丸亀中学の剛球投手


原田熊吉中将は、明治21(1888)年8月に、丸亀の餅屋の次男として生まれました。
貧しい餅屋で、夜明け前から餅つきの手伝いをしながら、学校には遅刻をしないようにと
駆け足で通うような少年でした。
そんな中、(旧制)丸亀中学校に進学してから野球を始められたようです。
この旧制丸亀中学校は、今は香川県立丸亀高等学校となっていて、文武両道の伝統校です。
校内には入れませんでしたが、旧制中学校の頃の校舎を移築したものは
遠くからですが、写真に撮ることができました。
レトロですね・・・。せめてここだけでも入れたらなあと思いましたが、
外観だけ撮影できたので、とりあえず良しとしたいものです。
(駐車場のようなところがあって、そこから頑張って撮影しました・・・)

丸亀高校記念館

横からは

丸亀高校記念館2

さて、原田熊吉中将は、どのポジションでご活躍されていたのでしょうか?
ポジションは、何と、「投手」でした。
私は身体の大きな方なので、捕手ではないかとイメージをしていましたが
(私は野球詳しくないです)
そういうわけではないようです。

原田中将が中学時代に野球を始めた頃(日露戦争の頃?)、ようやく野手もグローブを持つように
なったらしいですが、それまでは何と、素手で!速球を受け止めていたとか。
捕手もまた、キャッチャーマスクとミットは持っていたものの、胸に当てるプロテクターは
なかったとのこと。

丸亀中学校の野球伝説には

「試合の時、長身、1メートル80センチの原田投手は、第1球にストレートの剛球を投げ、
捕手佐久間がその球を腹でウーンと受け止めた。それを見て敵は肝を縮め恐れをなした」

というのがあるとか。

実際捕手であった佐久間氏は
「なんぼ僕でも、あいつ(原田中将)の剛球を腹で受けたら一発で参ってしまう。
第1球をワンバウンドで投げるように打ち合わせをしていた。それでも敵の肝を奪うのには
十分効果があった」とも話していたらしい。

さらに、原田中将は、野球部だけではなく、剣道部にも入っており、野球部で捕手をするとき
剣道の防具の胴着を腹につけて、投手の速球を腹で受け止めていたという話もあるとか。

原田中将は、ラジオの野球放送で早慶戦を熱心に聞いていたとのことですが、
原田中将の息子さんたちには、少し不思議だったようです。
子供に厳しい人でよく、子供達は拳骨を食らってお母さん(原田中将の奥様)に泣きついて
いたようでしたから。
子供心に、「あのおっかないお父さんが、ラジオを熱心に、楽しそうに聞いてるなんて・・・」と
思われたのでしょう。
また、原田中将にとっては、仕事から解放された一時の楽しみだったのでしょう。

この逸話は、小津豊氏「父と野球」というエッセイ
『ずいひつ 遍路宿選集 第1集』(ずいひつ遍路宿の会 平成14年)所収より。
「小津豊」さんとは、どうやら、原田熊吉中将の三男らしい・・・。

なぜなら、田中日淳編『日本の戦争ーBC級戦犯60年目の遺書』の282頁に
原田中将の家族宛遺書が掲載されていますが、その中で、豊さんは三番目に
名前があります。

話を小津豊氏のエッセイに戻しまして

この「父と野球」の中には、「原田熊吉」と書かれたのは一箇所だけ。
あとは「陸軍の軍人だった父が」「父は太平洋戦争で亡くなった」とのみ記されているので
なかなか、原田熊吉陸軍中将のことだとわかるのは難しかったです。
おそらく「わかる人にはわかる」という思いで、「小津豊氏」は書かれたのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です