シスター渡辺和子さん帰天す

昨日、片柳神父様(イエズス会・マザーテレサの導きで司祭を目指されたという方)のFBのウォールで、なぜかシスター渡辺と片柳神父様のツーショット写真があったので、なぜなのだろうと思いながら、寝たのですが。
朝起きたら、
「渡辺和子さんが死去 岡山のノートルダム清心学園理事長」
という記事が出ていて
そういうことだったのか・・・、と思いました。

学校法人ノートルダム清心学園の理事長を長く務められた方です

シスター渡辺といえば、この書物で有名です。
「置かれた場所で咲きなさい」

私はそれ以前に、PHPからの文庫本時代からの読者でありました。

この本を始めに、何冊読んだかわかりません(しかし、身にはついてないかと思います・・・)
シスター渡辺のお父様が、渡邉錠太郎大将であることから手にしたのですが、
シスターのお言葉に勇気付けられたというのもあります。

よくシスター渡辺ご自身が、「なぜ修道女におなりになったのですか」と質問されると書かれていました。
以前は、お父様・渡邉錠太郎大将が目の前で青年将校に銃殺されたからということから
世を儚んでと思われていたこともあったらしいです。

カトリックのミサにごくたまに与るだけの求道者である私には
なんか違うなと思いました。
修道院って、世を儚んで入るような場所ではないらしい。

そう、平安貴族のある者が、かつて世をはかなんで出家したとかいう話がたくさんあるので
そのように捉えられるのも我が国ではごもっともではあるかもしれない。

いろいろ、シスター渡辺や、お父様渡邉錠太郎大将のことを知っていくにつれ、
シスター渡辺は、二・二六事件でお父様が殺されていなくとも
いずれは修道女という道を選ばれたのではないかなあと思っていました。

私は以前より渡邉錠太郎大将についてのこの記述が心に残っていました。
渡邉錠太郎大将と仲が良かった朝日新聞記者・高宮太平氏の渡邉錠太郎大将評です。

より。

高宮太平氏は、陸軍部内で二人の軍人を高く評価していました。
一人は、永田鉄山中将(軍務局長の時に中佐に惨殺された)、もう一人が渡邉錠太郎大将。
この二人が生きていれば無謀な戦争は避け得たのではないかということで。

高宮太平氏は、渡邉錠太郎大将を最初、学者肌でおとなしい人と見ていたらしい。
接触して話を聞くようにしていたが、渡邉大将は陸軍部内の人間関係には触れず、国際関係についての話が多かった。そして、航空関係については深い知識を持っていたとの印象だったらしい。
昭和10年ぐらい、陸軍部内外でいろいろな不穏な動きが起こっていた時も渡邉錠太郎大将は表面的にはおとなしく、しかし裏では陸軍士官学校の同期生である林銑十郎陸相の背後で
派閥争いを食い止めるべく奔走していたことを知ったのです。

そんな渡邉錠太郎大将を
「渡辺は内に火のごとき正義感を持ち、平素はそれを深く蔵してあらわさなかった。
けれども、一度決心すると何ものも恐れない。
それはみずから求むることのない者のみが持つ強さであった」

と評していました。
私はシスター渡辺の書物の端々に、このような強さが見られる記述に接して、
シスターはあの事件がなくとも修道院に入られていたのではないかと思っていました。

今年の四月に山陽新聞からこの本が出されました。
私は丸善で立ち読みをしただけですが・・・(すみません)
より、その思いを強くしました。

今は、シスター渡辺の永遠の安息をお祈り申し上げます。

約3万円で香川県を旅してきました。

久しぶりの更新です。

毎日が生活のための仕事に追われていると
なかなか旅行ができないものです。
さらに時間もお金もないし・・・。

でも急に思い立って、約3万円で香川県まで旅行に行きました。
♪((O(*・ω・*)O))♪ワクワク

高松港のモニュメント

旅費は、楽天トラベルを使って約3万円
(往復航空券と高松市内ホテル代金)
※現地での交通費は含まないです。

なぜ香川県に行きたかったのか?

善通寺と高松に行ってみたかったからです。
これまで私は、四国には行ったことがありませんでした。

善通寺は、陸軍関係の建築物がたくさんあるから。
高松市内は、うどん屋めぐりができるかなと・・・。

で、一泊二日でどれだけ回れたのか、ざっくりと説明したいと思います。

高松空港から高松市内に約1時間ほどで到着しました。
朝一番の羽田発に搭乗したので、高松市内に到着したのが午前10時頃でした。

そこからJR予讃線に乗り、約1時間ぐらい揺られて
善通寺で降りました。

まず向かった先は

「旧善通寺偕行社」です。

善通寺偕行社

以前は、郷土資料館だったようですが、
今はかふぇが併設された展示会場のようなものとなっていました。

私はまずここの受付の方に、とても親切にしていただきました。

多分、内部の細かいところを興味深く見学していたり、受付にある
「旧善通寺偕行社整備検討委員会」の資料などを見ていたからだと思います。

そして、「みちくさ遍路ー善通寺88箇所めぐり」という書物までいただきました。
よく読むと、駆け足旅ではとうていいけない、感じられないような魅力がたくさん
紹介されていました。
時間とお金にゆとりがあったらなあ・・・と思いました。

偕行社でしばらく時間を使ってしまったので、レンタサイクルを借りに行き、
(香川県の旅はレンタサイクルを使うと効率が良いようです)
それで香川県護国神社→善通寺→乃木資料館と回りました。

もう午後3時半ぐらいとなってしまいました。
高松方面の帰りの電車が気になるところです・・・(本数が少ない)。

丸亀にもどうしても行きたい!
そう思い、丸亀方面に速く移動するため特急運賃を奮発しました。
(各駅の旅を楽しもうとしても、時間との戦いのため、時にはそうした
出費も覚悟しないとならない。貧乏はつらい!)

丸亀についてからは、もうお城にはいけないので、写真を撮るだけにとどめ
なんとか丸亀発17時台の電車に乗りたいと思い、ここでもレンタサイクルを
借りました。

丸亀城

丸亀城

丸亀で行きたかった場所にもいけたし、かなり疲れたので、高松市に帰りました。

翌日は、もっぱら高松市内観光でした。
高松空港発最終便に間に合うように、市内を出るリミットは17時。
それまでどれだけ回れるかと思いながら。

屋島

屋島からの眺め

あとで知ったところでは廃墟と心霊スポットが多く残る場所でもあるけど
見晴らしは良かったです。
瀬戸内海を直で観られたのがよかったです。

カトリック桜町教会。

カトリック桜町教会

聖堂の建築に興味があったので以前から行きたかったところです。
キリシタン殉教がらみの話もあるようです。

栗林公園

栗林公園

そしてうどん屋さんめぐり。
私は元来、大食ではないけれど、小さいサイズのものを選ぶようにしていたので、
多分高松市内滞在中に5店ぐらいは回れました。
どこも美味しかったです。

これらを公共交通機関だけではとてもじゃないけど回れないので
日焼けをしながらレンタサイクルで回りました。

なんだかお腹いっぱいな、一泊二日の旅でした。

翌日は月曜日でしたが、しっかり有給をとって体を休めました。

軍人会館には地下浴場はあったのか?

九段会館には地下浴場があったのだろうか?
※九段会館とは、1957(昭和32)年以降の呼称であり、連合国に接収されるまでは
「軍人会館」でした。よってここでは「軍人会館」にします。

これは私自身がこの方に出会ってからずっと感じてきた疑問でありました。

ブルーノ・ビッテル神父

ブルーノ・ビッテル神父さま(Bruno Bitter 1898年~1989年)です。

※本来歴史的人物でもある方でもあるので、「神父」にしたいところでありますが、
実は私自身が、受洗こそしていないものの、時折カトリック教会のごミサに与ることが
ある、カトリック求道者でもあります。よって、カトリック教会では
司祭に対しては「〇〇神父さま」とお呼びするのが一般的で、それに慣れているため
「神父さま」と表記させていただきます。

ビッテル神父さまは、1932(昭和7)年に来日された方で、こちらに住まわれていました。
2009-09-04 17.54.21-1

上智大学内にある、「クルトゥルハイム」です。
この建築については以前のブログでも
少し触れています。
千代田区紀尾井町にあります。

ビッテル神父さまと軍人会館。
一見、何の関係があるのだろうと不思議に思いますが・・・。
何と、ビッテル神父さまは、軍人会館の風呂で我が国の憲兵将校と
「ハダカのつきあい」をされたという記述をみました。

それによると、1941(昭和16)年、戦争に突入するかしないかの頃
ビッテル神父さまは、イエズス会の渉外的仕事もされていました。

渉外的仕事とはいうけれど、かなり危険な仕事でもあったと思います。
当時入国拒否になった修道者も多かったし、
夙川教会の建設に携わったブスケ神父様は投獄され、昇天されるほどだったし、
自主的にかどうかはわからないけど、「空気をよんだ」キリスト教系学校は
校名変更をしていました。(例:「東洋英和女学院」→「東洋和」)
雙葉高等女学校などでも、外国人修道女に変わって、日本人の修道女が校長に
なるなど、「キリスト教」「カトリック」に対する嫌悪感が高かったことは
否めなかったのではと思います。

神父様の渉外的仕事の中には、日本国民にも恐れられていた「憲兵」との折衝も
ありました。

しかし、ビッテル神父さまは、何と憲兵将校と意気投合されたとのこと。

日本の、憲兵将校が、仮にカトリック信徒であったならば
日本語が通じなくてもストレスは少ないだろうと思います。
現実には、異国に布教にやってくる神父様は
相当なストレスを抱えていらっしゃるだろうと思います。
それでも、神父様になる方は、基本的に心身ともに健康でなければなれないはず。
異国で布教するにあたって、精神的な苦痛を喜びにかえるぐらいの意気込みがないと
つとまらないと思います。

ただ現実には、日本人、特に折衝相手で言葉の通じない憲兵などと話をしたり
修道兄弟がどこかで「殉教」されたというニュースを聞くとやりきれない思いをされるのは
当然あったと考えられ、東京を離れて箱根に行かれた方もいらしたとか。

ビッテル神父さまが、本川貞少尉(当時は東京憲兵隊本部外事課所属。最終階級は中尉)
と出会ったのは、山口で司祭が投獄された時に救助要請があったときでした。
ビッテル神父さまから、本川少尉に
「帝国ホテルでランチしませんか?」と誘ったとか。
特に、その時にはホンネ(司祭を救助すること)はいわずに・・・。

本川少尉は「ご招待には応じますが、そのかわり夕食はこちらで差し上げたいので
軍人会館へ来てくれますか」と条件付きで答えたとか。

なぜ、多くの司祭が投獄されたり疑いをかけられたりしているのに
ビッテル神父さまには何も起こらなかったのか?

ビッテル神父さまは、修道者になる前はドイツの陸軍中尉までいかれた
方だったのでした。

「日本の憲兵もまた、やはり一国の軍務に服す軍人である限り、
それなりに評価しなければならない」と思って接していたのが
神父に接する軍人たちに伝わったのでしょう。

また、神父さまは、冒険が大好きだったので、敵の本部である
軍人会館に行ってみるのも「面白そう」と思ったらしい。

かくしてビッテル神父様と、本川憲兵少尉が会見し、
投獄されている司祭は転任させるということで話をつけたあと、
何と、本川少尉から

「風呂に入りませんか」

と言われたとか。

このお風呂に関する記述は以下の通りです。

「軍人会館の地下にはかなり広い職員用の風呂場があった。
神父あは石がいっぱいあり、一種の岩風呂だったといっているが、
ごく普通の浴場だった。
本川は湯につかりながら、サケの飲み比べをしようといいだした。
神父は、日本酒はいけるほうで、それは望むところだった」

それで、飲み比べをして、勝ったのは何と、ビッテル神父さまでした。

この戦いはわが軍の勝ちですな

と本川憲兵少尉に言われたと。

ビッテル神父さまは、何と軍人なんだろうと思ったのと、
「九段会館の地下にお風呂場があるのか?」という疑問を持つきっかけとなりました。

果たして、本当に九段会館(元・軍人会館)にはビッテル神父様がいうように
お風呂場があったのでしょうか?

カタコンブ・ド・パリ

も一つ、「軍人の道は一本道」らしい
フランスネタを・・・。

私はパリ市内を観光した時、アンヴァリッドとともに
もう一つ、どうしても行ってみたい所がありました。

それが、カタコンブ・ド・パリ(Catacombes de Paris)です。

カタコンブ・ド・パリ

人骨の山

多分、日本的には「心霊スポット」に数えても良さそうな場所。

地下に入り、通路を歩くと、そこは・・・

人骨によるアート!?
もう怖いとかいう気持ちも失せるほどでした。
(こういう時に、一応は「キャー!!」と騒いではみせる私ですが)。
どうしてこんなに人骨が積み重なっているのだ?と疑問さえわいてくるほどでした。

私の認識では、京都の鳥辺野あたり?と思っていたけれど
それとは質が違うような気がします。
心霊さえもどっかに飛んでしまっている感じがしました。
乾いているのです。
いや~~よくこんなにしっかりした「カタチ」で積み重なっているだろうかと
ただ、ただ、驚くばかりでした。

フランスはカトリック国、火葬するよりも、地下に埋葬していた。
※フランスにも火葬場がある。ペール・ラシェーズ墓地内とか。
フランスに行く前にしっかり勉強しておけばよかった。ここは逃してしまった。
次に行けるのはいつのことやら・・・。

だから、その臭気についてはかなり問題とされていた(当然のことだと思う)。
食物を腐らせ、井戸水までひどく汚染するほどのものだったと。

そんなカタコンブには、約600万人ほどの人骨が埋葬されているのだとか。
その中には、どうやらフランス革命の時に処刑されたダントンやロベスピエールまでも
含まれているとのこと。

昨日はフランス革命記念日だったとのこと。
恒例の軍事パレードが行われたとのことで、勇ましい面が強調された報道の仕方だなあと思いました。

私には、フランス革命というものが、どうしても非人間的で、残酷この上ないものだと思えてならない
ので、違和感を持っております。
というのは、マリー・アントワネットが好きだったというのもあり、彼女の伝記に接していて
彼女がギロチンにかけられる直前の部分をよく読んでいました。
たしか、「私を死刑にするならしたらよい。いずれ死刑にしたものも、
私の道をたどるだろう。私は一足先に行くだけ」というような表現が
印象に残ったのです。

正確なものは、この本を読んでみてください。

特に下巻部分。

フランスでは、軍事パレードだけではなく、犯罪糾弾と革命非神話化のための大集会が催されてもいた
ということは、この記事に詳しいです。
この記事で引用されている澤田昭夫氏の著書によると、コンコルド広揚で二万五〇〇〇人を集めた荘厳ミサが
犯罪の罪滅ぼしのために献げられたという。
こうした側面は、あまり日本では報道されないのが残念。

私個人が、フランス革命関連で好きな動画を紹介します。
※消されてしまうかもしれませんが、ご容赦を・・・。

宝塚歌劇団宙組(2001年)の牢獄から断頭台場面。
粗末な身なりになっても、マリーアントワネット役の花總まりさんが
気品を保ち続けている姿なのがすごい。
断頭台シーンは秀逸です。

※追記
同じく宝塚歌劇団星組(2006年)版
こちらは全部あります。

個人的には、世間がもつ宝塚的な要素(最初の「ごらんなさい」の部分のような華やかな部分)と
シュテファン・ツヴァイクの書物の要素がうまく入っている作品と思っています。
中々宝塚歌劇団の作品を劇場まで行ってみられる機会には恵まれないので
貴重です。
マリーアントワネット役の白羽ゆりさんの演技が素晴らしいです。
さらに、ルイ16世と子どもたちとの静かな生活から、すべてを剥ぎ取られて
罪人として断頭台へ向かうシーンまでの部分にはまってしまいました。
ルイ16世役の英真なおきさんの、王の孤独な部分の演技も最高です。

あと、もう一つは、「カルメル修道女の対話」

これは、1794年7月に処刑された修道女たちの実話をもとに
オペラ化された作品です。

動画のシーンは革命によって、宗教を否定され、修道者への弾圧が強まり
ついに、修道院を追われた修道女たちが次々に断頭台に登って行くところです。
修道女たちが、「サルヴェ・レジナ」を歌いながら斃れていくところと、
最初は大きい声なのが、か細くなっていきます・・・。
ギロチンの落ちる音の表現がすごい!
オペラといったら、華やかなものというイメージがありましたが、
このオペラのラストを見たとき、常識を覆された思いがしました。

アンヴァリッド(国立廃兵院)

以前、行ったことがあります。

オテル・デ・ザンヴァリッド(仏: l’Hôtel des Invalides)
1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設としてつくった施設ということで
現在もパリ市内の観光地の一つです。

あまり時間のない中で本当に駆け足だったのですが・・・。

外観はこんな感じでした。

アンヴァリッド(外観)

聖堂は、一見の価値があると思っています!

アンヴァリッドの聖堂

私が何か書くよりも、写真をそのまま見ていただくほうが
いろんなことを自由に考えるネタになるのではと思います・・・。
興味深い場所です。
さらにここはとても静謐な場でもありました。

中庭ははこんな感じでした。

アンヴァリッド(中庭)

Webサイトも充実してますね(私は、フランス語読めませんが・・・)。

このアンヴァリッドの隣に、フランスの陸軍士官学校があります。

以前に、どうしてもフランスに行きたくて
なけなしのお金をはたいて行ってきたときのものです。
パリばかりに行っていたのではなかったので
実はパリ市内あまりゆっくり見学できなかったのが
悔やまれます。
宝くじに当たったりしてゆとりができたら、
ゆっくり行きたいと思っています。