切ったのか

武藤さんの答えは

「古今の戦史を見ると、戦うべきときに戦わなかった国家は、
相手国の屈辱に甘んずる結果、国民は志操を失い、領土や資源の多くを
奪われる結果、再起の力を持つに至らない。したがって
戦うべきとき、いやしくも腰に武器を帯びるものは、いかに必勝の自信がもてぬにせよ、
剣をとって戦うべきであり、恥に生きるよりも、名を重んじて死を選ぶべきである。
そして勝敗に拘らず、義を重んじ、名を惜しみつつ戦うことによって
敗れたりとしても、後世の国民は、戦いぬいた父祖の志操と勇気を伝承することにより、
またいつの日にか復興し得ることがあろう」

矢次さんは、この武藤さんの答えについてもかなりどぎつく批判しています。

「今回の戦争が、日清・日露戦争の如く、ロシアのアジア侵略の防止、清韓保全という大義名分が
あったのと対比し、大東亜共栄圏建設とか、米英のアジアからの追放というような
帝国主義とみられる要素が多いこと、これらを事前に処理し、むしろ国内政治革新を先行さすべきで
あった」と。

武藤さんはこのようなことを言われても感情的にならずに

「わかっていた。その通り。だからこそ近衛(文麿氏)をかついで
新体制運動を起こしたのだが、失敗したねえ。
もう、それを言うてくれるな」と苦笑されていたと。

武藤さんは、これからの最大の課題は、「終戦」であり、一日も早く、一刻も早く
好チャンスを求めて少しでも有利に「和平」をやることだ。
今日、君に来てもらったのも、そのことを今から考え、努力してほしいからだ」と力説されていたとのことです。

ちなみに、山下奉文中将統率の第25軍がシンガポール攻略するのは
昭和17年2月15日のことです。
武藤さんは、マスコミやら、青年将校の動向やら、軍内部の人間関係の煩わしさから
一時解放されたのがこの時だったと思います。
その時に、友達にこんなことを言い残していたのでした。

私自身も、一瞬、「大東亜戦争は侵略戦争的要素があったと、武藤さんのような方だっていっているではないか」
と思ってしまいます。多分私自身が楽だから。考えこまなくていいから。
多分、私の周囲で、わりと「日本はかつて他国を侵略したのだから・・・」という考えの方に
私自身が阿りそうな惧れもある。

でも・・・どのような原因があったにせよ、国民自ら開戦を支持したのだから。

武藤さんの立場は、一般国民とは違う。
政治的な要素が多い軍事事務の中枢だったのですから。
さんざん、マスコミ・国民の動向、政治家たちの動向に振り回されてきて
苦しんでこられた結果だったのです。

私個人は、直接的に「侵略戦争」と、その対極にある「聖戦」の用語を簡単に使うのは
避けたいと思っています。
自国の歴史から気概と誇りを持つのは大切です。
だからといって、あまりにも力を込めて「気概と誇り!」というのが好きではないです。
また、「過去の戦争を反省しましょう」という「謝罪史観」も好きではないです。

いま日本の中だけでも、かなりせわしなく時が過ぎているように思いますが、
そんな時でも、せめて物事を複眼的に考えられるようになりたいものです。
そのためには、多分時間が必要です。
一つの考えを、ゆっくり自分のなかで咀嚼してとらえなおす・・・。
そんな時間を少しでも持ちたいなと思います。

武藤さん、あなたは
「古今の戦史を見ると、戦うべきときに戦わなかった国家は、
相手国の屈辱に甘んずる結果、国民は志操を失い、領土や資源の多くを
奪われる結果、再起の力を持つに至らない」と言われていますが、

それはいったい、どこの国の戦史を例にとられたのでしょうか?
どうか教えてくれませんか?