『世紀の遺書』序文(田嶋隆純師による)

『世紀の遺書』の序文(田嶋隆純師)を以下掲載します。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

EPSON MFP image

それでは、横書きで読みやすいように
適宜、私の独断と偏見で改行を入れて、文章をそのまま入力します
ここでは巣鴨拘置所で、岡田資中将(元・東海軍管区司令官兼第13方面軍司令官)
をはじめとする方々の心のささえとなられたことで
しられる教誨師・田嶋隆純先生の文章に尽きる、と思うからです。

序 文

第二次大戦の終結の中にすでに次の大戦の兆が生れ、
正義と平和を実現しようとする国々の努力が、
却つて世界を自殺的な危機に駆り立てるとは
何と云う大きな矛盾でありましようか。

今日の日本の政治経済或は思想上の混乱も
謂わばこの世界的矛盾の一環に過ぎません。

第三次世界大戦が起れば幾千年の文化は破壊され
人類は滅亡に瀕すると云われていますが、
このような暴力の源は原子兵器でもなければ細菌戦でもなく、
実にかかる戦争を生むに至つた近代文化に内在するものであり、
更に遡れば現代人個々の心にひそんでいるものと云わねばなりません。

私たちはこの混沌の底に在つて、
理性と善意に絶望する前に今一度赤裸々な人間に立ち返り
一切を見直す必要に迫られております。
然るに茲に強制された逆境を契機として、
この様な深い内省をして来た一群の同胞があります。
それは所謂「戦犯」として斃れた人々であつて、その最後の声を
私たち同胞は心から耳を傾けるべきだと思います。

戦犯者に対する見方は種々ありましようが、
高所より見ればこれも世界を覆う矛盾の所産であつて、
千人もの人々が極刑の判決のもとに、
数ヶ月或は数年に亘つて死を直視し、
そして命を断たれていつたと云うことは
史上曾つてなかつたことであります。

おそらくこれ程現代の矛盾を痛感し、これと格闘した人々はありますまい。
一切から見離された孤独な人間として単身この矛盾に対し
刻々迫る死を解決しなければなりませんでした。
それは自身との対決であり、同時に真理を求める静かな闘いでもあつたのです。

戦争は直接の目的として相手の死を求め、手段として自身の死をも要求します。
このため日本人は「死」そのものを最高善の如くされ教え込まれてきました。
然るにこの人々は強制された死に直面して生きる喜びを知り、
最後の瞬間まで自身をより価値あらしめようと懸命に努力しております。
それは自己の尊厳と生命の貴さへの覚醒でありました。

「己の如く隣人を愛せよ」と云われますが、
自己を真に愛することを知らずして他を愛することは出来ず、
最高の徳とされる犠牲的精神も正しい意味の自愛の反転に他なりません。
「死に直面して一切が愛されてならない」と云う
或遺書の一節は端的にこれを物語つております。

この心は即ち肉親愛でもありまして、
すべての人が言葉をつくしてその父母妻子に切々たる情を伝え
身の潔白を叫ぶのも寧ろ遺族の将来の為に汚名を除かんとする努力なのであります。
更に愛は郷土へ祖国へと拡がり、遂には人類愛に迄高められております。
人道の敵と罵られ祖国からも見離された絶望の底に於て、
尚損われることのなかつた純粋なこの愛国心は改めて深く見直されるべきであり、
この基盤なくしては人類愛もまた成立し得ないものと思うのであります。

この書に収められた701篇の遺書遺稿は何れも
窮極に於て日本人は何を思い、何を希うかを
赤裸々に訴え、同時に人間の真の姿を如実に示しております。
固より思考力の差や死刑囚生活の長短によつて、
その到達している段階は種々でありますが、
そこには力強い一つの流れが明かに感じられます。
そうして純粋にして豊かな人間性の叫びは、私共の徹底的な反省を促し、
新たな思惟に貴重な示唆を与え、更に私たちを鼓舞してやまないのであります。

戦犯死刑囚の多くと接しその最期を見送つて来た私には、
この人々のために戦争裁判について訴えたいことが鬱積しておりますが、
この書の目的がこれらの人々の切々たる叫びを世に生かさんとする
未来への悲願であることを思い
寧ろ黙して故人と共に一切の批判をも将来に委ねたいと思うのであります。

この書を読んで私はその一篇々々に滂沱たる涙を禁じ得ませんでした。
それは悲痛の涙であると同時に
美しく逞しい日本人の心に浸つた感激の涙でありました。
かくも厖大な資料により人間窮極の叫びを集成したこの書は
世界に例のない貴重な文献として、国境を超え時代を超え、
不易の生命を以て絶えず世に叫びかけるものと信ずるものであります。

昭和28年8月15日

巣鴨教誨師
大正大学教授

田嶋隆純

以上が田嶋師の記された序文でした。
私自身はこの書物を神田神保町の古書店で見つけたとき
宝物を発見したように嬉しかったことを思い出します。
そして、この書物を当時のまま読みたいと思ったのでしたが
特に1984年復刻版では、空白ページがあったので、
「お話を聴いてみたい」と思ってページを開いても空白の方の思いを
知りたくても知ることができなかったです。

私が入手した『世紀の遺書』(1984年復刻版)の裏には
元の所有されていた方が貼られたのであろう
一枚の雑誌記事がありました。

「空白ページが語る遺族の痛み」

「この項は、今回の復刻に際し、遺族の希望により削除しました」
と。
1984年(昭和59)ということは戦後39年の間に
実は昭和受難者のご遺族がどれだけ同胞の心無い仕打ちに苦しんでいたかを
想像させられます。
本来であれば最も理解してほしかった同胞が理解してくれないことの苦しみが
どれほどだったのかと思いました。

すぐに理解してほしいとは言わないけれど
せめて私たちの傷口を抉るような仕打ちをこれ以上しないで!と
ご遺族の方々が叫んでいるような様子がうかがえました。
親戚からも「戦犯だから」と絶交されて故郷を追われて
職を転々とせざるを得なかったご遺族の方々が多かったということです。

私は空白ページをぜひ読んでみたくて
その後1953(昭和28)年初版本を探したのは
云うまでもないです。

『世紀の遺書』とはどのような書物か

この書物を一言で言い表すのは難しいです。

敢えていうならば・・・

「昭和受難者の方々が、孤独で理不尽で強制された死に直面したときに
何を思い、何を伝えようとしたのか?ということを読み手側が、頁を繰るごとに
深く考えさせられる書物。

約700篇ほどの遺書遺稿がひたすら活字として続いているのみだが
ここには、よけいな現代人の意図が入る余地もないほど整然としていて
読むたびに、人間について真摯に学ぶことができる書物」

原本はこんな感じでした。

世紀の遺書(原本)

粗末な紙きれに、辛うじて読み取れるような文字。
薄汚れたシャツに血でしたためられた文字
牢獄の中で誰かの好意で差し入れられた紙に、自分の処刑原因となった
事件の詳細をありったけの気力をふりしぼって書かれたもの。

どの遺書からも何か、文字の力、言葉の力がこれでもかというほど
つたわってきます。
この書物に出会うまでは、歴史の書物でこれほどまで
文字や言葉の力を感じたことはありませんでした。

それほど私にとっては衝撃的な出会いとなった書物なのです。

薄汚れたシャツや、判読できないような文字を解読していった方々、
それらの方々は、敢えて名前を出していないとのことです。

「数えきれないほどの人」が、無償で、時間をかけて
自分の思いで解読したくなる気持ちを抑えて、目に見えない「何か」に
向かって解読していったとのことです。
読み手には不思議と、解読者がどんな苦労をされたのか?というのは
上に掲げたシャツや古い紙などを見るまではあまりわからないように
なっています。

人間は、どうしても自分の思いをまずアピールしてしまう弱さがあります。
でもこの書物の解読者は、その困難と闘っていたはずが、その苦悩が
まったく見られない。
これだけでもすごいことだと思います。

次回エントリーは、巣鴨拘置所の教誨師を務められた
田嶋隆純師の「序文」をそのまま紹介したいと思います。

『世紀の遺書』との出会い

『世紀の遺書』とは、
昭和受難者の方々が残された遺書をそのまま編集し、掲載した書物です。

Amazonでも売られてますが、マーケットプレイスです。
高価な書物です。
古書店でもめったに見ることがないし、図書館にも所蔵されてない書物です。
たまに、倉庫の奥底にあったりするので、取り寄せてもらうのに時間がかかります。

昭和受難者とは、「戦争犯罪人」などと記されることもあります。
なので、この方々が何か犯罪を犯したのかと、
どうしても誰もがイメージしてしまうのではないでしょうか。

なので私自身は出来る限り、「昭和受難者」と記したいと思っています。
なぜなら、戦争裁判とは、戦勝国が敗戦国の軍人のある者を、事後法によって裁いた裁判であり、
戦勝国側の罪は問われることがなかったのですから。
おそらく停戦後、我が国において幸せにもご家族が無事復員され、
何とか生活基盤の立て直しにすぐ入れた人たちは、戦争裁判について知ることも少なかったのではないでしょうか。
東條大将たちの処刑報道については知っている程度で、まさか1,068名の方々が人間として最も苦しい立場に
置かれて苦しみ、最期は戦勝国側の手によって処刑されていたとまでは知るゆとりもなかったと思います。

GHQのプレス・コードの下で情報統制されていたのもあるでしょう。
いや、情報統制されていたとも気づかないまま、
生活再建に向かってまっしぐらだったのではないかなあと思います。
当事者ではなかったのですから。

私は、岩川隆さんのこの本の参考文献から辿り着きました。

何とか読みたいという思いから、神田神保町の古書店を回って
講談社から1984年に再刊されたものを発見し、3000円ぐらいで買いました。
さらに昭和28年の初版本は、後日、これまた神田は、文華堂書店(軍事系古書店)にて
6000円で買いました。
なので私は二冊もっていることになります。
もう15年ぐらいも前の事になりますが・・・。
私自身もこの本に出会ったことで、物の見方が変わりました。
私は歴史を学んできた者だけど、
印象にある歴史書は?と訊かれた時にどうしてもこの書物を挙げることが
できないことが多かったです。
私がヘタレなため、です。
こういう私ですから、この本を読んでいることをちらりと知人にもらしたところ
「やめなよーーー」と言われたり
「もっと明るくなるような本にしなよ」とか
「誤解されるよ」といわれて、
とりあえず、「空気を読んで」ました。

もちろん、この間、学校教育の場にも身を置いていた私ですが、
授業の中でも、この話を伝えたいという思いはありながら
あまり伝えることが出来なかったです。
本来、歴史を教えていた私だから、自分のことを話すときには欠かせないはずなのに
何だかそれを出せないようなものを感じていました。

その場を離れた今も、その気持ちは変わっていません。

むしろ今などは、わりと保守的な方々と交流をすることがありますが、
それでも簡単に受け流されるように正直感じていたのです。

「空気」の中では、左右どちらの考えであれ、
私のような者は自分の意見を言いにくいです。
「自分を抑えなさい」
そう、言われたこともあります。

人間の深い悲しみなど、重い話はタブーなのでしょうか。
何か「教訓」めいた物語にしないといけないのでしょうか。

風潮が15年前とは変わりつつある今も、私自身はこの『世紀の遺書』を
手放さず、いろんな人間の苦しみ、痛み、慟哭について学んで行きたいのです。
人間の根源、根本について自分なりに接するのに、この『世紀の遺書』は
いろんなことを、いろんなときに伝えてくれると信じてます。

前回のブログ記事で書いたチャンギー刑務所についても
この『世紀の遺書』を紐解いて、自分なりに学んでいっております。