整形外科での処置

今回の骨折で、整形外科で受けた処置について記したいと思います。
整形外科には、週3回通っていました。(うち二日は平日だったので、処置終わり次第
仕事に行きました)

私の通っている整形外科では、週に1度レントゲンを撮ってもらっていました。
レントゲンのない日は、添え木の固定を正しい場所に直し、薬を塗り、包帯を巻くというものです。
素人な私からするとシンプルだなと思います・・・。

同じ踵骨骨折の方のブログを見ると

ギブスをはめて1ヶ月ぐらいに外したとかいうのがあります。

私の場合は、まず「ギブスにするか、添え木の固定にするか」を選ばされました。
ギブスの場合は、通院回数が減るが、外した後筋肉が痩せてしまう。
通院が少ない分、小さい変化に医師が気付いてあげられない。

添え木だと、頻繁に(少なくても週に3回、できれば毎日)通院してもらう必要がある。
頻繁に通院するので、医師が小さい変化に気付いてアドバイスできる。

これはどうしようか悩みました。

最初は仕事も続けているので、ギブスにしようかと思いましたが

「あなたの場合は、本来入院安静生活を送る人も珍しくないんです。重症なんですよ!」と
言われていました。
さらに、現在の仕事内容は、事務系でも割と動かないといけないことが多いので
その仕事によって、骨のつきだとかに悪影響を及ぼしはしないだろうかと思ったので
頻繁に診ていただく「添え木」を選びました。

さらに、添え木を添えて包帯を巻くとき、かなりしっかり巻いてくれるのが
ありがたかったです。
お医者さんを選ぶポイントとして、その病院の医師が、包帯をしっかり巻くということに
こだわりを持っているかどうかはあげていいと思いました。
以前の左足首剥離骨折の時の接骨院では、包帯が取れてしまったということがあり
自分で巻き直しましたから。
結果、この剥離骨折の時よりも重症であるはずの今回の骨折の方が
経過は順調?なのかもしれません。
前回の剥離骨折の時は、松葉杖あり(3ヶ月)、途中転院(接骨院→整形外科)で
長くかかってしまったから。

とにかく、今お世話になっている病院は、患者の質問(些細なことですが)にしっかり答えてくれます。

さらに、仕事との両立の上では、自宅近くの整形外科に通うよりも、移動時間を短縮できる。
職場からは、電車とバスで移動しますが、それでもその職場からは一番近い、というのも
大きいです。
その分、心身ともに、ものすごく疲れます。
なんども仕事やめて療養生活すればよかったと思いました。
休みの日など、ほとんど寝たきりに近いほど疲れ果てていました。

最後に感謝したいのは、通勤途中の怪我ということで
労災の恩恵に与れたことです。
本当に感謝、です。

medical_houtai

整形外科と接骨院の違い

なんだか急に思い立って、備忘録としての骨折生活を記そうとして第二弾です。

私は今回の骨折の時、

まず、整形外科を探そうとしました。

それは、「レントゲンを撮ってもらえるから」です。

以前左足を剥離骨折した際、何も考えず接骨院に駆け込んだところ
表面だけ見て、「捻挫」と診断し、その治療をしたからです。
確かに「捻挫」もありましたが・・・。
翌日になっても痛みがひかない・・・。
そこで、整形外科に行きました。

整形外科と接骨院の違いは、このサイトによると

整形外科・・・医師(整形外科医)が骨・関節・筋腱(運動器)・手足の神経(末梢神経)・脊椎脊髄の治療を行います。
       診察による理学所見とX線(レントゲン)やMRI等の検査をもとに診断し、
       症状や病態にあわせて投薬、注射、手術、リハビリテーション等で治療

接骨院・・・柔道整復師が捻挫や打撲に冷罨法、温罨法、マッサージや物理療法等の施術を行います。
      柔道整復師は医師ではなく、あん摩・マッサージ、はり・灸師と同じ医業類似行為の資格です。
      外傷による捻挫や打撲に対する施術と骨折・脱臼の応急処置が業務範囲

とあるように、整形外科ではレントゲン撮影してもらえること。接骨院では「見た目診断勝負」というところなので
骨折なのか、ただの捻挫なのかを知るためには、レントゲン撮影が必要だからです。
私も、以前の骨折時、最初に整形外科を選ばなかったことで、痛い期間が続きました。
なので、のちに鍼灸院や接骨院(こちらの方が、仕事している人にとって開業時間が長い)に移ろうとも
とりあえずレントゲンだけは取ったほうがいいです。

それで整形外科に駆け込み、重症な骨折と診断されたのでした。