【文春砲】“福島復興の顔”東電元副社長懺悔告白


久しぶりにブログ記事を書きます。
内容は「軍人の道は一本道」とはそぐわないかもしれません。

四月の初めのこと
いきなり衝撃的な動画が飛び込んできました。

さらにネット上の記事でも話題になりました。
被災者と男女の関係に 東電の元副社長が語る交際とその後のトラブル

東電副社長で初代福島復興本社代表でもあった石崎芳行氏が
男女関係をもっていた被災地運動家女性から5000万を要求され
東京電力(の福島担当特別顧問)を退任したというニュースです。

文春砲の当該記事によると・・・

「この半年間、悩み続けてきました。恐怖で眠れないこともありましたし、
どうしたら死ねるのかという考えも頭をよぎりました。
ただ文春から取材の連絡がきた時に決心しました。
もう洗いざらいお話しようと。
そのために昨日、会社に退職願を提出しました。
会社や家族、被災地の方々にご迷惑をかけてしまい。本当に申し訳ない気持ちで
一杯です。」という書き出しで

以下のことが書かれていました。

  • 東電元副社長(元復興本社代表・福島特別顧問)石崎芳行氏が、被災地の運動家女性と不適切な関係であることを認め、東電に退職願を自ら提出した。
  • 彼女とは互いに恋愛関係でもあった時期もあったが、石崎氏から距離を置くようになり、それで関係が悪化していった。
  • 彼女から「口止め料、精神的慰謝料5000万で手を打ちましょう」「未来永劫を考えたら安いお値段」「私の一言ですべてが公になります」などというメッセンジャー(Facebookのメッセージ機能)が来た。
  • 彼女は石崎芳行氏に「私に対する賠償を認めるよう東電に指示してほしい」と言ったこともある。
  • 石崎芳行氏がいかに東電副社長の権力をもってしても賠償ルールを変えるのは無理。
    →石崎氏が彼女主催の講演会に出席すること(事実制服姿で出席している)、
    →石崎氏から電力関連団体に働きかけて、彼女に講演してもらうようにした。
    →石崎芳行氏が「電気新聞」記者に対し、彼女を取材し、原稿料を規定いっぱいの100万ほど支払うよう依頼。
    →石崎氏は彼女が出版に携わった放射線に関する小冊子を購入するよう、福島の企業や電気事業連合会に協力をもちかけた。

  • 彼女は「東電の姿勢や石崎の被災地に関わる姿勢を世に問うて欲しい」と文春の取材で答えている。
  • 記事の出た四月初めには、Twitterでも、Youtubeでも
    「パヨク運動家にやられた東電副社長」「ハニトラにひっかかった」などという反応が多かったです。

    私も最初は、どちらかというと石崎氏と関係を持った女性の方が酷いと思っていたものでした。
    ゆすりではないか?と。
    5000万円を要求するとは、いくら何でも不倫清算にしても高すぎると、いろんな人と話したものです。

    私は、次第に石崎氏に「口止め料、精神的慰謝料5000万で手を打ちましょう」とメッセンジャーを送った彼女の意図とは何だろう。
    石崎芳行氏とその女性との関係は、男女関係のもつれだけでは終わらせられないと思うようになりました。
    なぜなら、石崎芳行氏は、彼女や彼女の周囲の人間関係を利用し、東電主導の福島復興活動のアピールをしていたから。

    本当は「男女関係のもつれ」で終わらせてはいけないのではないでしょうか。
    私は、石崎芳行氏に対するイメージは、
    「人当たりがいい人」
    「どんなところでも東電の制服を着て被災者の輪に加わる努力をするひと」と思っていました。

    軍人という方々が軍服を着ることは、軍組織に対して忠実であるということを意味していると、 洪 思翊(こうしよく)中将の大東亜戦争敗戦の時の言葉から学びました。

    大東亜戦争で敗戦側となった洪 思翊中将。
    朝鮮半島に日本の陸軍中将という立場を捨てて帰り、指揮官として活躍できるチャンスさえあった。
    それも捨てて戦争犯罪者として絞首刑を受けたのはなぜなのか。
    その答えが
    「自分はまだ制服を着ている。この制服を着ている限り、私はこの制服に忠実でありたい。従って、朝鮮半島に帰り独立運動に加担するなどということを考えない」
    と部下に話したという逸話を思い出しました。

    戦後の日本企業が、軍組織を模倣している部分も多々あると感じていた私は、
    ご自身も制服に「東京電力福島復興本社代表」の腕章をつけてJビレッジで生活され、
    東電が実施する復興推進活動に参加する社員に対しても、
    「必ず制服で行くように」命令していた石崎芳行氏に関する今回の記事は、
    「東電側が率先して男女関係のもつれで終わらせたい」ことだったのではないかと思えてなりませんでした。

    石崎芳行氏の福島に及ぼした影響がどのようなものか。功罪含めて、誰か明らかにしてほしいと思っていました。
    それは石崎芳行氏個人の問題ではなく、東京電力の問題でもあるはずです。
    石崎芳行さんは東電の制服着用にこだわり、社員にも制服着用で福島に来るように命令していたのだから。

    石崎芳行氏は、誠実な人柄を武器にして、被災地の復興活動を推進する立場でした。
    マスコミにもそのようにアピールしていました。
    例えば、この記事。

    「東電は許せない。しかし・・・」

    私はこれを読んだとき、ニコニコ動画の東電原子力定例会見での東電の情報隠しを見ているせいか
    非常に違和感を感じました。
    石崎氏は東電寄りの被災者を利用し、自身の東電広報の経験、東京電力福島復興本社代表という立場を利用し、東電に都合のよい報道を大きくさせて
    都合の悪い報道を流させないようにしているのではと思えてなりませんでした。

    最近、2013年ぐらいの東電原子力定例会見でも姿が見られた
    朝日新聞の青木美希氏がこの本を上梓されました。

    石崎芳行氏や東電が登場しない部分で、このような悲劇が起きていたのか。
    被災地における深刻な人間関係崩壊の悲劇。
    十分な賠償をされないために自殺をされた方々。
    本来は福島地元マスコミが、先頭立って東電を追求すべきであるのに、そのような記事がない。
    原子力定例会見でも福島地元マスコミたちはあまり質問をしないのが通常。

    今のところ、石崎芳行氏の件は「男女関係のもつれ」以上に発展していないのが残念なところです。

    私には力不足すぎるけれど、
    自分がインターネット上で見た情報をつなぎ合わせてブログ記事にすることで、
    石崎芳行氏の件について「男女関係もつれ」だけ風化させず、
    これまで加害企業として何をしてきたのかを明らかにするよい機会と捉えたいです。


    【文春砲】“福島復興の顔”東電元副社長懺悔告白” への2件のコメント

    1. 歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

      政治家は今も昔も同じですね。
      読み通すのは一頑張りが必要かも。

      • omachi さま
        コメントありがとうございます。
        私はその小説を知りません。奈良にも行きたいですが中々むずかしいです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です