横須賀鎮守府司令長官官舎


Facebookで親しくお付き合いさせていただいている
中久保勲さんからの情報で知りました。

神奈川新聞社の記事です。

>旧海軍の横須賀鎮守府司令長官官舎の竣工(しゅんこう)100年を記念した講演会と見学会が
22、24の両日、横須賀市田戸台の海上自衛隊田戸台分庁舎(旧長官官舎)などで開かれる。

 「横須賀の文化遺産を考える会」(長浜つぐお代表)の主催。22日は午前10時半から、
郷土史研究家の長浜代表による講演を横須賀市西逸見町の市生涯学習センターで行う
。24日は午前10時から、田戸台分庁舎で現地見学会を実施する。

 分庁舎は1913年に建てられた洋風館と和風館の接続住宅。34代にわたる歴代の長官が居住したが、
戦後は米軍に接収されて在日米海軍司令官らの住居として使われた。69年に返還され、海自横須賀地方総監部が管理している。

 講演は、創建時から戦後の混乱期を乗り越えて現在に至る100年を検証する内容。
設計に当たった日本人初の英国公認建築士の称号を持つ桜井小太郎の足跡や米軍に接収されていた当時の使われ方、
近年明らかになったステンドグラスの逸話などを紹介する。

 参加費は全2回で千円、定員は先着60人で、18日が締め切り。問い合わせは同会電話046(826)0848へ

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1309040029/

この横須賀鎮守府長官官舎は、桜の時期しか開館されておらず
私はその時期を探って、頑張って行ってきました。

京急県立大学駅で下車して、徒歩15分ぐらい。
坂をのぼります。

すばらしい桜と邸宅が見られて幸せな気持ちになりました!(^^)!

このようなところです。

●桜の時期の外観

yokotin_kansya

●執務室

DVC00033.JPG

●和室

washitu_yokotin
ここに一時期長官として住まわれた方には、
米内光政大将(1935年2月〜)などがいらっしゃいます。
米内光政大将はちょうど2・26事件の時に横須賀鎮守府長官でした。

また、築100年ということで、実は横須賀鎮守府長官をつとめられたことが
なかった東郷平八郎元帥や、日露戦争直後に横須賀鎮守府長官になられた
上村彦之丞大将は、ここに住まわれたことはありません。

中々行けない場所でもあるので、もしこの日行けるならば行っておいた方が
よいと思います。

私だったら、ランチは料亭小松で頂き、

2009-05-31 14.59.21

料亭小松のHP
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ryoutei-komatsu/

★約5,000円ほどで、予約が必要との事。

そのあと、タクシーでこちらに向かい、
しばし、横須賀鎮守府長官になった気分に浸りたいものです!
贅沢だなあ〜〜〜。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.