4年ぶりの尋問再開(地下鉄サリン事件)


松本サリン事件について、正確に語りだした中川智正被告。
黙秘をしていた地下鉄サリン事件についても、
麻原第184回公判(2001年2月9日)以降、証言を始めました。

当時の朝日新聞では、このような取り上げ方でした。

かなり大きい。
法廷イラスト入りでした。
しかし、この日の傍聴者は33名

捜査段階では、中川智正さんは
「サリンは地下鉄に使われると知っていた」と認め、
サリンの原料ジフロについても
「教団がそれまでに作ったサリンや中間生成物を1995年1月に処分した時に
もったいなく思い、自分が保管した」と供述していました。

朝日新聞のタイトルには「4年ぶりの尋問再開」とあるように
麻原第24回公判(1997年1月31日)に検察側証人として出廷したときには
中川智正被告は黙秘を続けていました。

ただ、この日、「井上嘉浩さんとは仲は良かったのですか?」と問われた時
よかったと思います。入信して初めてできた知り合いです。
ステージ的には井上くんがかなり上でしたが、ちょこちょこ話をしました。

とは答えたものの、その後は、問いかけには答えず
両手を太ももの上に置き、こわばったように動かなくなってしまいました

麻原弁護人から
「しつこいですが、ジフロを上九一色村に持ってきたひとは」
「保管したのは井上さんであることを否定できますか」
にも
「ふーん」とうなったきり返事をせず、しまいには
「ちょっと勘弁してください」と言い出す感じで、黙秘を続けていました。



それから4年・・・。
中川智正被告は地下鉄サリン事件において
サリンの生成と袋詰めに関与したことを法廷で初めて認めました

中川:(1995年3月)18日夕、村井(秀夫元幹部、故人)さんが私の部屋に来て
『これからサリンを作る』と言いました。
検察官:「その使用目的は」
中川:「聞いていません」
検察官:「生成に着手したのはいつか」
中川「19日夕方だったと思います」
(サリンは19時から20時ぐらいに完成し、村井の指示でビニール袋に詰めたとのこと)
検察官:「何袋作ったのか」
中川:「10個前後です。」
検察官:「個数は誰が決めたのか」
中川:「遠藤(誠一)さんです。」
検察官:「出来上がったサリンはどうしたのか」
中川:「遠藤さんがどこかへ持って行った」

検察官:「(中川が)逮捕された後、しばらくしてから話をするようになった。本当に反省したから真実を供述したのではないのか」
中川:「自分は死ねばいいと思っていただけで、正確に言わなくてもいいやと思っていた
(サリンの使用目的について)私はそうした事柄を教えてもらえる立場になかったと言いたかったが、
捜査員から『知っているはずだ』と言われた

麻原第191回公判(2001年4月6日)においては

弁護人:「1995年3月18日にサリン生成を始めたが、あなた(中川)と遠藤が中心か」
中川:「評価は任せます。そう言われても仕方がない」
弁護人:「前年に松本サリン事件があり、1995年1月1日に読売新聞でサリンの記事が出た。
だからもう発覚を恐れてつくらないことになったのではないか」

中川:「そうです。ぼくはそう思っていた」
弁護人:「サリン生成は教団の方針に反するのでは」

中川:「教団に一貫した方針はない。だから方針に反しているとも思わない
弁護人:「サリンをつくることを上層部は考えていたのか」

中川:「あの、考えたから作ってしまって、まいてしまった」

弁護人:「サリンの使用目的だが、捜査調書では村井から『地下鉄にまく」と聞いたことになっている。
あなたにとっては重要な問題だ。なぜ事実に反した調書に署名したのか。」
中川:「たくさんの人が亡くなっているし、結果は争いがない。ごちゃごちゃいうつもりはなかった
(中略)
弁護人:「松本サリン事件で騒がれた後なのに、また作る気になったのか」
中川:「つくりたいか、つくりたくないかと言われれば、つくりたくない。
    好きではない。でも指示があればやる

麻原第194回公判(2001年5月10日)においては

弁護人:「地下鉄サリン事件が起きたと、どこで知ったの?」
中川:「3月20日の昼頃。第6サティアンの2階で。人が何人も死んだと聞いた。
自分が生成に関与したサリンだと気づいた。教団の仕業だということも分かった。」

弁護人:「知った時の気持ちは」

中川:「一言でなかなか言えない。知った時点でですか。
もちろん遺族の方、知り合いの方は嘆くだろうとは考えた」

弁護人:「今はどう思う」

中川:「やっぱり、やってはいけないことだろうと思います。」
弁護人:「なんだよそれ、当たり前のことでしょう」(苦笑)

中川被告はしばらくうつむいて、苦悩しているような様子を見せたあとで

「そうですね。それ以外、何をしても償えない。
亡くなった人を生き返らせればいいのだけど、私にはできない
責任の取り方は結局そこに行きつきます。
私が起訴された事件だけで24人もの人が亡くなっている。
関係した事件ではもっと多い。
私がのうのうといきていること自体、まずい。いけないことだと思います

そして、麻原第193回・194回公判において、朝日新聞の降幡賢一記者によると



中川被告は、これまでかばっていた共犯者、
特に井上嘉浩被告に対して告発姿勢に出るようになりました。

どうしてこれまでかばっていたのか。
「捜査当時は地下鉄サリン事件の殺人容疑で、4,50名の仲間が逮捕されていた。
僕は死刑になるか獄死するからいいが、
僕がサリンをつくったことを認めることで彼らは関係ないことを証明したかった。
そしてその後、僕は黙秘するつもりだった」
とのことでした。

しかし、この2001年以降は
地下鉄サリン事件の提案者は実は井上嘉浩被告だったとまでいうようになりました。
「それは事件後サリンのことや、ジフロのことも井上嘉浩被告が言っていたので、井上が事件を提案したのかと思った」
そして、井上嘉浩さんが中川さんに
マンちゃん(村井秀夫)なんて、なんにもしていないんだよ
私が犯行には車が必要だといったのに、
マンちゃんは新幹線で帰ってくればいい、というくらいだったので、
車を使うように言ったのも私(井上)だ」と。
このときすでに、サリン事件実行犯・林泰男被告も、
同様の提案を井上が言っていたと裁判で証言していたので、
中川被告としてはもう自分がかばわなくてもいいだろうと
思うようになったのかもしれません。

この中川被告の証言も、井上嘉浩被告の裁判に与えたインパクトは大きかったと思います。

また、村井秀夫さんの教団内の権力は大きかったけれど、
実行力がなく部下任せ
実現不可能なことを命令するので、部下からみて無責任な人だということも言われるようになります。
井上嘉浩さんが村井秀夫さんを、
本人がいないところでは
「マンちゃん」
(村井のホーリーネームが「マンジュシュリー・ミトラ」より)
と呼んでいたあたりは、あまり知られていないところかと思います。

2016年、すでに中川智正・井上嘉浩さんとも、確定死刑囚となっていたときに
中川智正さんが書いた論文によれば、
サリンの原料ジフロの原料は、村井秀夫さんの指示で井上嘉浩さんが保管。
中川智正さんとしては、嘘をついたのは、まだVX事件が発覚していなかったからとのことでした。

井上嘉浩さんは自分に不利な事を自分からは言わないと思われたので、中川さんは

自分ががサリンをつくるために隠し持ったこととして、
上九一色村の教団施設のクーラーボックスに放置したことにしたと。
そして、それはそのまま裁判として確定しました。

その後、中川智正被告本人の裁判となったときにはすでにVX事件が発覚していた後だったので、
法廷で実は井上嘉浩さんがサリンの原料ジフロを持っていたことを話すことにしたと
書かれています。
朝日新聞の降幡賢一記者や毎日新聞社会部の記者がいうような
「オウム真理教幹部内の美学」があったかどうかについては
この論文からはうかがえないのですが、
それは化学論文の雑誌に掲載するもののため
人間の気持ちなどは極力排して書くものとして、気持ちの面は書かないよう努めたのでしょう。

中川智正「当事者が初めて明かす サリン事件の一つの真相」(『現代化学』2016年8月号)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください