骨折治療はリハビリが肝心


私はこれまで、骨がつけば骨折治療は終わりだと思っていました。
リハビリはせいぜい副次的なものと思っていました。

以前の骨折の時のリハビリは、職場と整形外科が近くだったのも
あり、ストレスを感じなかった(むしろリハビリ中居眠りができたのが良かった)のもあります。

しかし

「骨折は、固定が外れてリハビリに入ってからが大切なんですよ」

「できれば、リハビリは当院が空いてる時、毎日来て欲しい。」

それでは仕事の両立が༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ༽出来ない・・・。

それなら、私は非正規雇用でもあるし、骨折で仕事をやめたとても
傷病手当金が出る(1年以上同じところで働いているため)ので
退職するか、仕事をとるか・・・。(これはかなり悩みました)

「もし、うち(病院)に通えないというなら、地元に転院されるとか考えることもあります」
「今はご自身の足を第一に考えて欲しいです。身体をとるのか、仕事をとるのか?」

とも言われました。
個人的にはごもっともです!
しかし、現実には職場にはいろいろとお察しくださいということもあり
なかなかどうしたら良いのか悩みました。

地元に転院しても、結局は遅刻早退が増える(さらに病院の多くは平日の9時から6時ぐらいだから)
「身体をとるのか、仕事をとるのか」については、
私個人のことだけなら、「身体」です。
特に足の怪我なので、ずっと付き合わざるをえなくなりそう(毎日歩いている=使っているから)。
だから本来は仕事なぞやめたい。
そして、早退遅刻するときの職場の何だか「先に抜けるの?」ムードが精神的に堪えられない。
だったら、もうやめていい。

こうなったら、もう仕事やめよう

そう思って、派遣元に相談しました。

答えは

遅刻早退は事前に伝えてくれれば何とかするので続けて欲しい

でした。
(もっともこれは今回の職場環境上、このように言われただけで、
他に応募かけたら後任が見つかった、とか人数的に足りている、だったらば
私は即刻クビが当然だと思います。非正規雇用とはそんなものです
非正規雇用は自己責任とか言われますが、こういう時こそ、「うまく立ち回ること」が大切だと
思いました。しかし今回はこの選択が自分の中では精一杯でした
なお、病院の先生によると、派遣社員ならば、一旦辞めて、療養した後別の派遣先から復帰する人も
多くいますよ、とのこと。)

となると、職場から病院まで移動するストレスとの闘いにもなる・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.