大正時代の幼年学校


昨日の投稿でご紹介した武藤章さんの後輩でもある
松村秀逸著『三宅坂』には、かなり面白い話が
あります。

陸軍中央幼年学校

その一つが、大正時代の幼年学校がどのようなものであったかです。

大正時代とは、西暦だと1912年7月30日から、1926年12月25日までをいいます。
この間、ヨーロッパでは第一次世界大戦に、ロシア革命など大きな事件がありましたが、
日本ではわりと「ゆとり」があった時代というイメージだったのではないでしょうか?

当時の幼年学校は、厳しいと言えば、厳しかった!らしいです。

例えば

  • 万年筆使用禁止
  • 歯磨楊子は竹製でなければならない
  • 松井須磨子主演のカチューシャを歌ったら処罰!
  • 生徒に対し、新聞は切り抜きしか読ませない。
  • 厳しいですね~。

    松井須磨子さん主演のカチューシャって
    今では高校日本史の教科書にも記述があるぐらいで、
    「暗記しなきゃならないの~」的な扱いではありますが、
    当時としては、教育的によろしくないもの扱いだったのですね。

    松井須磨子

    でも、日曜日には外出すれば、生徒は新聞・小説は読んだし、
    酒もたばこも飲んだし
    外から見るイメージよりは窮屈ではなかったらしい。

    よく、寒い時期でも全員整列直立不動して、
    軍人勅諭を奉読するような写真が少年雑誌に
    あったらしいですが、それは、満州事変以降の話だったということです。

    精神的な教育もそんなに喧しくなかったという・・・。

    現代の我が国のどこかの私立中学・高等学校の方が、よほど厳しいかも・・・。

    それに今では酒・たばこを許す学校があるなんて報道されたら、
    ネット上で大バッシングが起こるでしょう。
    (現実は高校生でも喫煙者がいるであろうというのは、まあ、お察しくださいですが、
    コンビニでも年齢確認をしたりするし、値段も高いのでそんなに高校生の稼ぎでは
    買えないのではとも思うのですが)

    幼年学校では、「おこづかい」制度があったということで、
    50銭以上のこづかいをもらう時は、
    日本紙に願書を書く必要があったということです。

    「特別小遣金願
     一、金50銭也。
     右、洗粉代」

    として受け持ちの中尉に提出した生徒がいたとか。
    さっそく生徒は将校室に呼び出され、「洗粉代とは何か?」と
    詰問を受けたと。

    生徒曰く、「国漢の先生が、顔の綺麗な生徒がすきだから、私も落第しそうですから
    洗粉を買って磨きたいと思います」といって、小遣いをもらい
    洗粉はお菓子に化けた、ということです。

    結構軍人さん、甘党いるんですね~。
    のんべえの方が多いように思いますが。

    この方は超・甘党なんですよ!
    山下将軍


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください