軍都・善通寺


善通寺と兵器庫

私が今回是非撮影したかった写真です。

ちょうど善通寺の塔と、陸軍第十一師団兵器庫が入った写真。
やっと撮影できました。

このアングルの写真が撮れて嬉しかったです。

弘法大師ゆかりの善通寺と、陸軍第十一師団のレンガ建築が一緒に
写ってるのが個人的にツボだったのです。

そのほか、善通寺には私が今回回りきれないほどの
陸軍関係施設(自衛隊施設も含む)があるように、軍関係に興味がある人にとっては
あちこち目移りしてしまうほどの街でした。

時間を気にしないで心ゆくまで見物したかったのですが、
現実は・・・午後4時には高松方面の電車に乗らないといけない。
それまでにどれだけ回れるか。

私はよく、旅行に行くと、現地の博物館的な場所の受付の方といろいろ
話してしまって、肝心なところを見そびれてしまうことがあります。
今回はそうならないように・・・と思っていたのですが。
なかなか難しかったです。

そんななかでも、ここには行きました。

「香川県護国神社」

香川県護国神社

別名「讃岐宮」と言われている神社です。
こちらの神社の境内に、「先賢堂」なる香川の偉人をお祀りした場があるらしいです。

さらにこの「先賢堂」に原田熊吉・陸軍中将がお祀りされていたことを、
この本より知りました。

harada_kumakichi

茶園義男『BC級戦犯・チャンギー絞首台―ドキュメント』(紀尾井書房 1983)

護国神社に旅行前に問い合わせてみたところ、「先賢堂」は境内にありますが、
その方がお祀りされているかどうか・・・という回答でした。
先の大戦で殉じられた方は全てお祀りしていますよ、と。

私のような者からのこうした問い合わせ、かなりレアだったのではないかと思います。

今度は直接護国神社の社務所に行き、先賢堂はどちらですか?と聞いたら

「ああ、先日問い合わせられた方ですね」と。

すっかり印象に残られたようでした。

「先賢堂とは、乃木神社のことです」

乃木神社

この讃岐宮には初代善通寺第11師団長であった乃木希典大将を
祀った神社もあるのですが、それが「先賢堂」をも兼ねていたとは!

しかし、わかりにくい・・・。

原田熊吉中将が、讃岐宮の「先賢堂」に合祀されたのは
昭和49(1974)年2月23日だったとか。

最初に祀られたのは、景行天皇の皇子神櫛王命で
原田中将は103番目です。

それでも、ほんの少し原田熊吉中将を知ることができて
嬉しかったです。

次は、茶園義男『BC級戦犯・チャンギー絞首台―ドキュメント』(紀尾井書房 1983)に
掲載されていた、「原田熊吉命御事歴」をご紹介します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください