「現代化学」8月号、届きました!


「現代化学」8月号。
予想以上に、Amazonなどでは入手が難しいらしいです。

増刷されているのか?
私が金曜日頃みたら、7月25日以降とか出ていたけど・・・。

それはやはり、#中川智正 効果でしょう。
化学専門の人たちだけではなく、私のような化学知識が全くと言ってない人間も
今回だけは買う、という人が多いのではないでしょうか。
しかしこの雑誌は、かつて #土谷正実 さんがサリンつくるヒントとなった雑誌でもあるぐらい
化学専門の方にとってはステータスのある雑誌なのかとも思います。

今回のエントリーでは、中川智正論文の内容ではなく、
この「現代化学」8月号の中で私なりに興味を持ったことを
書いてみたいと思います。

それは、「新刊書案内広告」です。

研究者としていきるとはどういうことか



書物の目次に目が行ってしまいました。

「新しいアイディアと情熱・執念・努力」
「プレゼンテーションは就職活動」
「命をすり減らす感染と事故」
「君は行くのか、そんなにまでして」

すごく現実的な書物だと思いました。
新しいアイディアと情熱・「執念」・努力という部分
この部分は、一時期のオウム真理教の薬物製造メンバー(中川智正・土谷正実・遠藤誠一)は
凄まじかったのだろうと思います。

『サリン事件: 科学者の目でテロの真相に迫る』 2014 



のAmazon書評の一つに面白いのがあったので掲載します。

「10年早く生まれていたら、オウムに入って死刑判決だったよ、よかったね」と友達に言われた方のものです。

中川智正・元死刑囚を評して「この人はつくづく科学バカなんだなあ」という部分。

オウム真理教幹部死刑執行報道をきっかけに、中川智正さんに接した人の中ではおそらく
中川智正氏の経歴(岡山大学附属中学校→岡山県立岡山朝日高等学校→京都府立医科大学卒)と、
裁判法廷でかつての教祖に迫ったところや、
自身の死刑執行の際に、
「被害者に心よりおわび」 中川元死刑囚、執行前に

「オウム真理教元幹部の中川智正元死刑囚(執行時55)が6日の執行直前、
「被害者の方々に心よりおわび申し上げます」と言い残したことが12日、分かった。
「自分のしたことの結果だと考えている」とも述べ、取り乱すことなく、執行を受け入れたという。
 中川元死刑囚が京都府立医科大在学中からの知人で、支援を続けた俳人、江里昭彦さん(67)が明らかにした。
遺族とともに8、9日の両日、元死刑囚の遺体と対面したという。
 執行のため広島拘置所の居室から出された中川元死刑囚は、
職員に腕を取られようとして
「体に触れなくてもよい。自分で歩いて行く」と断った。
控室に用意された菓子や果物には手を付けず、お茶を2杯飲んだ。
 外部に伝えたい言葉を問われ、
「支援者、弁護士に感謝しております」
「自分のことについては誰も恨まず、自分のしたことの結果だと考えている」
「被害者の方々に心よりおわび申し上げます」
「(刑事)施設の方にもお世話になりました」と語った。死亡確認時間は6日午前8時57分だった。

という記事をパッと読んだ人でオウム真理教事件をうっすら記憶しているぐらいの人ならば
こんな高学歴で立派な方がオウム真理教に入って洗脳された末、死刑執行されてしまうなんて
と思われると思います。(私もそういう気持ちになりました)

しかし、そんなきれいごとではないぞ!という警告を感じさせられました。

研究するってことは、自分の狂気、同僚の狂気との闘いもあり、
世俗的なプレゼン能力を持って就職活動をしなければならないし
そこまでして化学の道に入れるのか?君はという強烈なメッセージを感じました。

そのきっかけを作ってくれた、Amazonで「サリン事件」の書評を書かれた方にも
幸あれかしと祈ります。

続・狂気の科学

こちらの書物にも惹かれました。

Amazonではこちらになります。



続編なんですね・・・。
ということで、最初に出された「狂気の科学」



こういう書物の存在を発見し自分のものにできる理性を、自分ではぐくむことが
大切だと思いました。
「なぜ高学歴がオウム真理教に入信するのか」の一つの答えらしきもの?も
こういう書物に接することで理解できるきっかけになるのかとも
思いました。
多分、「カルト宗教に入らないように」と学校で教育するよりも、
学校は、こういう本にも接する機会を設ける方が、図書館に本を入れるだけなのだから
コスト的にも安いし、教師の負担も減ると思うのですが・・・。
こういう書物に接しさせて、自分で考えるよう突き放すということもまた、大切なんだなあと
思いました。

最後に、「現代化学」8月号に掲載された他の執筆者の方々はすごく
ラッキーだと思います。

売り込みしなくても、いつも読まれないようなタイプの読者に研究成果に興味をもってもらう
きっかけにもなるのだから。

こういう運も大切なんでしょうね。研究者として生きていくためには。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください