日本一の大杉「杉の大スギ」


明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします

なかなかブログ更新できないですが
書ける時は書こうと思います

さて、私は昨年のある日ですが
ついに行きたかったところの一つ
「杉の大杉」(高知県大豊町)に行ってきました。

なかなか高知県まで行くというのは、費用的にも日程的にも
難しいものがありますが
3万ほど(行き帰り新幹線と岡山泊ホテルの1泊2日)で
またも行ってきました。

まずは新幹線で岡山に行き、岡山⇄大杉は特急にての移動
(これが8,000円以上かかります。
それならば、東京⇄高知間のビジネスパックでもいいんじゃない?と
言われましたが、結局岡山に泊まることにしました。)
かなりタイトな旅でした

まだ香川県の旅についても中途半端なままなのに・・・。
こちらはまた後日にします。

JR大杉駅前に降り立ち、橋を渡ると大杉ハイヤーさんがありましたので
まずそこに向かいました。
運転手さんに、
「山下奉文旧邸跡」と「杉の大杉」を何とか一度に回りたいとお願いしたら
快く応じてくれました。
徒歩ではいけない距離ですから・・・。
なので、歩いたのは杉の大杉」からJR大杉駅(1キロ弱)までだけでした。
昔の人の健脚さに驚きました・・・。

山下奉文さんは、幼少期の一時期、現在の高知県大豊町で暮らしていました。
ちょうど、小学校の教師を辞めて医師になったお父さんが開業していたのが
このあたりだったのです。
今で言えば小学校低学年あたりの頃に生活していた場所でした。

もっとも、行くことを決めてからもう一度書籍を読み返すと、
山下奉文少年は、大杉のあたりで生活していたこともあるけれど、
そこから離れた、現在の土佐山田町あたりで生まれ育った時期の方が長かったということでした。
高知に泊まれたなら少しはゆっくり回れたのにと悔やまれます・・・。

タクシーを降りると、八坂神社があり、
その手前に料金所がありました。
この大杉を維持するのに使われるとのこと。

そして「杉の大杉」です

杉の大スギ

素戔嗚尊が植えたと伝えられるこの杉、樹齢3000年と言われる
この大杉。本当に大きかったです・・・。
写真に収まらないほどに
なんとどっしりしているのだろうと
この樹木が出す静けさが素晴らしかったです。

なんと大切にされてきたのだろうと思いました。

タクシーで時間稼ぎをしたので、約50分ほど時間ができました。
なので、樹木の近くにあるベンチでぼーっとしていたり
境内をぐるぐる廻ったりしていました。

そうしたら、小さなお社がありました。

「巨杉の社」と書いてありました。

巨杉の杜

下に碑文がありました。

「陸軍大将山下奉文はこの地大豊町川口出身 
号を巨杉という 
大東亜戦争の緒戦マレーシンガポールの攻略に 
神速なる戦果を挙げ世界の戦史を飾る 
のち満州より転じて比島作戦を継承するも時に利あらず 
詔勅に従い矛を収め部下全将兵の責任を受け 
米国軍法会議の決に服し莞爾として刑死せり 
惜しむべし将軍は皇国の無窮と弥栄を固く信じ 
至誠純忠悠久の大義に殉じ 
その霊魂はここ日本一の大杉に宿る
嗚呼 偉なるかな 萬人巨杉を仰ぐ」

やっとここまで来られた!と思っていたところ
料金所の女性の方が、私に話しかけてこられました。
彼女は、この巨杉の社を詣でる人には特別な資料を見せることもありますと
言われていました。
山下奉文大将関連の資料でした。
やはり、年に数名は、山下奉文大将を慕ってお詣りする方がいらして
その方々が資料を彼女に預けられていくのだそうです。
山下奉文大将関連資料が集まってくるのだそうです。
※私も後日、東京で集められる山下奉文大将関連資料を集めてお送りしました。
年に数名いるかどうかの方々が山下奉文大将を思い出してくれたらと思い・・・。

多くの人は、裏の美空ひばりさんの碑に行ってしまうのだそうですが。

大東亜戦争後、八坂神社の宮司さんは、

釣井正亀宮司

なんとか山下奉文大将を祀ろうと努力されてきたのですが、かなり苦労されたそうです。
戦争犯罪人を祀るとは!とか。
「巨杉神社」としたところ、宗教的な面でこれまたクレームもあり、
「巨杉の杜」としたそうです。
昭和61(1986)年当時は確かに「巨杉神社」だったのに。
(「巨杉会会報 別冊特輯 カンルーバン将官収容所に於ける
   将軍の横顔と句集」(1994年8月)所収の当時の新聞記事より)

昭和末期頃は、まだ山下奉文大将に仕えた部下たちも生きていたのですが
平成に入る頃には戦友会もなくなってしまい、荒廃してしまったところ
なんとか「巨杉の杜」という形で再興したものらしいです。

そんな話を伺っていると、もう15時近く。
電車に乗り遅れそうでした。
最後は小走りをして、なんとか乗りました。
もうクタクタでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です