新年のご挨拶


あけましておめでとうございます。

本年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます(m。_。)m

「軍人の道は一本道」のブログを開設したのは平成21年2月でした。

振り返ると

あるテーマに取り組み始めて行き詰まったり
生活のための仕事に追われていたり

ブログの更新が滞ることが多かったです。

それでも自分のただ一つの
自由な勉強の場として
続けてこられて良かったと思います。

リアルに人に会うと、「よく思われたい」という気持ちから
「空気を読もうと頑張って」合わせてしまうことが多い私ですから

顔が見えない、ブログという場を大切にしていきたいと思っております。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

本年は、これまでよりも意識的に更新頻度を上げてみたいと
思っております。
それは、現在は歴史とは全く関係のない仕事をしていて
自分のライフワークである歴史の勉強を
おろそかにしたくないと思うからです。
(だからこそ、「自由」に歴史に取り組めるとも思っています。)

ということで、新年は私の「院号」の方にご登場願いましょう!

山下将軍

山下奉文将軍(昭和18年1月撮影・第1方面軍司令官・陸軍中将)です。

牡丹江は当時は雪が降っていなかったのでしょうか?
将軍の方々も、正月などの写真を撮るときは
勲章などもつけていらっしゃるようです。

この勲章のついた軍服は、かなり重いものらしいです。

この翌年に山下さんがフィリピンに転任になる際に
一時帰国し、天皇陛下に拝謁を許された時には
親友でもあった阿南惟幾陸相のところに連絡をして
足りない勲章を「借りた」ということです。

養子の九三夫氏が挨拶に行った時
山下さんから、勲章のたくさんついた
軍服を着るように促されてきてみたところ
とても重かったとのことです。

ちなみにこの養子の九三夫氏は職業軍人になることを
山下さんから期待されていたけれど、
視力が悪くて試験が受けられず
山下さんがものすごく落胆したとか。

その報を受けたあと、山下さんと車に乗っていたところ
いきなり
「お前はここから、歩いて帰れ!」と怒鳴られ
車を下ろされトボトボと徒歩帰宅したとかいう逸話もあるぐらいです。

子供のいない山下さんは、せめて養子には軍人になってほしいと
強く思っていたのに、それさえ叶えられなかったので
こんな言い方(今だったら問題でしょう!)になってしまいました。

しかしこの勲章のついた軍服
そんなに重いものなんですね〜。


新年のご挨拶” への4件のコメント

  1. 章姫さま

    新年あけましておめでとうございます!

    歴史の勉強に時間を使われるとのこと、いいですね(^_^)

    軍人さんたちの思考や生き方を研究されて、発表されることを楽しみにしています。

  2. うさぎの耳さま

    あけましておめでとうございます!
    本年もよろしくお願い申し上げます。

    歴史の勉強のために、意識的に時間をつくりたいなと
    思っています。なかなか難しくはありますが。
    歴史の本を意識的に読んで、感じて
    それを何とか多く、文章にできるよう努力します。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

    とりあえず生活のための仕事ってのがあるので、
    それに疲れすぎないように
    たとえ15分でも歴史に取り組む時間を
    作ってみようというのが、新年の抱負です・・・。

  3. 章姫さま

    今年もよろしくお願い致します!

    軍人さんたちのいろいろな面をみせてください。ネット上でも軍人の考え方や生き方をとらえた記事は少なめかと思います。軍隊やその構成員の軍人にはステレオタイプがあって、それ以上の探求も少ないですから。

    帝国軍人の考え方、生き方、行動様式を追求・明らかにするブログ!というのはどうでしょう?

    希望がてらです(^_^)v

    • うさぎの耳さま

      コメントありがとうございます。

      >軍隊やその構成員の軍人にはステレオタイプがあって、それ以上の探求も少ないですから。

      そうですね。「軍人らしい」一言で終わってしまう部分多いですよね。
      私は個人的に「軍人らしい」とはなんだろうか?と思います。
      おそらく、私自身が「軍人」に以前は嫌悪感を抱いてきたのですが、あるときに
      リアル「軍人」に接して、ピシッとしている面とか見れば「やはり」とは思うのですが、
      ひとくくりにもできないのでは?とか思うことがありました。
      また、書物でお会いしている帝国軍人さんにも
      本当にいろんな方がいらっしゃいますよね。
      なので、世間的に「軍人らしい」部分だけでない何かを
      たくさん見つけられることができたら良いなと思っております。

      日々、勉強ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください