「どうしてもっと早く捕まえてくれなかったんでしょうか」

『朝日新聞』1996年5月21日夕刊より。

この日は、中川智正被告の第5回公判の日。
東京都庁小包爆弾と新宿駅青酸ガスの二事件が審理されました。

東京都庁小包爆弾事件とは

1995年5月16日午後7時頃都庁の知事秘書室で、当時44歳の東京都職員の男性が青島幸男知事宛の小包の梱包を開封し、
中に入っていた単行本を開いたところ、突然本が爆発してしまい、
都職員の男性が左手の指全てと、右手の親指が吹き飛ぶ重傷を負った事件のことです。

オウム真理教側の犯罪関与者は、井上嘉浩、中川智正、 富永昌宏、豊田亨、高橋克也などでした。
オウム真理教における一連事件の最後となるものでした。

なぜなら、教祖が逮捕されてしまい、
さらに中川智正も翌日23時ぐらいに杉並区の路上をふらついているところに
逮捕されてしまったから。

※井上嘉浩、豊田亨は5月15日に秋川市(現あきる野市)にて同時逮捕されている。



この事件においての被告側意見陳述において
中川智正被告は殺意を否認したあと、
公安警察は、八王子アジトで潜伏中の私たちの行動を監視していた。
逮捕後の調べで知った捜査報告書にあった人の出入りや服装チェックも正確だった」と指摘し
「それなら、私が都庁の職員の指を飛ばす前に逮捕してほしかった。
悪いのは私だし
すべての責任は私たちにある。
声高々に『宗教弾圧』というつもりもない。
どうしてもっと早く捕まえてくれなかったのでしょうか
」と
泣きながら意見を述べたとのことです。

この記述は朝日新聞が一番詳しかったです。
中川智正被告が、法廷で泣きながら
どうしてもっと早く捕まえてくれなかったんでしょうか!」という部分まで詳細に書いてくれています。

この事件の少し前
オウム真理教関係者の逮捕が相次ぎ、「悪業を積みたくない」と泣き出した中川智正が
一瞬にして教祖が乗り移ったかのように変化するのはこの事件のときです。
その様子については、こちらのエントリーにあります。
「なんていうのか、中川にはなんかあるな~」

この事件に、豊田亨さんが関わっていたのも、意外でした。

この豊田亨さんが1996年12月3日の中川公判に検察側証人として出廷した記事があります。
(「朝日新聞」1996年12月4日朝刊)

この公判において、豊田亨さんは弁護人から
「中川くんに言っておきたいことはないか」と促され、
次のように答えています。

頑張ってください。
こういう場で申上げるのは妥当ではないかもしれないが、
頑張ってください、といいたいです。
言葉の意味は中川さんだけに考えていただければいい。
自分と中川さんでは考えに違う点があるかもしれないが、
それをどうこういうつもりはない。
中川さんのことは素晴らしい先輩だと思っていたし
それは今でも変わらない

と断言されました。

それを被告席で聞いていた中川智正さんはどうしていたのでしょう。
豊田亨さんの証言の途中で眼鏡を外し、目を真っ赤にして聞いていた、そうです。

当時の中川智正さんはまだ、「尊師」と仰いでいる時期で
豊田さんは、決別していたという点で違いがあるのですが、
それをも超えて中川智正さんに対し
端的な言葉で励まされた豊田亨さんの姿が
なんだか新鮮に見えました。
豊田亨さんは、決して緘黙でもない。
いうべきときに、適切な言葉を端的に使って断言する方です。

中川智正さんは裁判中でも号泣したり、突っ伏したり、拒絶したりと
記事を読んでいるだけでハラハラさせられます。
この「都庁小包爆弾事件」については
泣きながら警察を説教するという新しい姿を見ることが出来ました。

中川智正さんは95年になっても、警察としてはノーマークでした。
この人の名前が朝日新聞に登場するのが1995年5月12日でした。

実は、中川智正さんと井上嘉浩さんについては
あの滝本太郎弁護士が、


の86頁にて
(麻原第153回公判 2000年4月3日)

仮谷清志さん拉致事件が起きた後、神奈川県警察に掛け合って
2人(中川・井上)がオウム真理教でのシークレットワークに入っているので尾行してくれ、と頼んだけど
頼んだ相手が悪かった。
尾行体制もとらず
地下鉄にサリンがまかれてしまった。
警視庁公安部に頼んでいたらよかったのかもしれない
と非難しています。

このように、実は日本の警察は、微罪には厳しいが、
宗教がらみや面倒くさい事件には実はノータッチになりがちなのが
わかりました。

中川智正被告は、そんな警察を泣いて非難していたのですねー。

故・中川智正氏、被告時代の苦悩(その2)

中川智正さん自身が被告時代、どのように裁判を受けていたのだろう・・・。

とりあえずは手に入りそうな本を探したところ、Amazon でこの本を見つけました。

オウム裁判傍笑記 青沼陽一郎

私が見た21の死刑判決 (文春新書) 青沼陽一郎



上の本では中川智正裁判関連よりも、元教祖の裁判中の態度について
当時新聞では知りえなかった内容が書かれています。
もしかしたら、オウム裁判傍笑記の書籍よりも、ほぼ同内容のYoutubeがあるので
そちらを見る方がお金がかからないでしょう。
3本目の動画には、早川喜代秀さんが教祖の命令により女装して普通列車で熊本から仙台まで
逃亡した話があります。不謹慎ながら電車の中でこの箇所を読み、涙を流して笑ってしまいました。
面白い話をありがとうございます。
女装組には、村井秀夫もいたことになります。









ただし動画中には、中川智正、土谷正実はあまり出てきていません。

そこで、下の「私が見た21の死刑判決 (文春新書) 青沼陽一郎」

それによると、中川智正は、裁判に臨んで、事件の事実関係について証言することをずっと拒んでいたと。
教祖はもとより、誰の公判に呼び出されても、一切を黙秘して語ろうとはしなかったらしいです。
しかし、いっしょにサリン生成中に事故で死にかけた土谷正実とは仲がよかったらしく
互いの法廷に証人として呼び出されていくと
満面の笑みで無言のうちに再会を喜んでいた
でもふたりは事件について一切を語らなかったと。

そんなある日中川の法廷に一人の弁護士が証人として出廷しました。
その弁護士は、滝本太郎さんでした。
これで有名かと思います。



空中浮揚をされた方です。

淡々とした裁判が終わろうとしたところ
滝本太郎弁護士は
「あ、あの!被害感情は聞かないんですか」
一瞬にして、傍聴席からドッと笑いが起きました。
滝本太郎弁護士もまたサリンの被害を受けているということを法廷中の誰もが
忘れていました。
「裁判所にも聞いてほしいことがあるのですが」
それを見て、証言を引き取ったのは、中川の弁護人だった。
中川の背後から立ち上がって、「それじゃあ、どうぞ」と反対尋問の延長として促しました。
滝本太郎弁護士は、それからおもむろにズボンのポケットからメモを取り出し、それを証言台の前に開いておいて
静かに語り始めました。

それ以下のことは、こちらのサイトに詳しいです。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/siryou1.html#資料1
滝本太郎弁護士関連資料サイトらしいですが
このサイト内のエピソードで、中川智正さんが逮捕2日前ぐらいに
杉並・永福町のアジトにて林泰男さん(この人も確定死刑囚)の前で
耐えられない。これ以上悪業を積みたくない」と泣いていたというのは初めて知りました。
中川智正が逮捕されたのは杉並の路上ということだから、泣き続け、放心状態になって
路上をふらついていたところだったのかとも思いました。
ここからは章姫の想像ですが、中川智正さんは逮捕されて、「ほっと」したのではないかとも
思いますが、その後の法廷で4年沈黙を続けられたのは、私には理解できない部分です。
—————————————————————–

