『世紀の遺書』との出会い


『世紀の遺書』とは、
昭和受難者の方々が残された遺書をそのまま編集し、掲載した書物です。

Amazonでも売られてますが、マーケットプレイスです。
高価な書物です。
古書店でもめったに見ることがないし、図書館にも所蔵されてない書物です。
たまに、倉庫の奥底にあったりするので、取り寄せてもらうのに時間がかかります。

昭和受難者とは、「戦争犯罪人」などと記されることもあります。
なので、この方々が何か犯罪を犯したのかと、
どうしても誰もがイメージしてしまうのではないでしょうか。

なので私自身は出来る限り、「昭和受難者」と記したいと思っています。
なぜなら、戦争裁判とは、戦勝国が敗戦国の軍人のある者を、事後法によって裁いた裁判であり、
戦勝国側の罪は問われることがなかったのですから。
おそらく停戦後、我が国において幸せにもご家族が無事復員され、
何とか生活基盤の立て直しにすぐ入れた人たちは、戦争裁判について知ることも少なかったのではないでしょうか。
東條大将たちの処刑報道については知っている程度で、まさか1,068名の方々が人間として最も苦しい立場に
置かれて苦しみ、最期は戦勝国側の手によって処刑されていたとまでは知るゆとりもなかったと思います。

GHQのプレス・コードの下で情報統制されていたのもあるでしょう。
いや、情報統制されていたとも気づかないまま、
生活再建に向かってまっしぐらだったのではないかなあと思います。
当事者ではなかったのですから。

私は、岩川隆さんのこの本の参考文献から辿り着きました。

何とか読みたいという思いから、神田神保町の古書店を回って
講談社から1984年に再刊されたものを発見し、3000円ぐらいで買いました。
さらに昭和28年の初版本は、後日、これまた神田は、文華堂書店(軍事系古書店)にて
6000円で買いました。
なので私は二冊もっていることになります。
もう15年ぐらいも前の事になりますが・・・。
私自身もこの本に出会ったことで、物の見方が変わりました。
私は歴史を学んできた者だけど、
印象にある歴史書は?と訊かれた時にどうしてもこの書物を挙げることが
できないことが多かったです。
私がヘタレなため、です。
こういう私ですから、この本を読んでいることをちらりと知人にもらしたところ
「やめなよーーー」と言われたり
「もっと明るくなるような本にしなよ」とか
「誤解されるよ」といわれて、
とりあえず、「空気を読んで」ました。

もちろん、この間、学校教育の場にも身を置いていた私ですが、
授業の中でも、この話を伝えたいという思いはありながら
あまり伝えることが出来なかったです。
本来、歴史を教えていた私だから、自分のことを話すときには欠かせないはずなのに
何だかそれを出せないようなものを感じていました。

その場を離れた今も、その気持ちは変わっていません。

むしろ今などは、わりと保守的な方々と交流をすることがありますが、
それでも簡単に受け流されるように正直感じていたのです。

「空気」の中では、左右どちらの考えであれ、
私のような者は自分の意見を言いにくいです。
「自分を抑えなさい」
そう、言われたこともあります。

人間の深い悲しみなど、重い話はタブーなのでしょうか。
何か「教訓」めいた物語にしないといけないのでしょうか。

風潮が15年前とは変わりつつある今も、私自身はこの『世紀の遺書』を
手放さず、いろんな人間の苦しみ、痛み、慟哭について学んで行きたいのです。
人間の根源、根本について自分なりに接するのに、この『世紀の遺書』は
いろんなことを、いろんなときに伝えてくれると信じてます。

前回のブログ記事で書いたチャンギー刑務所についても
この『世紀の遺書』を紐解いて、自分なりに学んでいっております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください