さらば、九段会館


ついに九段会館の取り壊しが決まりました。

いつかこの日がくるのではないかとは思っていましたが・・・。

東京新聞より

>東日本大震災による天井崩落事故で多数の死傷者を出し、閉館した東京都千代田区の九段会館が取り壊されることになった。
一九三四年に軍人会館として建設され、三六年の二・二六事件では戒厳司令部が置かれた歴史を持つ会館だった。
老朽化もあって震災後の営業再開はできず、
「帝冠様式」と呼ばれる特徴ある建物が姿を消す。
取り壊し後は、民間資本による新たなビル建築が予定されている。 (新開浩)
 会館は鉄筋コンクリートづくり地上四階、地下一階。「帝冠様式」の外観は、洋館ながら日本の城のような屋根が特徴だった。戦後は一時、連合国軍総司令部(GHQ)に接収された。
土地と建物が国に返還された後、五三年から日本遺族会に無償で貸し出され、同会がホテルや事務所を運営してきた。

東日本大震災による事故で多数の犠牲者を出してしまい
そのまま営業再開もされないまま、ついに取り壊しになってしまうのは
予想できたこととはいえ、さびしいです。
震災当時、九段会館で天井が崩落し、多数の死傷者が出るほどだったということを
知った時、私も東京某所(別の区の築40年のビル)にいたこともあって
恐ろしい気持ちになったことを思い出します。
この天井事故にて亡くなられた方々の御冥福を今一度祈るとともに
昭和初期の建築がこれでまた、一つ姿を消すということで
これまで、私自身が写していた写真を出してみたいと思います。

まずは全体を

九段会館

上部には「ガンダムのような飾りが」
何の意味があるのでしょう?

九段会館の「ガンダム」

参考:お台場のガンダム
ガンダムお台場

最後に「おそらく山下奉文大将がフィリピンに赴任する前夜を過ごされた部屋」(外から)

山下奉文大将日本最後の日

この部屋については、震災よりずっと前に写真を撮りに行った時に
駐車場にいらした方に聞いてみました。
「山下将軍が日本最後の日を過ごした部屋ってあの辺りでしょうか?」と。

「よくわかりませんが、偉い方の宿泊された部屋はあの辺りだったとは思うんですがね」
と言われました。

この駐車場にいらした方、とても九段会館に詳しく
いろんなお話をしてくださったことを思い出します。
震災後にこの職場を離れていると思いますが
どこかで元気にしていてくださいと遠くより念じております。


さらば、九段会館” への8件のコメント

  1. 章姫さま

    こんにちは。

    九段会館も取り壊しですか…昔に泊まったことがありましたが、趣のある建物という思い出があります。

    新しい始まりとして捉えていきましょう(^^)

    暑いですね。ご自愛ください!

    • うさぎの耳さま
      御無沙汰してます。
      九段会館泊まったことあるのですね。
      私は一度泊まってみたかったです。
      あそこの地下には昔大浴場があったらしいですね。
      私は飲み会で行きましたが、大浴場のあとらしきものが全く見えませんでした。
      『マッカーサーの涙 – ブルーノ・ビッテル神父にきく』の中で、ビッテル神父さまが
      憲兵と日本酒の飲み比べ(大浴場で湯船につかって)をしたという記述があります。
      負けたのは憲兵の方だったとか。
      その憲兵の方については、この神父さま口述本の中で戦犯関連で出てくる方でもあるんで
      言いたいことは沢山あるのですが・・・。がんばります。
      1930年代の建築物がまた、一つ姿を消してしまうということは
      とても悲しいことです。
      おそらく新しいビルにしてしまうということで、九段会館の現在の外観とはまったく
      違ったビルになるように思います。

  2. 章姫さま こんにちは。

    皇居周辺ということもあり、エクステリアには気を遣う土地柄ですね。

    神父様と憲兵の方のエピソードがあるのですね。初めて知りました。ありがとうございました!また、章姫さまご自身にも飲酒のエピソードがあるのですね。

    大浴場のことは私も知りませんでした。

    章姫さまが記事としてUPされてみたらいかがでしょうか?そのことで大浴場も「復活」して残ることになると思います(^^)

    • うさぎの耳さま
      こんばんは

      >章姫さまが記事としてUPされてみたらいかがでしょうか?
      神父さまと憲兵の資料は持っているものの、大浴場関係も少し調べたいと思っています。
      私はその話を知っていて、地下の飲み屋さんでの飲み会に参加しました。
      いろいろ浴場らしいものがないか探してみたけれど見つけられなかったのが悔やまれます。
      店員さんにも聞いてみたけれど、「さぁ・・・?」でした。
      (実はあまり飲んでなくて喋ってばかりだった記憶が・・・)

      話変わりまして
      大浴場で日本酒飲み比べなど、普段飲めるアピールしている人でも
      きついんじゃないかなと思います。
      ビッテル神父さま御自身が軍人時代(第一次世界大戦中は陸軍中尉として出征し捕虜経験あり)もあったせいなのか、
      毎日ミサを捧げていてワインを飲んでいたので強かったのかは分かりませんが
      相当お酒強い方だったとのことです。
      ビッテル神父さまは、この時、神父としてよりも「軍人同士」飲みあおうってな感じだったのが
      私には、「この方人情あるな~」と思わせられました。
      カトリックではない我が国に来られて、しかも日本人として信徒がそう多くはないなかでの戦時中
      精神的にも疲弊して箱根(強羅の現・函嶺白百合学園あたり)に避難された神父さまもいらした中で、
      ビッテル神父さまはむしろ都心の上智大学から離れようとはしなかった。
      しかもちゃっかり日本の憲兵と仲良くなってしまうあたり。
      国こそ違え、「軍人同士」というので分かりあえる「何か」があるのでしょうか・・・?

  3. 章姫さま

    お疲れ様です。

    >国こそ違え、「軍人同士」というので分かりあえる「何か」があるのでしょうか・・・?

    あると思います。

    軍隊は自国重視と同時に国境を超える組織です。

    お互いに命がけの任務ですから、仕事の辛さや楽しみ、理不尽さ、祖国愛もわかると思います。

    韓国嫌いの方は多い?のかもしれませんが、どの国の戦没兵士の慰霊にも抵抗感が少ないのが軍人だと思います。実際に自衛隊の学校の学生は韓国の顕忠院で慰霊・顕彰をしています。

    • うさぎの耳さま

      >軍隊は自国重視と同時に国境を超える組織です。
      お互いに命がけの任務ですから、仕事の辛さや楽しみ、理不尽さ、祖国愛もわかると思います。

      なるほどです。
      ビッテル神父さまとウィロビー少将(ドイツ系アメリカ人)
      は、第一次大戦の時に敵同士(互いに当時中尉)で二人とも最前線指揮官で
      闘っていたということが判明、意気投合したという逸話も想像できそうです。

      「私はあなたを狙撃し、あなたは私を狙撃したんだ!」とウィロビー少将が叫んだとのこと。

      >実際に自衛隊の学校の学生は韓国の顕忠院で慰霊・顕彰をしています。
      初めて知りました。
      この話も初めて知りました。顕忠院とは日本で言えば靖國神社のようなものでしょうか?
      「嫌韓」という本が売れていたりで嫌う人、逆に数年前の「韓流」ブームのように
      ハマりまくるひと。いずれも感情で見てしまいがちですが、国として理性を育む方向には
      ならないものでしょうか?私は韓国には行ったことありませんが、機会があれば
      自分で行ってみたいと思っています。

  4. 章姫さま

    こんばんは!

    顕忠院は韓国のソウル市にある国立墓地です。厳密に言えば靖国神社とは違いますが、慰霊顕彰の空間という意味では同じです。

    自衛隊の幹部候補生が顕忠院に行くことがあります。

    極端なブレですね・・・中途半端が嫌い!と綺麗にいえますが、別に言えばめんどくさいからひとつしかしない!ということですね。

    人はいろいろな面で感情・知性・道徳がごちゃまぜになっているのですから、そこまで単純化して生活できない気がします。

    • うさぎの耳さま
      こんばんは!
      戦死者の霊を顕彰する空間という意味では共通しているのですね。
      中途半端嫌い、イエスかノーかはっきりさせてほしいという気持ち、
      考えることがめんどくさいという部分は、一時的には誰でもあるかもしれないけれど
      一方で、人間にはいろんな側面があることも踏まえ、複眼的に物事をとらえられるように
      なれたら良いと思っています(修行中ですが・・・)。
      私自身は、以前頑張って(言葉も喋れないのに)フランスに行った時に
      「アンヴァリッド」に行きました。俗に「フランスの靖國神社」と言われていたのをみました。
      フランス語で何書いてあるのかわからなかったけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください