「武藤は政治家にでもなる素質がある・・・」

EPSON MFP image

写真は、昭和14年、北支那方面軍参謀副長時代の武藤章少将(天津英仏租界事件の際に東京にやってきたとき
朝日新聞が撮影)

これは、停戦後、俘虜生活中(まだ戦争裁判の前)に
身の回りのお世話をしていた元参謀・一木千秋少佐に
山下大将が言っていたことです。

出典:一木千秋 著 ; 吉田勉 編 『アシンー回想の比島戦』(早稲田速記 1999)

山下さんは武藤参謀長を密かに?
「政治家にでもなる素質がある」と評価していたのだと
すごく意外に思うのではないでしょうか。

山下さんは、まず人を評価するに「あれはこうこうで、ダメなやつ」というそうです。
(おそらく「床屋漫談的」に毒舌がきつい人なんだろうなと思いますが
私はその毒舌ぶりを資料で読んでは、
ひとりほくそ笑んでいますε=ヘ( .∀・)ノ.∀・).∀・)ノ゙アヒャヒャヒャ)
同郷(高知県)の政治家濱口雄幸のことも「ダメなやつ」と連発していたとのことです。

そんな山下大将が、自分の参謀長でもあった
武藤中将をそう評価していたんだなあ・・・、と。
山下大将こそ、「総理大臣になってほしい!」という声が
特に青年将校たちからあがるぐらいではありました。
一方で武藤さんは「無徳」(ムトク)と言われるほど
人望がないという評価を下されがちであるのですが・・・。

一番武藤中将を信頼していた山下大将の武藤中将の人物評価として
こんなことを言っていたというのは
山下将軍自身の現在でも誤解されている言動の数々を考えたりするのに
役にたつのではないかなあと、以前から思っていたところです。

例えば「岡田(首相)なんてぶちぎれ!」と青年将校たちに言ったことなど・・・。

三越で品物を買うな!

この言葉
ちょうど昭和初期頃、陸軍省軍事課長(大佐)ぐらいの
山下奉文さんが、家族に言っていた言葉です。

に

山下さんは、財閥が大嫌いだったようです・・・。
そんなところが、あの二・二六事件の時に青年将校に同情的だったとして
誤解される原因でもありますが・・・。

山下さんは、自宅での夕食の時にも、よく
「栄耀栄華している大金持ちがいる一方で、今日も食べる米もない人々のいる
今の日本は、何とか改革しなければならぬ」
と話していたとか。

さらに贈り物なども、お金持ちには持っていかない人だったけど、
出入りの大工さんや職人さんを大切にしていたとは、
義妹・永山勝子さんがいうところです。

岡田啓介内閣の陸軍大臣を事務的に補佐する要職にありながら
貧富の格差問題に目を向け、財閥はもっと国のために奉仕すべきだと
いう考えを持ち、周囲に話していたのが
この人の興味深いところでもあります。

山下さん自身が、少年時代から貧乏であり(お父さんが小学校教師から医師に転職)
さらに、妻の父が陸軍少将をリストラされたことや、実の兄が海軍を辞めて開業医に
なったものの志半ばで病死するということで、自身が公務員(陸軍軍人)という
安定した職業についていながら、軍人(公務員)以外の職業の大変さを
肌で痛いほど感じていたということが大きいと思います。

→以前のエントリーはこちら

そんなことが昭和初期当時の政策に少しでも活かされていたら・・・
山下さんという人を、陸軍大将まで栄進した「勝ち組」の側面だけで
見ないで、現在にもこのような考えの方がいてくれたら・・・と思うのは
私だけではないでしょう。

財閥こそは国のためにという山下さんの考え方は
シンガポール攻略戦時の日誌にも
このようにかかれています。

「(昭和17年1月)5日 (中略)
14時頃イポーに着く、華僑の女学校に入る。これも寄付金により建てるものなりと。
彼らが公共のために資金を出すことは日本人に比して甚だ大なり。
日本の金持ち共は参考にすべきなり」

出典:

現在なら、山下さんは「三越でモノを買うな」と言われるでしょうか?
私は、言わないような気がします。
現在の三越は、伊勢丹などと合併したり、店舗をいくつも閉鎖させたり
新宿の三越のように業態変換(アルコットとして)させて、ロフトや
大規模書店を2フロアに入れたりしても、なかなか業績が振るわないらしいです。
写真は日本橋三越で、かっこいい建築物ですが
維持するのも大変だろうと案じています。

以前なら、私自身が若かったのもあるかも!?ですが
新宿のデパートに行けるということが、楽しみで嬉しかったりしたのですが、
今では、新宿には行くものの、見慣れていた店舗が撤退してしまい
代わりに某大規模洋品店や、大型家電量販店が入るようになってしまい
寂しく思います。
それ以上に、何も東京に行かなくとも、郊外の大型スーパーでもいいやという
気持ちになります。
そう、三浦展『ファスト風土化する日本ー郊外化とその病理』のように。

そんな今の状況を、山下将軍は何と言われるのでしょう・・・。
お聞きしたいです。
「大型店のせいで商店街が潰れたと同情するのはやめにしたい」
などとは言わないと、勝手に思います。

私自身も値段とか利便さを求めて郊外大型店についつい
行ってしまうんですが・・・。
同情以上の深刻さが背景にあるように思えてならないのです・・・。
商店街にノスタルジーとかは私自身感じません。
シャッターが次々降ろされたあとに、少ない資金で
カフェなどを持たれて、バイトを雇い、地域新聞に広告を出して
いつも綱渡りで頑張っている商店街の新しい店舗を見ると
すごいと思いますが、それでも私自身がゆとりがないため
立ち寄る、というより覗くぐらいが関の山です。

また、大型店に関しては、確かに外観はきれいだし、便利ではあるけど業績が悪ければいつでも撤退するよ
という建物のような感じを持っています。そう、以前グアムで買い物をした免税店のように。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

本年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます(m。_。)m

「軍人の道は一本道」のブログを開設したのは平成21年2月でした。

振り返ると

あるテーマに取り組み始めて行き詰まったり
生活のための仕事に追われていたり

ブログの更新が滞ることが多かったです。

それでも自分のただ一つの
自由な勉強の場として
続けてこられて良かったと思います。

リアルに人に会うと、「よく思われたい」という気持ちから
「空気を読もうと頑張って」合わせてしまうことが多い私ですから

顔が見えない、ブログという場を大切にしていきたいと思っております。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

本年は、これまでよりも意識的に更新頻度を上げてみたいと
思っております。
それは、現在は歴史とは全く関係のない仕事をしていて
自分のライフワークである歴史の勉強を
おろそかにしたくないと思うからです。
(だからこそ、「自由」に歴史に取り組めるとも思っています。)

ということで、新年は私の「院号」の方にご登場願いましょう!

山下将軍

山下奉文将軍(昭和18年1月撮影・第1方面軍司令官・陸軍中将)です。

牡丹江は当時は雪が降っていなかったのでしょうか?
将軍の方々も、正月などの写真を撮るときは
勲章などもつけていらっしゃるようです。

この勲章のついた軍服は、かなり重いものらしいです。

この翌年に山下さんがフィリピンに転任になる際に
一時帰国し、天皇陛下に拝謁を許された時には
親友でもあった阿南惟幾陸相のところに連絡をして
足りない勲章を「借りた」ということです。

養子の九三夫氏が挨拶に行った時
山下さんから、勲章のたくさんついた
軍服を着るように促されてきてみたところ
とても重かったとのことです。

ちなみにこの養子の九三夫氏は職業軍人になることを
山下さんから期待されていたけれど、
視力が悪くて試験が受けられず
山下さんがものすごく落胆したとか。

その報を受けたあと、山下さんと車に乗っていたところ
いきなり
「お前はここから、歩いて帰れ!」と怒鳴られ
車を下ろされトボトボと徒歩帰宅したとかいう逸話もあるぐらいです。

子供のいない山下さんは、せめて養子には軍人になってほしいと
強く思っていたのに、それさえ叶えられなかったので
こんな言い方(今だったら問題でしょう!)になってしまいました。

しかしこの勲章のついた軍服
そんなに重いものなんですね〜。