年に一度の東池袋中央公園


東池袋中央公園

これはおそらく年に一度しか見られない
「東池袋中央公園」の姿でしょう。

私は昨年は偶然、12月24日に用事でこの近くに行った折に
手を合わせた後に撮影してきました。

普段は、猫がたくさんいて、スケボーやってたり、寝転んでいたりするひと
いろんなひとが、いろんな過ごし方をしてるようです。

ですが、年に一度のこの時期だけは、元巣鴨プリズンの絞首台近くに造られた
この碑には、国旗や花束(私は別の日ですが通りがかった時に近くのサンシャイン内の
花屋さんで小さな花束を買い、お供えしました)でいっぱいになるようです。

何か2ちゃんねるなどで突発OFFでもやっているのかしらと思いました。
だとしたら、真夜中、東條大将以下の方々が処刑された時間に合わせて行うだろうから
私も参加したいけど、体調など考えると行けないなあと。

この公園を維持しているのは豊島区です。
特にこの公園を管理するのは大変だと思います。
この公園、心霊スポットとしても知られているし。隣のビルからの自殺者も出ているから。

※以前、私の友達がこの近くに行く時に塩をポケットにしのばせてました。
理由を聞くと、「心霊スポットだから」とのこと。
私は「絞首台があったのは事実だけど、ここで亡くなられた方は
戦争終わった後に戦争に勝ったアメリカなどから裁かれて死刑判決を受け容れた方々だということ
を知っている人に対しては決して取り憑いて苦しめるようなことはないから!」と伝えました。

しかしここはいつもきれいに清掃されているので(生花は枯れる)、管理してくださっている方々には
感謝ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください