【資料】山下奉文大将「最後の言葉」

山下大将の項目をwikipediaで見たところ、

その遺言の全文を見るのが中々難しいらしいです。

こちらには、『山下奉文の追憶:三十年祭に際して』(山下九三夫 1976.2)の所在がある奈良県立図書情報館などで見られると書かれていますが。
『山下奉文の追憶:三十年祭に際して』については、図書館系であれば、東京・九段下の昭和館内図書室でも見られます。

少し山下奉文に興味を持ちだしたひとが資料に当たろうとしても
中々難しいことは確かだと思います。

 そこで、今回は栗原賀久(よしひさ)著『運命の山下兵団』1974年版の最後部分に掲載されている、特別収録版を全文ご紹介したいと思います。
 栗原氏は、山下奉文大将が第14方面(フィリピン・ルソン島)軍司令官時代の中佐参謀。
 彼は陸大を出ていないので、参謀長武藤章中将から実地で参謀教育を受けながら、慣れない参謀業務をしたという方。
 そのことで、山下・武藤将軍を上官として生涯忘れたことはなかったのです。
 この栗原氏が、山下大将の嗣子(兄の4男。山下大将には子供がいなかった)九三夫氏の諒解を得て、再版にあたり掲載したものです。

 初版は、1950(昭和25)年。

★まだ日本が「独立」してない時の出版だった

「山下奉文大将の遺言」とは、山下大将が処刑される昭和21(1946)年2月23日午前3時直前に、
付き添いの教誨師森田正覚さんに対して語ったものです(森田教誨師はこれを口述筆記した)

なお、森田正覚教誨師の書物にも遺書が掲載されています。
用語が栗原氏のものと齟齬があります。
森田正覚氏の著書はこちらです。(1981年出版)

章姫個人の解釈や意見・感想は一切載せず、資料紹介したいです。

昭和20年11月ぐらい。
マニラ裁判中の写真
(私の知る限り最後の写真)

——————————————————————————–

 私の不注意と天性が暗愚であった為、全軍の指揮統率を誤り何物にも代え難い御子息或いは夢にも忘れ得ない御夫君を多数殺しました事は、
誠に申訳のない次第であります。
 激しい苦悩の為心身転倒せる私には衷心より御詫び申上げる言葉を見出し得ないのであります。
 かつて、皆さん方の最愛の将兵諸君の指揮官であった”山下奉文”は峻厳なる法の裁きを受けて死刑台上に上らんとしているものであります。
 アメリカ初代大統領ジョウジ・ワシントンの誕生祝賀記念日に独房を出て刑の執行を受けるということは、偶然の一致ではありますが
 誠に奇しき因縁と云わねばなりません。
 謝罪の言葉を知らない私は、今や私の死によって、私に背負わされた一切の罪を贖う時が参ったのであります。
 もとより私は単なる私一個の死によってすべての罪悪が清算されるであろうというような安易な気持ちを持っているものではありません。

 全人類の歴史の上に拭うべからざる数々の汚点を残した私は、
 私の生命が絶たれるという機械的な死によって
 相殺されるとは思わないのであります。
 絶えず死と直面していた私にとりましては、
 死ということは極めて造作のないことであります。

 私は大命によって降伏した時、
 日本武士道の精神によるなれば当然自刃すべきでありました。
 事実、私はキアンガンで、あるいはバギオで、かつてのシンガポールの敗将パーシバル将軍列席の下に降伏調印をした時に自刃しようと決意しました。

 然し其の度に私の利己主義を思いとどまらせましたのは、まだ終戦を知らないかつての部下たちでありました。
 
 私が死を否定することによって、桜町(キアンガン)を中心として玉砕を決意していた部下たちを、無益な死から解放し、祖国に帰すことができたのであります。
(私が何故自決をしなかったかということは、ついている森田教誨師に質問され詳しく説明いたしたところであります)
 
 私は武士が死すべきときに、死処を得ないで恥を忍んで生きなければならないことがどんなに苦しいものであるかということをしみじみと体験いたしました。

 此の事より推して、生きて日本を再建しなければならない皆様方が
 戦犯で処刑される者よりどれだけ苦しいかということが、私にはよく分かるのであります。
 もし私が戦犯でなかったなら、皆さんから、たとえいかなる辱めを受けましょうとも
 自然の死が訪れてまいりますまで、生きて贖罪する苦難の道を歩んだでありましょう。

 兵は国の大事にして死生の地、存亡の道なり、察せざるべからず、と孫子もいったように兵はまさしく凶器であり、大きな罪悪でありました。
 この戦争を防止するため、私はあらゆる努力を払いました。
 しかし、悲しいかな私の微力よくこれを阻止できなかったことは、まことに慙愧に堪えない次第であります。

