興亜観音

以前のブログでも、興亜観音については
たくさんの力を頂いてきました」という記事で書いております。

前回の記事では、久保山斎場関連のことを書いたので、
荼毘に付されたご遺骨・遺灰が各地を転々としながら
一時的に保管された場所・興亜観音について書いてみたいと思います。

興亜観音

この観音様は、伊豆山の山の中。
熱海駅から本数の少ないバスに15分ほど揺られ、
そのあと険しい坂を登らないと拝むことができません。

でもここはとても見晴らしがよいところです。

遺骨になられた受難者の方々も、やっと一息つけたのでは?と
思わせられる景観でした。

2012-01-19 19.29.51

なぜここに観音様がいらっしゃるのでしょうか。

松井石根陸軍大将が、退役後熱海伊豆山に暮らしていらしたからです。
松井大将は、陸軍大学校卒業後、支那在勤が多かった方です。
ちなみに、あとで詳しく触れたい方の一人
原田熊吉中将は、松井大将を先輩として尊敬していたといいます。

武藤章中将の手記『比島から巣鴨へ』の中には、かつての上官でもあった
松井石根大将に触れている箇所があります。

「もともと松井大将は青年将校時代から支那関係の仕事をして来た人で、真に支那人の知友であつた。
支那人側から見たる松井大将がどんなであるか知らぬが、我々参謀
(注:武藤章さんは南京事件中は大佐で中支那方面軍参謀副長)
として同大将の言動を見聞していると
心底からの日支親善論者であつた。

作戦中も随分無理と思われる位支那人の立場を尊重された。
この松井大将の態度は、某軍司令官や某師団長の如き作戦本位に考える人々から
抗議され、南京の宿舎で大議論をされる声を隣室から聞いたこともあつた。
松井大将が南京において支那人に対する暴行を命じたとか、あるいはこれを許容したとかいう告発は
全然誣告といわざるを得ない。」

武藤章さんも実は南京事件には当事者として関わっていました。
中支那方面軍参謀副長(大佐)として。
しかし不思議なことに、東京裁判では参謀副長だったので「責任はない」とされましたが、
なぜか近衛師団長(在スマトラ)時代と山下大将の参謀長という立場で有罪とされました。
(比島では8年前の南京事件と同じことを今度は参謀長として実施したゆえに有罪とか)

話を戻しまして
この興亜観音は、昭和15年(1940年)2月、支那事変における日中双方の犠牲者を「怨親平等」として
弔うために松井大将の発願で建立された観音様でした。
松井大将は当時からあまり健康ではなかったため、奥様におぶってもらって
この観音様を詣でて祈りを捧げていたとのことです。

今もこの興亜観音に行くと、一人の尼さんが温かく迎えてくださいます。
この興亜観音を守るというのは、大変だと思います。
いろんな考えの方がいるから。
爆破されそうになったこととかもあったらしいですが、
尼さんはそんなことを一切お話にならず、微笑みを湛えています。

そして興亜観音のお堂には
松井大将の遺品の数々が今もあります。

興亜観音

松井大将の書

2012-01-06 14.49.17

松井大将の外套

2012-01-06 14.49.35