江ノ島の隠れたパワースポット


江ノ島と言えば、日本三大弁天の一つである
「江島神社」とか、しらすぼしグルメなどで有名ですよね。

この江ノ島に、隠れたパワースポットがあります。

それは

kodama_syaden

児玉神社です。

勝利のパワースポットだということです。

結構江ノ島全体は混んでましたが

江ノ島参道

ここまで行くひとは少なかったですね。
ちょっとわかりにくいところにあります。

この児玉神社のご祭神は、この方です。

児玉源太郎

日露戦争時の満州軍総参謀長として、司令官・大山巌元帥を輔佐した名参謀と言われた方です。
台湾統治にも手腕を発揮された方ですね。

この児玉源太郎大将が、なぜ江ノ島にゆかりがあるのでしょう・・・。

日露戦争直前、児玉大将が一人になろうとして江ノ島の別荘に引きこもっていたのに
その別荘にいることを知った政府や軍のひとたちなどがたくさんやってくるように
なり、江ノ島周辺の人たちは「何でそんな偉いひとたちが、ここにやってくるのだろう」と
思ったらしいです。
それで、あとになって日本を勝利に導いた児玉源太郎大将がいらしたからだとわかり
神社を造ってお祀りしたということです。
神社の資材は台湾から取り寄せたもので、日本と台湾の関係もわかる
勝利のパワースポットです。

ここからの見晴しは素晴らしいものでした。

児玉神社

日露戦争時の満州軍総司令部内における「大山・児玉コンビ」というのが
日本陸軍における「司令官と参謀のあるべき姿」となっていったようですね。
大山さんは何もいわず、児玉参謀長にすべてを任せる。

実際の大山さんは万事に細かく、その細かさに耐えられる参謀長というのが
児玉参謀長だったということは忘れてはならないと思います。

司令官は何も言わないのが良しというのではなく、細かいことを承知しながら
自分の信頼している参謀長以下に任せて責任を取るという姿勢は
中々誰もができるものではないと思います。

なお、この日露戦争時の満州軍総司令部には、参謀兼大山元帥専属副官として
尾野実信(おの みのぶ)少佐(のち陸軍大将)がいました。
この尾野実信大将は、武藤章さんの義理のお父様です!
尾野実信さんは、満州軍総司令部時代に大山元帥の専属副官としても務めていたので
大山元帥から信頼されていたことを誇りに思っていたようです。

大山元帥の妻・捨松夫人が、「主人の好きなのは、児玉さんと尾野さんとビーフステーキ」と
言っていたことを講演で話されていました。
児玉さんとは別の立場で参謀と副官やっていた尾野実信少佐についても
関心があります・・・。

よく、山下・武藤コンビを大山・児玉コンビになぞらえる向きがあると思います。
山下・武藤コンビもそれを意識していた部分もありますが、
ちょっと違うんではないかなあとも思います。
山下さんも武藤さんも、結構口を出す部分多かったし。
両方ともかなりうるさ型上司であったと思いますが、
両名ともそれを意識してか、山下さんが参謀に雷を落としているときは
武藤さんは、母親のようなまなざしでフォローするというような感じで
救われたと、元参謀であった渡辺博・元陸将(大東亜戦争時は少佐)が回想してました。

ちょっと変わったパワースポットで、江ノ島の中でも静かな場である児玉神社、
もし行く機会があれば行ってみてください!

今回、写真加工でPhotoshopCS6を頑張って使ってみました。
株式会社LIGさんの
この記事を参考にしながら・・・。
http://liginc.co.jp/web/camera/65147


江ノ島の隠れたパワースポット” への2件のコメント

  1. わたくしは軍人のことは正直あまりよく知りませんが、
    息子(小3)が戦争映画の影響でいろいろと興味を持ちはじめネットを見たりしています。
    実はわたくしの曾祖父は原田熊吉中将です。そのことを息子に言うともっと調べたいと言いはじめ
    ネットで検索していたらこちらのブログに記事があったので読ませてもらいました。
    曾祖父は写真でしかもちろん知りませんが、その娘(つまり私の祖母)には大変かわいがってもらったため私自身も知りたいなという気持ちになりました。
    ちなみに祖母は10年ほど前に他界してしまいましたが、学があり聡明、質素ですばらしい女性でした。
    Wikipediaにのっていないような原田熊吉情報があればぜひ記事にしてください。
    またブログを拝見させていただきます。

    • Yasu様
      コメント、ありがとうございます。
      原田熊吉中将、私はすごく尊敬している方です。
      曽祖父様が原田中将である方からのコメント、とても感謝しております。
      原田中将とは歴史の資料上でたまたま「お会いした」だけです。それも、一番惨めな立場に置かれた時のお姿でした。誰にも称賛されない場所で、最期の望みもない空気の中でひとり灯りをともし続けられた姿でした。いつか書きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください