軍人会館には地下浴場が存在していた!


さて、昨日のエントリーの問いの結果です。

ありました!

九段会館(軍人会館)には

かつて、地下に大浴場が

あったのです!!!

出典は『軍人会館競技設計図集』(洪洋社編集部 1931(昭和6年))です。

これによると、この設計コンペで一等になったのが
小野武雄氏の作品でした。

小野武雄氏の設計を基本として、建設に入ったということです。

その設計図がこの書物にありました。

これです。

EPSON MFP image

確かに「大浴室」とあります(あまり大きいとは考えられませんが)。

もう一度、図面をみてみましょう!

軍人会館の地下浴場

この小野武雄氏の「軍人会館透視図」はこんな感じです。

軍人会館透視図

東から(内堀通り側)

EPSON MFP image

ほぼ、現在の外観と同じですね。

「ガンダム」なところは、おそらく伊東忠太先生の好み?が反映されているのか
この小野氏のデザイン通りではないですが。

伊東忠太という建築家は、築地本願寺のような
独特な世界観を表現した建築を残しています。

この人は、建物の中に何かの精神性を表現しようとしていたのではと
建築好きだけど、かなりど素人な私から見ても感じられます。

築地本願寺を見ると・・・。

tukiji_honganji

日本にいながら、インドに行ったかのような気分になれると
感じました。
特に本堂屋根の蓮の花!
私はこの蓮の花を見て、蓮の美しさを再確認しました!

さらにこの方は妖怪などにも造詣があり、言葉にもかなりこだわりがあったようです。

伊東忠太さんは、軍人会館とは目と鼻の先にある
靖国神社の遊就館も設計されています。

2009-06-09 17.11.34

よって、建設にあたっては、靖国神社と一体となるような後世に残る建築をと
いうことで特に力をいれたものと思います。

おっと、話がそれました。

軍人会館のお風呂は思ったより、小さいように思いました。

二人か三人ぐらい入ればいっぱいではないかなあという感じがしました。

それでもビッテル神父さまは大きな風呂と思われたらしいけど
それは、神父様自身が、このお風呂を大きいと思われるほど
当時からユニットバスのような小さな、ただ汗を流す程度の風呂しか
接してなかったためではないかと思います。
特に修道院だと、大浴場というのはないはず。
他人にハダカを見せるということが、修道者はないらしいと聞いたことがあるからです。

以前に、私自身が某修道院に「黙想」と称して泊まりにいったことがありますが、
ユニットバスのような風呂でした。一人ずつしか入れないようになっていて
出るときにはそれぞれきれいにして出るようになっていました。
ちなみに、黙想という名目で修道院にとまりに行くと、部屋は個室が与えられますが、
風呂は共用でした。しかし一人ずつ入り、出るときにはきれいにするのが
マナーなので、次に誰が入ってもよいようにしていました。

そんな修道院での生活を送っていた神父さまからすれば
軍人会館の地下浴場は、さぞのびのびできたのだろうと思います。

ちなみにこの地下浴場は、1983(昭和58)年の改修まで存在していたことが、
中野裕之氏「昭和初期の建築を保存した 九段会館改修工事」(『建築技術』1989.8)にありました。

それによると、宿泊客と、会議とか、講演会などの宿泊しない客がバッティングしてしまうことが
問題となったらしいです。
それは当然だと思います。

会議のために九段会館を使いに来た人が、普通に浴衣姿でお風呂に入りに行く宿泊客の姿を
見ることになるのだから。
これでは、会議で来たひと、浴衣姿でくつろぐ予定で来た人ともに
違和感を持つだろうと思います。

それで、宿泊室にユニットバスを設置し、地下の浴場を廃止することに
したのでした。

・・・ビッテル神父さまの聞き取り本が書かれた当時
普通に、九段会館(軍人会館)の風呂のことが取り上げられていたのは
昭和48年当時の九段会館には、地下に風呂があることが「当たり前」だったからだと
思います。


軍人会館には地下浴場が存在していた!” への6件のコメント

  1. 章姫さま

    お早うございます!

    お風呂はあったのですね。歴史の一コマと彩った九段会館のお風呂、ビッテル神父も入浴を楽しまれたと思います。

    とりあえずビール!のようにとりあえず風呂!というのも生活の一コマのようですね。

    • うさぎの耳様

      コメントの返信が遅れてしまい申し訳ありませんm(__)m

      ビッテル神父の場合、大浴場的なお風呂には職業軍人をやっていたぐらいだから
      抵抗はなかったのではないかとも思います。
      どこの国も、軍人の衛生面に関しては難しい問題を抱えながらも
      大規模シャワーとか?お風呂とかを軍施設内に持っていたのではと想像しておりますが、そんな面でも日本の軍人会館内風呂にはふつうに入れたのではないかと思います。さらに酒の飲み比べまでやって勝つとは・・・。

      ところで自衛隊基地内にも大浴場なり、大勢が入れるシャワーは普通にあるのではと
      想像しております・・・。どうなんでしょうか?
      何日もお風呂やシャワーに入れない訓練の後に浴びるシャワーなりお風呂というのは
      格別でもあるし、衛生面でも大切なのでは?(多分、この辺の問題とは、難しいものがあると思います・・・。「軍人は何日も風呂に入れない状況でも文句はいうな!」という側面と、「国を守るものとして、病気にでもかかられたら困る」という面と両方あるのでは???

      ・・・こうしてみると、戦前の軍人会館で一風呂浴びられるというのは
      かなり贅沢だったのかしらとも思います。

  2. 章姫さま

    こんばんは!

    基本的に軍隊は衛生面には気を使います。病気で戦線を離れられるのは部隊にとっては痛手ですから。

    とはいっても集団でいると衛生面で劣る面があるのも事実、第一次世界大戦中のスペイン風邪流行などは軍の動員(多くの人が一箇所に集まって各地に派遣される)が感染拡大のひとつの要因と言われています。

    気持ちだ!気合だ!精神だ!という言葉だけで失敗した面も多々あるので、その点は反省していると思いますよ(たぶん)

    • うさぎの耳さま

      >基本的に軍隊は衛生面には気を使います。

      おそらく、よく自衛官の方が、入隊してしばらく
      服のアイロンの掛け方とか、容儀点検が厳しかったという話をされて
      いるのもその一つとは思うのですが・・・。
      民間人からみて「何と面倒な」と思うことでも、何かの意味があって
      風呂の入り方とか容儀点検とか、身の回りをまず整える!ということを
      きちんと訓練するのかなと思ったりしています。

      >気持ちだ!気合だ!精神だ!という言葉だけで失敗した面も多々ある

      負けいくさになると、どうしても兵隊に心身ともに無理をさせてしまうというのは
      どこの国も同じなんでしょうね。
      第一次大戦中のスペイン風邪の流行。感染者の数がハンパないことを知りました・・・。
      何億人レベル。想像もできないです・・・。

      個人的には、軍の衛生面に関する合理的考え方の中に、何か病気や怪我したときにも一般人が
      使えそうなものも多いのではと興味を持ってます。

  3. 章姫さま

    お疲れ様です。

    軍事医療で一般的に役立つ面は、怪我はつねにあり得ることを前提にした仕組みかもしれません。怪我をした本人からすれば医療機関にいって対応できないとなれば「やぶ医者」扱いでしょうから。(どちらかといえば組織の機能ですね。)

    トリアージというのも元々はフランス軍の軍事医療の原則から導き出されたものと言われていますから、軍事が民事に影響を与えることはけっこうありますね。

    このインターネットという仕組みも元々は、中枢部への攻撃で一発で軍が機能不全になることを防ぐために分散しようという意図から生まれたものです。

    軍事=悪・極悪という色眼鏡では見えない世界かもしれませんね。

  4. うさぎの耳さま

    コメントが遅れてしまい申し訳ありません。

    トリアージという言葉も初めて知りましたが、これもまた日本国内でも
    災害等で怪我人が多数出たときなどに使われていたのですね。

    自衛隊の病院ってかなり社会的信頼があるのですね・・・。防衛医科大学病院など。
    普段は自衛隊についてあまり興味がない人でも、ここの病院にかかりたいといってたりしますね。(私は近くないので、お世話になれないのが残念です。でもいつも混雑してそう・・・)

    ちなみに、山下大将の実のお兄さん・奉表(ともよし)さんは、海軍軍医少将で舞鶴の海軍病院勤務だったとのことです。(それで退官後呉で開業医になった)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.