香川県文書館の危機

香川県文書館所蔵資料が廃棄の危機!

今日たまたまネット上でみたこの記事にショックを受けました。
毎日新聞2017年11月8日朝刊より

香川県文書館所蔵資料のうち1万5000冊が廃棄の危機に直面しているとのこと。

これって・・・。
香川県はもともと軍都だったから、大切な戦史研究の資料が失われるってことでは・・・?
と思い読み進めてみると

ここより記事を引用 ———————————————————–

香川県立文書館(高松市)に保管される歴史公文書約2万6000冊のうち、

軍歴など太平洋戦争関係の資料を含む約1万5000冊が、
県条例に基づき廃棄対象にされていることが分かった。

「将来的に評価が上がる可能性がある」と懸念した専門職員の機転で保管を継続しているが、市民が閲覧できない状態になっている。
識者は「公文書を守るための条例なのに、専門知識のある職員が残すべきだと考える歴史公文書を残せないのはおかしい」と指摘する。

県条例で「重要といえず」
 香川県は公文書管理法施行(2011年)を受け、13年に県公文書管理条例を制定。
県の行政文書は保存期間(内容に応じ1年未満~30年間)満了後、
「歴史資料として重要」と判断されたものは特定歴史公文書として文書館に移管し、
それ以外は廃棄しなければならないと定めた。

 これを受け、書類を保管する県担当部署と同館は、14年度の条例施行までに約1年間かけ、
過去に県から移管された約2万6000冊を点検。
このうち、軍歴関係書類や農地転用に関する書類などを含む約1万5000冊は、
「個人に関わる内容などで『重要な政策決定の過程が記録されている』とはいえず、特定歴史公文書には当たらない」と結論付け、
廃棄対象に決めた。

 しかし、廃棄対象文書を改めて確認した同館の専門職員から
「軽々しく廃棄することはできない」との意見が出たことから、「再審査中」の扱いで保管を継続している。
同館の嶋田典人・主任専門職員は「軍歴関係書類などは当事者にとって大切な資料。
長期的に見れば『石』が『玉』になる可能性もある」と説明する。

【渡辺暢】

——————————————————————————-

私は2年前に香川県に旅行しました。
なぜ香川県を旅行先に選んだのか?というと

軍都だったからーーーーでした。

以前の記事:「軍都・善通寺
     :「丸亀護国神社

特に善通寺に存在していた第11師団は、日露戦争以来の日本の精強師団でした。

現在でも「乃木資料館」として残されている第11師団司令部玄関(陸上自衛隊善通寺駐屯地資料館)

階段の途中の窓がステキです。

庭にはヘリコプターもあり、身近に感じられます(私は兵器詳しくないです。誰か教えてください)

シベリア出兵でも活躍し
第一次上海事変(1932、昭和7)でも活躍し、
支那事変で名古屋歩兵第八連隊が、苦闘し連隊長(大佐)戦死という事態になるほど、
陸軍参謀本部が想定していたよりもはるかに精強である支那軍に苦しめられていた時に
この善通寺・第11師団は
「何とか頑張ってくれ」と急遽動員され、日本の期待を一身に背負って出兵した師団だったのです。
平時の訓練や県民からなる兵士同士もまとまりをもち、軍紀も保たれていた「虎の子」兵団でした。

この部分の参考文献:
阿羅健一『日中戦争は中国の侵略で始まった』

おそらく、その時代の資料もこの廃棄資料とされたなかに含まれているはずです。
そのような資料がようやく「玉」になろうかとしている時に
なぜこんなことが起こるのでしょう・・・。

専門職員がいないから

大学院で法制史や、そこから地道な戦史研究を続けているような人が
育っていないから。

もしかしたらオーバードクターでいるはずです。
ワーキングプアな立場に苦しみながら。
大学の非常勤講師のポストさえももらえずひっそりとしている人が
いるはずです。

そういう人を日本は国として、大切にしてこなかった。
歴史を学ぶことが大切とか、愛国とか言っているわりには
個別の事象を地道に研究してきている人を結果として貶めたから。

私は以前、長南政義さんの日露戦争の講演を聴きにいきました。

長南氏がこの本を出版されたとき、読み通せる自信はなかったけれど

薄っぺらい言説を雑誌で流すような方ではないと思ったから。

でも労働している人間がこの本を読もうとしても疲れて頭に入らず(( ノД`)シクシク…)

ちょうど長南氏が、著書をもとに講演されるというので
分厚いこの著書を抱えて、講演を聴きにいきました。

長南氏の講演を聴くにあたって、著書のどのあたりのことを話しているのか
付箋を貼りながらついていきました。

それだけでも、かなり頭を使いましたw
でも久しぶりに気持ち良い頭の使い方が出来た感じがしました。

それぐらい、私もそうですが
「何がいいたいのかさっさと教えろ!」な見方で、書物に接してはいなかったか。
読みやすい、簡単さ、とっつきやすさ(これがアジテーション的なものだったりもする)で歴史を見てはいないか。

私は、以前「田母神論文」が出たとき、これで、少しは戦史研究にも光が当たるように
なればいいな
(特に保守と自称している人たちが、文書館や博物館に足を運ぶようになるならば、
きっと歴史を学ぶことがブームとなり、資料が大切にされるだろう)と
期待していました。

しかしながらーーー。

事態は、より扇動的になっていったのではないか。
簡略化、単純化された書物。それに売れるために工夫されたどぎついタイトルのついた表紙
ブームとなった「田母神論文」に似たような書物が流行で出版されるようになる一方で、
丹念に史料を読み込んで時間をかけて著された書物に光が当てられることはなかったと思います。

(最近の室町時代ブームは、個人的に「嬉しい」ものです。
まだちゃんと読んでいないけど、

例えば神谷町のツタヤまで買いに行き、
となりの空いている?スターバックスで時間を忘れて読み込む、ということをいつかやってみたいです
→呉座勇一氏『応仁の乱』の時は、神谷町ツタヤで購入はしたけれど、隣のスターバックス・コーヒーが混んでいてできなかった。)

それはさておき

価値を見極められる人が不在のまま、重要な資料が廃棄されてしまう。
これでは、深い部分を知ろうとしたくとも、知ることができない。

正しいか、正しくないかだけでない。
グレーゾーンの部分を直視し、自分の思い込みを超えてみようとしながら
史料に接そうという人は、Twitterには多くいますが、
全体的には少数派だと思います。

もしかしたら、「廃棄対象文書を改めて確認した同館の専門職員」の方の歴史の見方は
私とは異なるかもしれません。
それでも本当は一向にかまわないと思います。
史料を見たいときに見せてくれるように環境を整えてくれるならば

読みたい人に対しては誰でも読めるように、活字にしてくださったり、
その人なりの解釈でいいから、資料の評価文を載せた史料集にまとめるのは
地道で気の遠くなる仕事です

そのようにしてまとめられた史料集は
どんな思想信条、歴史の知識のあるなしであっても
読みたいと望む人には「公平に」開かれているものだからです。

ある人は、注釈が違っていると指摘もします。
またある人は、この史料を編纂した人が「左巻き」ではないか、と批判した文章を
書くでしょう。
またまたあるひとは、史料を読んで「やはり戦争や軍のない世の中になれば」と結論づけるかもしれません。

でもそれでいいのです。
史料を最初に解釈した人が正しいのではなく、読み手が変わると次々と別の解釈が無限に現れるものですから。

今、ここで香川県文書館の史料が廃棄されてしまうことは、
知りたい人の自由さえも奪うのではありませんか。

そんなことに危機感を感じました。

深大寺参拝中にはじめて知った陸軍大臣

本日、久しぶりにパワースポット巡りに行きました。
明日以降寒くなるらしいということと、明日がまだ休みだからというところで

「今行かなきゃ、いつ行く?」となったからです。

本当にお金のない私は、新幹線にのってどこかいくというのが難しかったのと
定期が都内23区まであるので、
深大寺ぐらいだったら片道数百円で行けるかも、と思い行先に選びました。

私はこれまで、深大寺には行ったことありませんでした。

深大寺へ向かうには、京王線調布か、三鷹からバスに乗る必要があります。
調べてみると、三鷹から出ているバス(小田急)は本数が少ないです。
調布から乗る方が本数多いです。
(あと吉祥寺というのもある)

行きは京王線調布から京王バスにて行きました。

参道を歩くと、水車がありました。

なんだかワクワクしてきました。

お蕎麦とお土産店もたくさんありました。
このあたりから、なんだか混雑してきました。
おそらく、私と同じように、「今日ならまだ温かいから」という理由でしょう。
なぜか犬を連れている人たちもいました(地元?)

本堂はこんな感じ。

近くに佛具がありました。
蓮の形をしています。

すごく秋を感じました。

と、その時、「忠魂碑」というのが目に入りました。

見ると、「陸軍大臣楠瀬幸彦」という揮毫
(左の碑です)

誰それ・・・

いつぐらいの方・・・?

お隣の「日露戦争戦捷」の山県有朋さん(長州)はおなじみですが・・・。

誰だろう、今まで本当に聞いたことない方だ。

調べてみると

楠瀬幸彦
(1858年4月28日(安政5年 3月15日) – 1927年3月20日)は、日本陸軍の軍人、陸軍大臣。最終階級は陸軍中将

とありました。

土佐藩士の子供として生まれ、海南学校→陸軍幼年学校→陸軍士官学校というルートで
陸軍軍人となられたかた。

これって山下奉文大将と同じじゃないか!

ただし山下大将は、「四国の小村の平民の子」だから、おそらく楠瀬幸彦(くすのせ ゆきひこ)さんの方が
出自が高かったと思います。

この楠瀬幸彦さん。
なぜ陸軍大臣にまで出世できたのか。
大臣にまでなられたのに、あまり知られていない(私だけかも?)のか?

楠瀬幸彦さんが陸軍大臣になられたのは
1913年の第一次山本権兵衛内閣(海軍)において、
軍部大臣現役武官制がいったん廃止なり、今後は予備役まで軍部大臣(陸軍大臣と海軍大臣)になれるようにし、
政党の軍部に対する影響力を強めようとしたときでした。
当時は、大日本帝国憲法があっても事実上元老と言われる人たちが政治に大きな影響を与えていたことに対して不満が増大し
第一次護憲運動まで発展したのでした。

この第一次憲政擁護運動の時の立役者だった尾崎行雄は

「彼等(元老)は常に口を開けば、直ちに忠愛を唱へ、
恰も忠君愛国は自分の一手専売の如く唱へてありまするが、
其為すところを見れば、常に玉座の蔭に隠れて政敵を狙撃するが如き挙動を執って居るのである。
彼等は玉座を以て胸壁となし、詔勅を以て弾丸に代へて政敵を倒さんとするものではないか」

(『大日本憲政史』)と言っていました。

陸軍としては、山県有朋元帥など長州閥が猛反対したが
山本権兵衛内閣の陸軍大臣・木越安綱中将がそれを押し切り
内閣として軍部大臣現役武官制のいったん廃止を了承したのでした。
山本権兵衛内閣が倒閣するや、後任の陸軍大臣として白羽の矢が立ったのが
この楠瀬幸彦さんでした。

楠瀬幸彦さんは陸軍大臣になられて1年もたたず1914年4月に辞任し休職してしまいます。
おそらく相当な陸軍部内の人間関係に疲れてしまったのでしょうか。

何だか、今日深大寺に参拝しただけなのですが、楠瀬幸彦さんというあまり目立たない大臣に出会えたことで、
第一次憲政擁護運動の頃がどういう時代だったのか、またまた勉強してみたくなり、興味の幅が増えました。

こういう小さな旅を通して、興味の幅を自分の中で広げていくような気持ちは
ずっと持ち続けたいと思います。
考え方が固定されないように。