さらば、九段会館

ついに九段会館の取り壊しが決まりました。

いつかこの日がくるのではないかとは思っていましたが・・・。

東京新聞より

>東日本大震災による天井崩落事故で多数の死傷者を出し、閉館した東京都千代田区の九段会館が取り壊されることになった。
一九三四年に軍人会館として建設され、三六年の二・二六事件では戒厳司令部が置かれた歴史を持つ会館だった。
老朽化もあって震災後の営業再開はできず、
「帝冠様式」と呼ばれる特徴ある建物が姿を消す。
取り壊し後は、民間資本による新たなビル建築が予定されている。 (新開浩)
 会館は鉄筋コンクリートづくり地上四階、地下一階。「帝冠様式」の外観は、洋館ながら日本の城のような屋根が特徴だった。戦後は一時、連合国軍総司令部(GHQ)に接収された。
土地と建物が国に返還された後、五三年から日本遺族会に無償で貸し出され、同会がホテルや事務所を運営してきた。

東日本大震災による事故で多数の犠牲者を出してしまい
そのまま営業再開もされないまま、ついに取り壊しになってしまうのは
予想できたこととはいえ、さびしいです。
震災当時、九段会館で天井が崩落し、多数の死傷者が出るほどだったということを
知った時、私も東京某所(別の区の築40年のビル)にいたこともあって
恐ろしい気持ちになったことを思い出します。
この天井事故にて亡くなられた方々の御冥福を今一度祈るとともに
昭和初期の建築がこれでまた、一つ姿を消すということで
これまで、私自身が写していた写真を出してみたいと思います。

まずは全体を

九段会館

上部には「ガンダムのような飾りが」
何の意味があるのでしょう?

九段会館の「ガンダム」

参考:お台場のガンダム
ガンダムお台場

最後に「おそらく山下奉文大将がフィリピンに赴任する前夜を過ごされた部屋」(外から)

山下奉文大将日本最後の日

この部屋については、震災よりずっと前に写真を撮りに行った時に
駐車場にいらした方に聞いてみました。
「山下将軍が日本最後の日を過ごした部屋ってあの辺りでしょうか?」と。

「よくわかりませんが、偉い方の宿泊された部屋はあの辺りだったとは思うんですがね」
と言われました。

この駐車場にいらした方、とても九段会館に詳しく
いろんなお話をしてくださったことを思い出します。
震災後にこの職場を離れていると思いますが
どこかで元気にしていてくださいと遠くより念じております。