聖心女子学院の校門を設計したチェコ人建築家


「軍人の道は一本道」と銘打っておきながらですが、

私自身は近代建築にも興味をもっております。
それで、ちょっと時間とゆとりがある時に、
近代建築めぐりをします。

それで、今回はこちら

聖心女子学院校門です。

聖心女子学院校門

この校門、とても日本風ですが
何と設計したのは、日本を愛してくれたチェコ人Jan Letzel(ヤン・レッツェル)という方です。
この方はオーストリア=ハンガリー二重帝国のナホト(現チェコ共和国)に生まれ、建築専門学校で
学び、1907年に来日された方です。
1909年に聖心女子学院の校門を、
その翌年、雙葉学園の校舎をそれぞれ設計されました。
その他、有名なところでは、広島原爆ドームと言われている
広島県物産陳列館の設計も手掛けられました。

この方は、建築家としての活躍は滞日していた1907~1923年の時代が
一番恵まれていたように思います。
しかしながら、この方は1923年に失意のうちに故郷に戻らざるを得ない悲劇に見舞われました。

関東大震災があったからです。
母国に帰国して2年の間、設計の仕事ができる精神状態でなく、
母国の家族、友人、知人に見放され、
自分のしてきたことがすべて、大震災で失われたとの失意の中で
亡くなられました
45歳でした。

滞日していた時代、第一次世界大戦で独立したチェコ共和国の
在日大使館の商務官まで勤めるなど、恵まれているように見えたこの方でしたが、
母国では温かく迎えてくれる人もいなかったようです。
切ないですね。

でも、日本で彼の残したものは、「再利用」されています。
震災で破壊された門はコンクリートで固められ、
左右に亀がいて、上部中央には、聖心女子学院の校章が
あります。
亀はカトリック的な意味ではなく、
「鶴は千年亀は万年」という意味があるらしい。
これは雑司ヶ谷の名工の作とも言われています。

天国にいらっしゃるヤン・レッツェルさんに、
あなたが手掛けられた建築は、きちんと形を変えて残っています。
日本を愛してくれてありがとうございますと申し上げたいです。

なぜか軍人の娘は、聖心女子学院や雙葉学園をご卒業される方が多いんですよ、
と無理やり最後は「軍人」に結び付けておきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください