♪マハリークマハーリタ♪

この謎めいた呪文から始まるオープニングテーマソングで有名な
昭和のアニメ「魔法使いサリー」です。

サリンは教団内では『魔法使い』『サリーちゃん』と呼ばれ、
中川智正さん自身が、教祖や信者の前でその歌を歌って見せたことがきっかけで
「サリーちゃん」「魔法」という隠語になったようです。
(麻原第180回公判、2001年1月11日)


このことが麻原裁判中に検察側証人として出廷した中川智正被告に再度問われたのが
麻原第162回公判(2000年6月23日)のことでした。
教団内で初めてサリンが製造されたのは、当時は1993年11月とされていましたが、
実際は、1993年8月のことでした。

出典:中川智正「当事者が初めて明かすサリン事件の一つの真相」(『現代化学』(548))2016年



この中川智正さんが2016年に書いたときは、すでに確定死刑囚となっていたからでしょう。
中川智正さんなりの当時の正確な認識を記しています。

1992年の末、教団はサリンの大量生産を企てました
この計画は、社会に対してはもちろん、教団内部に対しても極秘でした。
私(中川智正)は、当初この計画にかかわっていませんでしたが、
内容を知りうる立場でした。
責任者は、故・村井秀夫氏と上祐史浩氏で
二人の指示のもと実務を担ったのは、大学院で化学を専攻した土谷正実氏でした。
彼はまず実験室規模でのサリンの製造を試みました。
化学薬品の入手については、教団の生物兵器の開発をしていた遠藤誠一氏が
便宜を図りました」

と。

これは、私の見た限りでは、
裁判中だけではなく、
中川智正さんの『対話本』でも
アンソニー・トゥ『サリン事件』でも記されていません。




中川智正さんは教団内でサリンの大量製造については知る立場
(教祖側近となったのが1990年)
ではあったが、当初の計画にはかかわっていなかったということでした。
しかし、オウム事件裁判中においては
土谷正実さんがサリン製造に成功したのは、医師だった中川智正さんが協力者だった
と認識されていました。
中川智正さん自身も、「どうせ自分は死刑になるからなあなあでいい」という気持ちから
検事がそう書きたいならどうぞ、と書かせてしまったらしく、
中川智正さん自身が裁判で正確に話す気持ちになったときに
齟齬が出てきて混乱させてしまう結果ともなっています。
これはサリン事件に限ったことではなく、
中川智正さんが関わった事件ほとんどがそうでした。

さて、中川智正さんはサリンその存在をいつ知ったのか。
麻原公判第162回(2000年6月23日)
出典:「朝日新聞」2000年6月24日朝刊
毎日新聞社会部『名称変更で存続図るーオウム「教祖」全記録6

神経剤という言葉を、中川智正さん自身は小学校高学年には知っていました。
子供用の軍事関係の本で、7トンまけば山手線内が壊滅するという内容でした。
なお、ほぼ同じ内容を村井秀夫さんも知っていたとのことでした。

中川智正被告は、その一種であるサリンについての殺傷能力自体に疑問をもっていました。
「土谷(正実)くんは、作っている場所のすぐ横で寝起きをしていた
異状も出ていなかったからです。」と答えています。

1993年秋以降、サリン製造の現場でもかなりいい加減な管理をしたのに、体調不良を
起こす程度だったことや、池田大作・創価学会名誉会長を襲撃した時に
散布を担当した教団幹部が一時重症に陥ったのは
大量に巣一献でしまっただけでなく、予防薬の投与を間違った、その相乗効果と
わかったと強調し、
その後、滝本太郎弁護士サリン襲撃事件、松本サリン事件までに
教団のサリン製造量が増えたのも、その効果が弱かったからだとのことでした。
また、1994年1月のロシアツアーで、村井秀夫幹部がロシア科学アカデミーの幹部と接触し
化学式が同じでも毒性の強弱が数千倍異なる2種類のサリンがあることを聞いたとのことです。

この時の中川智正被告は、「殺意」以外のことについては
感情の起伏をみせずに、スラスラと語ったとのこと。
「殺意」を否認する話になると、中川智正被告は大きなため息をついたり
肩を上下させたりして、途端に落ち着かなくなるということでした。

この日の二日前に、中川智正被告自身の公判があったときに
裁判長から「端的に聞くが、作れと言われたのは人を殺すための毒ガスではなかったのか」
と突っ込まれて絶句してしまったとのことです。

当時の毎日新聞記者からはそのような様子を
「法廷では都合の悪い質問には『覚えていない』と答える一方、
医師の経験をもとに先生が生徒に教えるように化学知識を披露する
地下鉄サリンなど11事件に問われながら厳刑を覚悟しているようには見えなかった」
と書いています。

私も当時この様子を朝日新聞、毎日新聞で読んだならば
同じように感じました。

しかし、中川智正さんという人を調べていくと、
少し違うようにも思えてきました。
まず、化学知識が豊富で、それを披露するというところは、
(元)医師だからというのではない、ことです。
これは「対話本」の226頁

アンソニー・トゥ博士への最期の手紙の中に
「医学知識はともかく、私の化学知識は不足したので、ずい分勉強しました」


これはVX事件の論文についてのことですが、

中川智正さん自身は、「医師として化学知識を披露」と書かれるのは
正確ではないということをどこかで言いたかったのではないでしょうか。

確かに素人からすれば、医学部は理系学部の中でもっとも難関であり、
理系教科はすべて出来るぐらいにみているから、
中川智正さんの経歴から「医師だからこその化学知識」と思ってしまいます。
医学部に入るには化学を学ぶ必要はありますが、
化学だけをやるわけでないのが医学部だと思います。

中川智正さん自身は化学知識もあったと思いますが、
教団のワークでサリン製造にいきなり関わり
学んだことを懸命に(感情をいれないでいい部分なので)
淡々と、しかし丁寧に詳細に話しただけではないでしょうか。

さらに、
中川智正さん自身は「自分は逮捕された時点で、死刑以外にはあり得ない」と
何度も語っているのだけど、
それがまだ裁判中では伝わっていなかったようです。

最後に、この教団では出家が早かった人の方が発言権が高かったことを
考えると、中川智正さんや土谷正実さんたち製造組よりももっと責任がある人が
いるのではないかと思います。

その人たちについて、中川智正さんが「ジャムセッション」10号(2016年12月)
に書いた部分を引用します。

「率直に言えば、今後、教団が何を言い始めるのか、何をやるのか
分かったものではありません。とは言え、教団の人たちの大半は、
社会の中で宗教だけをやって生計を立てていきたいというのが本音です」
彼らが組織として大量殺人を起こす可能性は低いと思います。
(中略)
教団の漂流。これが私の心配する今の教団の危険性やあやうさです。

「現代化学」8月号、届きました!

「現代化学」8月号。
予想以上に、Amazonなどでは入手が難しいらしいです。

増刷されているのか?
私が金曜日頃みたら、7月25日以降とか出ていたけど・・・。

それはやはり、#中川智正 効果でしょう。
化学専門の人たちだけではなく、私のような化学知識が全くと言ってない人間も
今回だけは買う、という人が多いのではないでしょうか。
しかしこの雑誌は、かつて #土谷正実 さんがサリンつくるヒントとなった雑誌でもあるぐらい
化学専門の方にとってはステータスのある雑誌なのかとも思います。

今回のエントリーでは、中川智正論文の内容ではなく、
この「現代化学」8月号の中で私なりに興味を持ったことを
書いてみたいと思います。

それは、「新刊書案内広告」です。

研究者としていきるとはどういうことか



書物の目次に目が行ってしまいました。

「新しいアイディアと情熱・執念・努力」
「プレゼンテーションは就職活動」
「命をすり減らす感染と事故」
「君は行くのか、そんなにまでして」

すごく現実的な書物だと思いました。
新しいアイディアと情熱・「執念」・努力という部分
この部分は、一時期のオウム真理教の薬物製造メンバー(中川智正・土谷正実・遠藤誠一)は
凄まじかったのだろうと思います。

『サリン事件: 科学者の目でテロの真相に迫る』 2014 



のAmazon書評の一つに面白いのがあったので掲載します。

「10年早く生まれていたら、オウムに入って死刑判決だったよ、よかったね」と友達に言われた方のものです。

中川智正・元死刑囚を評して「この人はつくづく科学バカなんだなあ」という部分。

オウム真理教幹部死刑執行報道をきっかけに、中川智正さんに接した人の中ではおそらく
中川智正氏の経歴(岡山大学附属中学校→岡山県立岡山朝日高等学校→京都府立医科大学卒)と、
裁判法廷でかつての教祖に迫ったところや、
自身の死刑執行の際に、
「被害者に心よりおわび」 中川元死刑囚、執行前に

「オウム真理教元幹部の中川智正元死刑囚(執行時55)が6日の執行直前、
「被害者の方々に心よりおわび申し上げます」と言い残したことが12日、分かった。
「自分のしたことの結果だと考えている」とも述べ、取り乱すことなく、執行を受け入れたという。
 中川元死刑囚が京都府立医科大在学中からの知人で、支援を続けた俳人、江里昭彦さん(67)が明らかにした。
遺族とともに8、9日の両日、元死刑囚の遺体と対面したという。
 執行のため広島拘置所の居室から出された中川元死刑囚は、
職員に腕を取られようとして
「体に触れなくてもよい。自分で歩いて行く」と断った。
控室に用意された菓子や果物には手を付けず、お茶を2杯飲んだ。
 外部に伝えたい言葉を問われ、
「支援者、弁護士に感謝しております」
「自分のことについては誰も恨まず、自分のしたことの結果だと考えている」
「被害者の方々に心よりおわび申し上げます」
「(刑事)施設の方にもお世話になりました」と語った。死亡確認時間は6日午前8時57分だった。

という記事をパッと読んだ人でオウム真理教事件をうっすら記憶しているぐらいの人ならば
こんな高学歴で立派な方がオウム真理教に入って洗脳された末、死刑執行されてしまうなんて
と思われると思います。(私もそういう気持ちになりました)

しかし、そんなきれいごとではないぞ!という警告を感じさせられました。

研究するってことは、自分の狂気、同僚の狂気との闘いもあり、
世俗的なプレゼン能力を持って就職活動をしなければならないし
そこまでして化学の道に入れるのか?君はという強烈なメッセージを感じました。

そのきっかけを作ってくれた、Amazonで「サリン事件」の書評を書かれた方にも
幸あれかしと祈ります。

続・狂気の科学

こちらの書物にも惹かれました。

Amazonではこちらになります。



続編なんですね・・・。
ということで、最初に出された「狂気の科学」



こういう書物の存在を発見し自分のものにできる理性を、自分ではぐくむことが
大切だと思いました。
「なぜ高学歴がオウム真理教に入信するのか」の一つの答えらしきもの?も
こういう書物に接することで理解できるきっかけになるのかとも
思いました。
多分、「カルト宗教に入らないように」と学校で教育するよりも、
学校は、こういう本にも接する機会を設ける方が、図書館に本を入れるだけなのだから
コスト的にも安いし、教師の負担も減ると思うのですが・・・。
こういう書物に接しさせて、自分で考えるよう突き放すということもまた、大切なんだなあと
思いました。

最後に、「現代化学」8月号に掲載された他の執筆者の方々はすごく
ラッキーだと思います。

売り込みしなくても、いつも読まれないようなタイプの読者に研究成果に興味をもってもらう
きっかけにもなるのだから。

こういう運も大切なんでしょうね。研究者として生きていくためには。