 マレーの侵略、シンガポールの攻略、国民の地を沸かせただけに
 おそらく皆さんは、私を生粋の侵略主義者、軍国主義者の最たる者と目しておられるでしょうが、それは当然であります。
 
 私も一身を軍職に捧げた職業軍人であります。
 今さら何をかこれに加えましょうか。

 しかし、私も軍人であるとともに、一面日本国民としての意識もまた相当強く動いておりました。

 亡国と死者は永久に再生はないのであります。

 兵事はいにしえより、明君賢将の深く慎み、警むるところでありました。

 一部少数者がひとり事を断じて、国民大衆を多く殺傷し、残れる者を今日のごとく塗炭の苦しみに陥れたことは等しく軍部の専断であり、
 国民諸君の怨嗟ことごとく、我等に集中すると思うとき、私は正に、断腸の思いがするのであります。

 ポツダム宣言により、日本が賢明ならざる目論見によって日本帝国を滅亡に導いた軍閥指導者は一掃され、
 民意によって選ばれた指導者により、平和国家としての再建が急がれるでしょうが、前途いよいよ多事多難なることが想像されます。

 建設への道に安易なる道はありません。

 軍部よりの圧力によったものとは言え、あらゆる困苦と欠乏に堪えたあの戦争十ヵ年の体験は、必ずや諸君に何者かを与えるに違いないと思います。
 新日本建設には、私たちのような過去の遺物軍人、或いは阿諛追従せる無節操なる政治家、侵略戦争に合理的基礎を与えんとした御用学者などを
 断じて参加させてはなりません。

 恐らく、占領軍の政策をして何らかの方法がとられるのでありましょうが、
 まさに死につかんとする私は、日本の前途を思うのあまり、一言申し添えたいと思うのであります。
 
 踏まれても、叩かれても強い繁殖力をもった雑草は、春が来れば芽を吹きます。
 国ことごとく破れて山河のみとなった日本にも、旺盛なる発展の意志を持った日本の皆様は再び文化の香り高い日本を
 あの1863年の丁独戦争(注:ドイツ対デンマークの戦争)によって、豊穣なシュレスウィヒ、ホルスタイン両州を奪われたデンマークが、再び武を用うることを
 断念し、不毛の国土を世界に冠たる欧州随一の文化国家に作り上げたようにー
 建設されるであろうことを信じて疑いません。

 私ども亡国の徒は、衷心からの懺悔とともに異国の地下から、日本の復興を祈念いたします。

 新たに軍国主義者どもを追放し、自ら主体的立場に代わられた日本国民諸君、
 荒らされた戦禍の中から雄々しく立ち上がって頂き度い、
 それが又私の念願であります。私は朴訥なる軍人であります。

 今や死の関頭に立って万感交々至り謝罪と共に言語の形式を以て申し述べたいのでありますが、
 武将の常として従来多くを語らず寡言実行の習癖を加うるに言語又豊富でありませんので、之を表現することが出来ないことを残念に思います。

 私の刑の執行は、刻々に迫ってまいりました。
 もう、40分しかありません。
 この40分という時間が、
 私にとっていかに貴重なものであるか、
 死刑囚以外には恐らくこの気持ちの分かる人はないでしょう・・。
 私は森田教誨師と語ることによって、何時かは伝わるであろう時を思い、皆さんに伝えていただくことにいたします。

 聞いて頂き度い・・・・

 其の第一は、義務の履行ということであります。

 この言葉は古代から幾千の賢哲により言い古された言葉であります。そしてまた、此の事程ほど実践に困難を伴うことはないのであります。
 また、このことなくしては民主主義的共同社会は成り立たないのであります。
 他から制約され強制されるところのものでなく、自己立法的に内心より湧き出づるところのものでなくてはなりません。
 
 束縛の鉄鎖から急に解放されるであろう皆さんが、この徳目を行使される時に思いを致すとき、
 聊か危惧の念が起こって来るのであり、私は何回この言葉を部下将兵に語ったことでしょうか。

 峻厳(しゅんげん)なる上下服従の関係にあり、抵抗干犯を許されなかった軍隊に於てさえ、絶えずこのことを言わざるを得なかったほど、
 道義は著しく退廃していたのであります。
 甚だ遺憾な事ではありますが、今度の戦争におきましては私の麾下部隊将兵が悉く自己の果すべき義務を完全に遂行したとは云い難いのであります。
 他律的な義務に於てさえこの通りでありますから、一切の羈絆(きはん:人の行動を拘束し、妨げとなるもの)を脱した国民諸君のまさに為すべき自律的義務
 の遂行にあたっては、いささか難色があるのではないかと懸念されるのであります。

 旧軍人と同じ教育を受けた国民諸君の一部にあっては、突如開顕された大いなる自由に眩惑されたあまり、他人との連関ある人間としての義務の履行に怠惰で
 ありはしないかということを恐れるものであります。

 自由なる社会におきましては、自らの意志により社会人として、否、教養ある
 世界人としての高貴なる人間の義務を遂行する道徳的判断力を養成していただきたいのであります。

 此の倫理性の欠如ということが信を世界に失い、醜を万世に残すに至った戦犯容疑者を多数出だすに至った根本原因であると思うのであります。

 この人類共通の道徳的判断力を養成し、自己の責任において義務を履行するという国民になって頂き度いのであります。

 諸君は今彼の地に依存することなく自らの道を切り開いていかなければならない運命を背負わされているのであります。
 何人と雖も此の責任を回避し、自らひとり安易な方法を選ぶことは許されないのであります。ここに於てこそ世界永遠の平和が可能になるのであります。

 第二に、科学教育の振興に重点を置いて頂き度いのであります。

 現代に於ける日本科学の水準は、極く一部のものを除いては世界の水準から相去る事極めて遠いものがあるということは、
 何人も否定することの出来ない厳然たる事実であります。 
 一度海外に出た人なら、第一に気のつくことは、日本人全体の非科学的生活であります。
 
 合理性を持たない排他的な日本精神で真理を探究しようと企てることは宛も木によって魚を求めんとするが如きであります。
 
 我々は、資材と科学の欠陥を補うために汲々としたのであります。
 
 我々は、優秀なる米軍を喰いとめるために、百万金にてもあがない得ない国民の肉体を肉弾としてぶっつけることによって勝利を得ようとしたのであります。
 
 必殺肉弾攻撃体当たりなど、戦慄すべき凡ゆる方法が生れました。
 わずかに飛行機の機動性を得んがためには、防衛装置をほとんど無視して飛行士を生命の危険に曝さざるを得なかったほど、戦争に必要なものが欠けて
いたのであります。
 我々は、資材と科学の貧困を人間の肉体をもって補わんとする前古未曾有の
 過失を犯したのであります。この一事をもってしても、我々職業軍人はその罪、万死に値するものがあるのであります。

 今の心境と、降伏当時との心境には大いなる変化があるのでありますが、

 ニュービリビットの収容所に向う途中、米軍トラックの上で「ヤンク」の記者ロバート・マクミラン君が「日本敗戦の根本的理由は何か」と質問された時、
 重要かつ根本的な理由を述べんとするに先立って、今迄骨身にこたえた憤懣と熾烈な要求が終戦と共に他の要求に置き換えられ、
 漸く潜在意識の中に押込められていたものが突如意識の中に浮び上り、思わず知らず飛び出した言葉は
 「科学(サイエンス)」でありました。

 敗因はこれのみではありませんが重大原因の中の一つであったことは紛れもない事実であります。

 若し将来不吉なことではありますが戦争が起ったと仮定するならば、恐らく日本の取った愚かしい戦争手段等は痴人の夢の昔語りと化し、
 短時間内に戦争の終結を見る恐るべき科学兵器が使用されるであることが想像されるのであります。
 戦争の惨禍をしみじみと骨髄に徹して味うた全日本人は否全世界の人類は、この恐るべき戦争回避に心根を打込むに違いありません。
 又このことが人間に課せられた重大な義務であります。

 あの広島・長崎に投下された原子爆弾は恐怖にみちたものであり、
 それは長い人間虐殺の歴史に於て、かつて斯くも多数の人間が生命を大規模に、然も一瞬の中に奪われたことはなかったのであります。

 獄中にあって研究の余地はありませんでしたが、恐らくこの原子兵器を防禦し得る兵器はこの物質界に於て発見されないであろうと思うのであります。
 
 過去に於ては、如何なる攻撃手段に対しても、それに対する防禦は可能であると言われておりました。実際このことは未だに真実であります。
 過去の戦争を全く時代遅れの戦争に化し去った
 この恐るべき原子爆弾を落してやろうというような意志を起こさせないような国家を創造する以外には手はないのであります。

 敗戦の将の胸をぞくぞくと打つ悲しい思い出は、我に優れた科学的素養と科学兵器が十分にあったならば、
 たとえ破れたりとはいえ斯くも多くの将兵を殺さずに、平和への光り輝く祖国へ再建の礎石として送還することが出来たであろうという事であります。
 
 私がこの期に臨んで申上げる科学とは人類を破壊に導く為の科学ではなく、未利用資源の開発、
 或いは生活を豊富にすることが平和的な意味に於て人類をあらゆる不幸と困窮から解放する為の手段としての科学であります。
 
 第三に申し上げたい事は、殊に女子の教育であります。
 伝うる所によれば日本女性は従来の封建的桎梏(しっこく)から解放され、参政権の大いなる特典が与えられたそうでありますが、
 現代日本婦人は西欧諸国の婦人に比べると聊か遜色があるように思うのですが、これは私の長い間の交際見聞に基く経験的事実であります。
 
 日本婦人の自由は、自ら戦い取ったものでなく、占領軍の厚意ある贈与でしかないという所に危惧の念が生ずるのであります。
 贈与というものは往々にして送り主の意を尊重するの余り、直ちに実用化されないで鑑賞化されやすいのであります。
 
 従順と貞節、これは日本婦人の最高道徳であり、日本軍人のそれと何等変る所のものではありませんでした。
 
 この去勢された徳を具現して自己を主張しない人を貞女と呼び、忠勇な軍人と賛美してきました。
 そこには何等行動の自由或は、自律性を持ったものではありませんでした。
 皆さんは旧殻を速やかに脱し、より高い教養を身に付け、従来の婦徳の一部を内に含んで、
 然も自ら行動し得る新しい日本婦人となって頂き度いと思うのであります。 
 平和の原動力は婦人の心の中にあります。
 皆さん!皆さんが新に獲得されました自由を有効適切に発揮してください。
 自由は誰からも侵され奪われるものではありません。皆さんがそれを捨てようとするときにのみ消滅するのであります。
 
 皆さんは自由なる婦人として、世界の婦人と手を繋いで婦人独自の能力を発揮してください。
 もしそうでないならば与えられたすべての特権は無意味なものと化するに違いありません。
 
 最後にもう一つ婦人に申し上げ度い事は、皆さんは既に母であり、又母となるべき方々であります。
 母としての責任の中に、次代の人間教育という重大な本務の存ずることを切実に認識して頂き度いのであります。
 
 私は常に現代教育が学校から始まっていたという事実に対して大きな不満を覚えていたのであります。
 幼時に於ける教育の最も適当なる場所は家庭であり、最も適当なる教師は母であります。真の意味の教育は皆さんによって適当な素地が培われるのであります。
 若し皆さんがつまらない女であるとの誹りを望まれないならならば、皆さんの全精力を傾けて子女の教育に当って頂き度いのであります。
 然も私の言う教育は幼稚園或いは小学校入学時をもって始まるのではありません。可愛い赤ちゃんに新しい生命を与える哺乳開始の時を以て、
 始められなければならないのであります。
 愛児をしっかと抱きしめ乳房を哺ませた時、何物も味わうことができない感情は母親のみの味わいうる特権であります。
 愛児の生命の泉としてこの母親はすべての愛情を惜しみなく与えなければなりません。
 単なる乳房は他の女でも与えられようし又動物でも与えられようし代用品を以ってしても変えられます。
 併し母の愛に代わるものはないのであります。
 母は子供の生命を保持することだけを考えるだけでは十分ではないのであります。
 
 彼が大人となった時、自己の生命を保持しあらゆる感情に耐え忍び、平和を好み、
 協調を愛し人類に寄与する強い意志を持った人間に育成しなければならないのであります。
 皆さんが子供に乳房を哺ませた時の恍惚感を単なる動物的感情に止めることなく、
 更に智的な高貴な感情にまで高めなければなりません。母親の体内を駈け廻る愛情は乳房からこんこんと乳児の体内に移入されるでしょう。
 
 将来の教育の諸分化は、母親の中に未分化の状態として溶解存在しなければなりません。
 幼児に対する細心の注意は悉く教育の本源でなければなりません。巧まざる母の技巧は教育的技術にまで進展するでしょう。
 こんな言葉が適当か、どうか、専門家でない私には分りませんが、私はこれを『乳房教育』とでも云い度いのであります。
 どうかこの解りきった単純にして平凡な言葉を皆さんの心の中に止めてくださいますよう、これが皆さんの子供を奪った私の最後の言葉であります。

——————————————————————————–

山下奉文大将のクリスマス

久しぶりの更新になります。
本日はクリスマスイブですねえ。

それにふさわしい記事になるのかどうか・・・。

小林よしのり氏「米国の「戦争犯罪」を認めない安倍首相」

には、安倍首相はアメリカのファルージャで民間人虐殺を行っていた「戦争犯罪」を頑として認めない姿勢のご様子。それどころか米軍が行った日本への原爆投下や都市空襲ですら「戦争犯罪だった」と明言しないのだ!とあり

現日本の「宗主国」の戦争犯罪は認められないのだそうな。

敗戦国・日本において、昭和27年(1952)に日本語訳で刊行され、深刻な影響を及ぼした書物があります
『山下裁判」上・下(フランク・リール著 下島連訳)。

ポツダム宣言受諾後、戦争犯罪人として一番初めに起訴されたのが
当時、マニラで拘留されていた山下奉文大将でした。
書物の著者・フランク・リール氏は、ハーバード大学出身のアメリカ軍陸軍大尉でした。
なので山下大将と初対面時はまだ敵対心と疑いの心で接してしまったようですが、すぐ山下大将と打ち解けました。
山下大将の持つ人格がそうさせた部分もあると思いますが、それだけではなかったのです。

リール氏たちはこの軍事裁判の意義がそもそもおかしいと感じ始めていました。
山下大将がなぜ起訴されたのか?
それは、ルソン島(フィリピン)における部下の残虐行為の全てに、軍司令官として責任を負わねばならず、それを怠ったという理由でした。

となると、山下大将と戦火を交えた側のマッカーサー元帥の罪もあるのでは?
どんな軍隊にも悪人はいる。ルソン島にて戦う際、アメリカ軍には一切残虐行為はなかったと言えるのか?
歴史的な結果としては、マッカーサー元帥は、山下大将たちを裁き
山下大将は裁かれ、絞首台へと送られた・・・。

そのようなことが書かれている本で、昭和20年代の日本においては、深刻な影響を及ぼす書物だったとのことです。
今も読む価値があるはずですが、中々手に入らないし
そもそも、公立図書館でも読むことができない。
いつしか廃棄本とされてしまった。
もし読みたければ、東京の国立国会図書館にでも行かねばならない。

そこまでできる人といえば、ライターとかしかいないのではないでしょうか?
それで本の存在さえも忘れられてしまう
その結果が、小林よしのり氏の先のコラムとなるのではないでしょうか。

この書物の下巻表紙に恐ろしいことが書かれています。

ノーマン・トマス
今後、アメリカの将軍、大統領は絶対に降伏する気にならないにちがいない。
戦争というものは、山下裁判の前例に基づいて、読者は敗者を絞首刑に処する理由をいくらでも発見できる性質のものであるから。

軍事裁判中の山下大将と武藤中将の動画です。

武藤章中将のはこちらです(山下大将と間違えている人がいますが、これは間違い無く武藤章中将です)

この軍事裁判で絞首刑宣告を受けた山下大将は、12月8日以降参謀長であった武藤章さんたちと引き離され、一人で既決囚として隔離されていました。

フランク・リール氏たちは、山下裁判はアメリカの恥となると、今度はクリスマス返上で、アメリカ最高裁へと訴えるために準備に追われることとなりました。
もし山下大将が判決通り死刑になるなら、これはアメリカの恥となるので食い止めようと、アメリカ本国の最高裁判所を巻き込むこととしたのです。
それで12月23日午前、死刑囚としての生活を送っている山下大将に会いに行ったのです。その時の記述は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピラミッド型のテントを取り巻く有刺鉄線の柵の中に案内された。彼(山下大将)は出てきて私たちを迎えた。
すり切れた陸軍の作業衣を着ているだけで、幾分やせたように見えたが、山下は依然として司令官だった。
まるで昨日会ったばかりであるかのように、彼はからからと笑い、微笑し、冗談を言った。

しかし明らかに彼は私たちに会えて非常にうれしがっていたのだ。

私達は彼を訪問することができなかった理由と、なぜ今日許可を得ることができたかを説明した。
私達は過去16日間の出来事、処刑の様々な延期、1月7日に最高裁判所が審問を許すことに決定したことなどを詳細に物語った。

法廷の審問はマニラの裁判とは違うであろうということ、それは法律に関係することで、事実に関することでないであろうということ。
私達の勝利の見込みは少なく、たとえ勝ったとしても、私達が望みうる最良のものは新しい裁判であろうということ。
私達は他の出来事の話をした。
ー彼の判決を終身刑に減刑するか、もしくは彼に自決の機会を与えるようにと、
86000人の日本人によって署名された嘆願書が東京のマッカーサー元帥に提出されたという新聞の報道。山下は微笑した。
そしてその嘆願書を回した男の名前を知らないと言った

それから山下は真面目になった。
彼は私達がしていることに対して私達に感謝した。私達は彼のために多大の犠牲を払っており、そのことが彼を深く感動させると彼は言った。
私達は「はるばるアメリカへ」行くところだった。
私達はクリスマスを捨てた。
「私達は空中でクリスマスを祝うでしょう」私は空を指差して言った。

「あなたがたがアメリカの法廷で論ずる問題は、私の有罪無罪に関係がないことを私は知っています。
決定しなければならない重要な法律問題、司法的問題があり、
そのあるものは、世界平和のために決定されなければならないということを私は知っています。」

そして、彼はまた懐かしい笑顔を浮かべた。

「そのことは、私がその結果に個人的利害を持っているということを理解しないと言っているのではありません」

収容所長はセキ払いをした。それは別れるべき時だった。
私達はさよならを言った。
「次の裁判のためにマニラに帰ってきた時、またお目にかかりましょう」

「大将は非常に感動していました」
と浜本(日本人通訳で山下裁判時にリール氏と協力していた浜本正勝氏。
彼は山下大将が絞首刑判決後、武藤参謀長たちとともに有刺鉄線の外に抑留されていたので、ここでも通訳として登場)はいった。
「彼はほとんど泣かんばかりでした。彼はそれを見せません。しかし私は知っていますー私は知っていますー。」

私達が車に乗り込む時、私は振り返った、山下はまだテントの正面に立っていた。
彼の色あせた作業衣が熱帯のそよ風で揺れていた。
彼は手を挙げて振った。

山下奉文ー四国の庭で花の成長を見守った小さな少年。
難攻不落のシンガポールを征服したマレーの虎、色あせた青い作業衣を来て、テントの正面に立って待っていた老人。
私達は家路についていた。
そして、彼もそうだったと私は思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカの最高裁判所は、フランク・リール氏らの請願を受理したものの、結果として却下しました。理由は、事件は軍事裁判の対象であり、アメリカ最高裁の管轄外だとのことでした。
マーフィー判事・ラトレッジ判事のみ、山下裁判の不当性を認めたがそれは少数派に過ぎなかったのでした。

そして昭和21年(1946)年2月23日、山下奉文大将は絞首刑を執行されてしまいました。
なお、サダム・フセイン裁判時にも、マーフィー判事・ラトレッジ判事のことが新聞記事だか何かで触れられていたのを覚えています。

クリスマス・イブ的には、すでに死を待つ山下奉文大将が、リール大尉たちと別れる際に微笑みをたたえて
いつまでも、いつまでも手を振り続けられた姿が目に浮かんでしまいます・・・。

昭和20年8月15日前後の山下軍司令部

毎年、今の時期になると、テレビでは「終戦記念日」シリーズの番組が放映されているようです。
しかしながら、私はテレビは見ないので、もっぱらFacebookやTwitterなどで、大体どんな内容だったのかな?
とつかむだけでした。
もっとも、今年はそんなゆとりもなかったですが。
本当は「九段会館」ネタを書きたかったけれど、労働で疲労している中で、
頑張って、酷暑の中休日にまで東京に行って資料の確認するのも体力的に無理です。
よって、今回は8月15日前後の山下大将・武藤参謀長の行動について書いてみたいと思います。

EPSON MFP image

この写真は、バギオ(フィリピンの観光地であるけど、もう野戦生活に入ったころで
二人ともゴルフクラブを杖かわりにして持っているところから、戦況の厳しさが伝わってきます。
当初の司令部があったマニラ郊外の豪奢な司令部を率先して離れることで、
隷下部隊に、戦況の厳しさを示す意図もありました)での一コマでありますが、
二人とも、厳しい戦況の中でも穏やかな表情で、互いを信頼し合っている雰囲気が
伝わってきます。私個人は、このツーショットも好きな写真の一つであります。

参考文献は以下になります。

山下大将・武藤参謀長が、停戦を知ったのは、8月14日のことでした。
海軍側からの情報でした。当時の海軍は、陸軍とともに行動していました。

武藤参謀長たちは、ポツダム宣言なるものを受諾したことは承知したが、
ではそのポツダム宣言とは何か、ということはまったく理解していなかったとのことでした。
その数日前から、アメリカ軍の飛行機からは日本の降伏を知らせるビラが落ちてきたとのことでしたが、
武藤さん自身は、その情報を信じたくなかったとのこと。

武藤さんの理性では、一年前にサイパンが奪われたときに負けを確信していたが、
この8月15日フィリピンの山奥での感情では、
「敗戦を信じたくなかった
この日のフィリピン・プログ山の大和基地では、秋雨が降っていたと。
それを武藤さん自身は生涯忘れることがない、と書かれています。

EPSON MFP image

この地図を見ると、全ての方面より敵の米軍から包囲されていることが
よくわかります。
米軍は山が苦手だということを理解していた山下軍司令官は、とにかく高い山へと登って
何とか戦うことしかできなかった。
日本側も戦死よりはむしろ餓死者、戦病死者を多数だしながらも、
十分な医薬も食糧もなかったこと。
兵隊が死んでいるのを毎日目にするのはどんなにつらかったことだろうと
思いました。

停戦の情報をいち早く入手してきたのが、
『運命の山下兵団』を著した栗原賀久(よしひさ)中佐でした。
栗原参謀自身は、その情報を伝えたあとのことをこんなふうに書かれています。

「気持ちも身体も泥のように疲れて、そのままそこへへたばってしまいたい気持ちであった。
負けた。負けた・・・。たちまち血汐が沸き上がってくるのを感じた。
しかし、その後で何よりも一番本心らしいものは、
なんといってもほっとした気持であった。
恥ずかしいかもしれないが、実感であった」と

その気持ちのまま、まずは武藤参謀長に申告に行った。
武藤さん自身も実は気持ちの動揺が沸き上がってきながらも、
部下の参謀からみた限りでは、平然としていつもと同じだったとのこと。
幕僚たちに、自分の心中を見せまいと努力していたと思います。

武藤参謀長は、まず宇都宮直賢参謀副長(少将)らを呼び、
次のことをとりあえず決められました。

●全比島にある日本軍に、命令を徹底せしむること
●軍紀・風紀を厳粛にして、皇軍最後の面目を発揮
●患者・一般邦人をもれなく山岳地から救出する
●兵器・弾薬・機密文書の処置
●停戦期間中における食糧の処置

このあと、各参謀たちは自分たちの寝所に戻ったが、
武藤参謀長と山下大将は、深夜までいろいろ話し合ったとのこと。

こうなった上は、一人でも多く生還させることが、我々に課せられた
責務で最後のご奉公だということに一致したそうです。

そのあと、栗原参謀の手記には興味深いことが書かれています。

武藤参謀長が山下大将の小屋をでると、そこには山下大将の専属副官・樺沢大尉が歩哨をしていた。
その樺沢大尉にむかって

「おい、樺沢。今晩は気をつけてくれよ」
「はい、わかっています。」

「分かってる?何が分かっているんだ?」
「はい、これでしょう?」

樺沢副官は真剣な面持ちで、手で腹を切るしぐさをしてみせた。
すると、武藤参謀長は、はじめてにっこり笑い
「うん、そうだ。よろしく頼むぞ!」
そしてくるりと背を向けると、足の短い蟹股で自分の小屋に帰っていったと。

それから樺沢副官が山下大将の小屋に入って、黙って隅の腰掛に腰を下ろしました。
山下大将は、じろりと見ただけで、何も言わなかった
毛布をかぶりかけた大将が、副官を振り返り

「おい、もう帰って寝ていいよ」

といったが、樺沢副官は少しも離れようとはしなかった。

「閣下、今晩はここにおかしてください!」

「おい樺沢、心配するな。俺は決して自分一人で行きやせんから。
ルソンにいる兵隊を内地に返す大任が、まだ俺には残っているんだ
今更俺一人が死んだって、どうにもならんよ。
いいから、安心して、寝ろ寝ろ」

山下大将は、世間的には「マレーの虎」と渾名され
剛将と見られているけれど、
実は、感情的になる部分があることを、最も身近にいる
専属副官や、参謀長にはお見通しであったのではないでしょうか?

武藤参謀長は、長年の山下大将との付き合いで、
山下大将の責任感は強いけど、感情的に脆い部分を
しっかりとありのまま受け止めていたと思います。

山下さんは「俺が死ねばいいのだろう?」ぐらいのことを武藤さんに
話していたのかもしれません。
だから武藤さんは、万が一、山下司令官が一人で切腹されたらと心配して
念には念をいれて、山下大将の専属副官にもしっかり言い含めていたのではないか。

一方山下大将も、自分の弱さを見せられるのは武藤参謀長と信頼していたので、
樺沢副官が小屋に入って寝ずの番を決め込んだのも
武藤参謀長が言い含めたことも、自分の専属副官が自らの直感より
山下大将が自決しないように見張りにきたことを察知していたと
思います。
そこで、「ルソンにいる兵隊たちを内地に返す大任がある」と副官にいうことで
安心させたのではないでしょうか。

私は、ここで自決をしなかった山下大将は、すごい人だと思います。
こういうのって、敗軍の将の言動だったりするので、あまり顧みられることは
ないように思うのですが。

丸福金貨

たまに「山下財宝」とかいって話題になるのが
この金貨。

丸福金貨

この金貨などの埋蔵金は都市伝説の一つともなっているようですね。
フィリピンではいまだにこの埋蔵金をめぐってトラブルが頻発しているようです。

私ももしフィリピンにいって、山の中に入れるだけの「強さ」や「体力」があれば
やってみたかったものだ・・・(いや出来ないだろう)

この「丸福金貨」について、稲垣副官(武藤章中将専属副官)のこんなエピソードが
あります。

稲垣副官は、おそらく1945年9月2日の降伏調印時には、武藤参謀長とは離れ離れになっていたと
思います。最後の別れは、武藤章中将が山下大将に遅れて下山する9月1日(山下大将は足が弱いからという
理由で8月31日に下山。そこに海軍との調整など残務処理を終えて武藤参謀長一向が合流することとなっていた
らしい)だと思います。

その後、山下大将が戦犯容疑者となり、参謀長であった武藤さんはその山下さんに終始付き添い、自らも
いつ戦犯指名を受けるかわからないなかで過ごしていたようです。覚悟もあったようでした。

一方で副官の立場の稲垣さんは、一般俘虜者として収容所にいたものと思われます。

戦犯容疑者と一般俘虜者は、柵で隔てられ、行き来することもかないませんでした。

一般俘虜者として収容された者のなかには、将校だった者、そうでない者
皆一様に私物を没収されていたはずが、なぜか小さな「貴重品」を隠し持っていた者も
いました(こればかりは、どんなに厳密に荷物検査しても抜けはあるものです)。

特に将校の中には、「丸福金貨」を持っていて、それを米兵の所有するお菓子や煙草などの嗜好品に変える
者がいました。
元の部下を使ってやらせる者もいたぐらい、現実は悲しいかな、道義や権威、誇りなど失墜し、自らの欲望を
抑えることができないほどでした。

そんなある日、稲垣副官は、山下大将の最期をみとった教誨師・森田正覚師を訪ねます。

「先生、お願いがあるので聞いていただけないでしょうか。
というのは、他でもありませんが、あなたもお聞き及びのように、
現今しきりに元将校の闇取引が行われております。
私も苦々しいことだと思っております。

しかし、こんな状態も人間の精神が今のように正常でない場合は仕方がないことでしょう。

いったい、あの出所をご存じですか。
さよう、あの金貨は、山下軍司令部の軍資金でした。
司令部がバギオから脱出してキャンガンに向かう途中、
まさかの時の用意にと、閣下が幕僚や司令部内の将校に分け与えられた
時計や丸福金貨なのです。
それと若干のドル紙幣をお与えになりました。

いわば閣下の情のこもった涙金だったのです。
私もここへ来るまで肌身離さず7・8枚持っていましたが、
入所前に米軍当局に預けました。

私は入所するとき、まことに悪いことだとは思いましたが、
一個だけ、閣下の形見として持っていたいという欲求に駆られて
ずっと隠し持っているのです。
どんなことがあってもこれだけは離さないと決心していたのですが-

ご覧のとおり、私の部下や同僚が非常に嗜好品に困っています。
まるで乞食のように米人の吸い殻を奪い合って吸っています。
今の彼らには、まるで恥も外聞も忘れ果てたように思われるのです。
先生、あなたは米軍とも親しくしておられるようですが、
何とかひとつ、このただひとつの金貨を煙草と代えていただけないでしょうか。
閣下の愛しておられた部下たちに、せめて一本ずつでもやりたいのです。
たとえ禁を犯した行為であっても、私はそうせずにはおられないのです。
どうか内密でお願いできないでしょうか。」

この金貨は、煙草40箱に変わりました。

稲垣副官自身は煙草を吸わない人とのことですが・・・。

「賢者の贈り物」的な、切ないけれどよい話と思いましたし、
この話から、あの丸福金貨というのが、バギオの軍司令部が爆撃されて山岳生活に入る一番つらかったであろう
ときに形見分けにされたものであったことがわかりました。

話変わって、この話を書きながら、聞いていたのがこの音楽でした。

ミュージカル”Mozart! “より、”Gold von den Sternen”(星から降る金)という曲。
すごくメロディーがきれい。

日本語では、七瀬りりこさん(元宝塚歌劇団宙組娘役)のものがあります。

こうして日本語で聴くと、またドイツ語と違った良さがありますね(歌っている方が上手いのもある)。