軍人会館には地下浴場が存在していた!

さて、昨日のエントリーの問いの結果です。

ありました!

九段会館(軍人会館)には

かつて、地下に大浴場が

あったのです!!!

出典は『軍人会館競技設計図集』(洪洋社編集部 1931(昭和6年))です。

これによると、この設計コンペで一等になったのが
小野武雄氏の作品でした。

小野武雄氏の設計を基本として、建設に入ったということです。

その設計図がこの書物にありました。

これです。

EPSON MFP image

確かに「大浴室」とあります(あまり大きいとは考えられませんが)。

もう一度、図面をみてみましょう!

軍人会館の地下浴場

この小野武雄氏の「軍人会館透視図」はこんな感じです。

軍人会館透視図

東から(内堀通り側)

EPSON MFP image

ほぼ、現在の外観と同じですね。

「ガンダム」なところは、おそらく伊東忠太先生の好み?が反映されているのか
この小野氏のデザイン通りではないですが。

伊東忠太という建築家は、築地本願寺のような
独特な世界観を表現した建築を残しています。

この人は、建物の中に何かの精神性を表現しようとしていたのではと
建築好きだけど、かなりど素人な私から見ても感じられます。

築地本願寺を見ると・・・。

tukiji_honganji

日本にいながら、インドに行ったかのような気分になれると
感じました。
特に本堂屋根の蓮の花!
私はこの蓮の花を見て、蓮の美しさを再確認しました!

さらにこの方は妖怪などにも造詣があり、言葉にもかなりこだわりがあったようです。

伊東忠太さんは、軍人会館とは目と鼻の先にある
靖国神社の遊就館も設計されています。

2009-06-09 17.11.34

よって、建設にあたっては、靖国神社と一体となるような後世に残る建築をと
いうことで特に力をいれたものと思います。

おっと、話がそれました。

軍人会館のお風呂は思ったより、小さいように思いました。

二人か三人ぐらい入ればいっぱいではないかなあという感じがしました。

それでもビッテル神父さまは大きな風呂と思われたらしいけど
それは、神父様自身が、このお風呂を大きいと思われるほど
当時からユニットバスのような小さな、ただ汗を流す程度の風呂しか
接してなかったためではないかと思います。
特に修道院だと、大浴場というのはないはず。
他人にハダカを見せるということが、修道者はないらしいと聞いたことがあるからです。

以前に、私自身が某修道院に「黙想」と称して泊まりにいったことがありますが、
ユニットバスのような風呂でした。一人ずつしか入れないようになっていて
出るときにはそれぞれきれいにして出るようになっていました。
ちなみに、黙想という名目で修道院にとまりに行くと、部屋は個室が与えられますが、
風呂は共用でした。しかし一人ずつ入り、出るときにはきれいにするのが
マナーなので、次に誰が入ってもよいようにしていました。

そんな修道院での生活を送っていた神父さまからすれば
軍人会館の地下浴場は、さぞのびのびできたのだろうと思います。

ちなみにこの地下浴場は、1983(昭和58)年の改修まで存在していたことが、
中野裕之氏「昭和初期の建築を保存した 九段会館改修工事」(『建築技術』1989.8)にありました。

それによると、宿泊客と、会議とか、講演会などの宿泊しない客がバッティングしてしまうことが
問題となったらしいです。
それは当然だと思います。

会議のために九段会館を使いに来た人が、普通に浴衣姿でお風呂に入りに行く宿泊客の姿を
見ることになるのだから。
これでは、会議で来たひと、浴衣姿でくつろぐ予定で来た人ともに
違和感を持つだろうと思います。

それで、宿泊室にユニットバスを設置し、地下の浴場を廃止することに
したのでした。

・・・ビッテル神父さまの聞き取り本が書かれた当時
普通に、九段会館(軍人会館)の風呂のことが取り上げられていたのは
昭和48年当時の九段会館には、地下に風呂があることが「当たり前」だったからだと
思います。