アンヴァリッド(国立廃兵院)


以前、行ったことがあります。

オテル・デ・ザンヴァリッド(仏: l’Hôtel des Invalides)
1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設としてつくった施設ということで
現在もパリ市内の観光地の一つです。

あまり時間のない中で本当に駆け足だったのですが・・・。

外観はこんな感じでした。

アンヴァリッド(外観)

聖堂は、一見の価値があると思っています!

アンヴァリッドの聖堂

私が何か書くよりも、写真をそのまま見ていただくほうが
いろんなことを自由に考えるネタになるのではと思います・・・。
興味深い場所です。
さらにここはとても静謐な場でもありました。

中庭ははこんな感じでした。

アンヴァリッド(中庭)

Webサイトも充実してますね(私は、フランス語読めませんが・・・)。

このアンヴァリッドの隣に、フランスの陸軍士官学校があります。

以前に、どうしてもフランスに行きたくて
なけなしのお金をはたいて行ってきたときのものです。
パリばかりに行っていたのではなかったので
実はパリ市内あまりゆっくり見学できなかったのが
悔やまれます。
宝くじに当たったりしてゆとりができたら、
ゆっくり行きたいと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.