「結論から言うと、中川智正被告について、厳正な処罰を望みます。
しかし、死刑にはしないよう、強く望みます。

 理由は少し長くなります。
 私は、元々死刑廃止論者ではありません。
むしろ何人かを残虐に殺したとき、原則として死刑にすべきものと思っています。
中川被告は極悪非道の行為をした。
浜口さん殺人事件、假谷さん事件、多くの殺人未遂事件、松本サリン、地下鉄サリン
そして八九年の坂本一家殺人事件。あなたは多くの人を殺した。多くの人を苦しませた。
松本サリンで殺された七人、地下鉄サリンで殺された一二人、一人ひとりの人生があった。
あなたはその命を奪い、多くの人を苦しめてきた、今も二人の人が重態のままです。
しかも、私の事件での一件記録からも明らかなとおり、あなたはいわば遊び半分で事件を起こしたこともあります。

 あなたの手をみせて下さい。あなたはその手で多くの犯罪を犯した。
あなたは、一九八九年十一月四日未明、その手で坂本龍彦ちゃんの鼻をふさいで殺した。 
龍ぼう おばあちゃんがお歌をうたってあげるね 
トンボのメガネは水色メガネ 
青い空をみてたから 
みてたから 
もう一つね 
メェーメェー 
森の仔山羊 森の仔山羊 
仔山羊走れば小石にあたる 
あたりゃあんよがあーいたい 
そこで仔山羊はメェーと鳴く 
龍ぼう 元気で早く帰っておいで 
おばあちゃんがだっこして 
又、何回でも何回でも 君の大好きなこの歌 うたってあげるから

 あなたはなぜ坂本堤を殺したんですか。なぜああも簡単に殺したんですか。
坂本は、池で溺れているあなたたちを助けたいと活動していたのです。
なぜ都子さんを殺したんですか。なぜその手で龍彦ちゃんを殺したんですか。
なぜサリンまで作ったのですか。
 私はあなたをほんの少しも許しません。
現世だけではなく、もし来世というものがあるなら、あなたの来世でも、そのまた来世でも許さない。
オウムでいうならば、何カルパでも、何万カルパでもあなたを許しません。

 でもそれでも、私はあなたを死刑にしたいとは思わない。
オウム真理教を知れば知るほど、そのマインド・コントロールと洗脳の実態を知れば知るほど、あなたを死刑にしたくはない。
 オウム真理教は強烈な破壊的カルトでした。
破壊的カルトとは
「教祖または特定の主義主張に絶対的に服従させるべく、
メンバーの思考能力を停止ないし著しく減退させ、
目的のためには違法行為も繰り返してする集団」を言うと思います。
 思考力を停止させるために使われたのは、マインド・コントロールと洗脳です。
マインド・コントロールとは
「対象者の思考能力を減退させるべく集積されシステム化された意識・思想・感情の操作手法の総体のうち洗脳を除いたもの」
を言うと思います。
 松本智津夫は、[豊かな社会」で生き甲斐と現実感を失った若者を引き付ける方法を知っていました。
 第1には、自分が絶対者だと称することです。
それも現世においてだけ絶対者であるというのではなく、
来世そのまた来世でも、それ以外のアストラル世界とかコーザル世界と言われる世界をも乗り越えた絶対者であり、
そんな「真理」を知る最終解脱者と称します。
通例の神という概念よりも、より高度な存在だと主張します。
この主張は、極めて魅力的なものです。
人は、支配されたい欲望、時にマゾヒスティックにまで絶対的に服従してしまいたいという欲望を特つものです。
この欲望を刺激されたとき、松本智津夫は強烈に魅力的な存在になります。
 第2には、様々なマインド・コントロールの手法を駆使します。
松本智津夫は極めて巧妙に、さまざまな手法を集積しシステム化してきました。
自己を権威化する手法、ダライラマや阿呆な知識人など外的な権威を利用し、賞賛手法、
赤ずきんテクニック、催眠・暗示テクニック、フットインザドアテクニック、ローボールテクニック、
人・物・時間の限定テクニック、
一本釣りテクニックを使い、報恩性の原理、同調性の原理を利用し、
ハルマゲドンや無間地獄などの強烈な恐怖説得、更に集団催眠の手法、秘密の共有という優越感の利用法、
そしてルビコンの川手法など使いました。
説明すれぱきりがありませんが、ここまでの手法が使われたとき、
どんな人が松本智津夫にはまってしまってもなんら不思議はありません。
 第3には、神秘体験という魅力あるフックがありました。
以前は、空気を大量に吸うことによるつまり、過換気症候群や、呼吸を止めることによる低酸素性脳症を狙って神秘体験をさせました。
勿論、監禁部屋に長くいれておいて変性した意識状態にさせ、神秘体験もさせました。
後にLSDや覚醒剤まで使用しました。
神秘な体験は脳生理学的には説明がつきますが、
体験をした本人にとっては、まさに「現実」であり、薬物と分かっている者であっても現世の方が「幻」になってしまいます。
その体験をさせてくれるのが、松本智津夫であり、彼が造ったシステムなのです。
 破壊的カルトにおいては、組織は教祖のおもいのままになります。
松本智津夫は、決して精神病者でも宗教家でもありません。
彼は、権力欲と社会への恨みと、強烈な破壊願望という煩悩に支配された人でした。
勿論誰でも、私も煩悩に悩まされる存在です。
私も、松本とともに輪廻の大海に浮沈する生き物です。
しかし、松本ほどに強烈な煩悩にさいなまれている人間はまずいませんでした。
ですから、彼がこの煩悩を実現するためにオウム真理教を作ったとき、行き着くところは見えていました。
タントラ・ヴァジラヤーナの思想は、松本の思想が凝縮されたものであり、信徒は彼の手足だったのです。
 そして中川被告のように幹部ともなれば、松本の破壊願望が伝染しているものであり、
二人組精神病の二人目と類似した状態になっていたと思います。
幹部は、いわば松本智津夫の手によって新しい人格をつけられ、
歪んだ自己実現をはかったということになると思います。
その結果、松本は、オウム真理教のメンバーの能力に応じて物理的に可能なことは、すべてできたのです。
言い替えれば、松本の代わりはいないが、中川被告の代わりは、いくらでもいたのです
 そんなあなたを、死刑にしたいとは思いません。たとえ本人が死刑を望んでも止めたいと思います。

 あなたとしては、今できることが2つあります。
1つはあなたの知る限りすべての真相を明らかにすることです。たとえ元の法友に迷惑をかけようと話す義務があります。
2つは、松本智津夫と自分自身について思索し尽くし、すべてを話すことです。
迷う時は迷うなりに、心の動きを正直にすべてメッセージにして下さい。
 その2つによって、今も残る「尊師には深い考えがある」と誤解している現役信徒の、
たとえ一人でも松本智津夫の桎梏から解き放つことができます。
殺された人、苦しんでいる被害者が、少しですけれど癒されます。
そしてこんな悲劇を二度と起こさない力になります。
あなたも一つの命を与えられた者として、その義務があります。
 それをしたときにのみ、あなたは、懺悔し、謝罪する資格があります。
つらいからといって話すことをやめてしまうとき、
あなたはざんげする資格も謝罪する資格もありません。
あなたは松本智津夫ではありません。あなたは、必ずや話してくれると思っています。
 以上の理由から、中川智正被告について、厳正な処罰を望みます。
しかし、死刑にはしないよう、たとえ本人が望んでも死刑にはしないよう強く望みます。』  

「手を出しなさい」と言われたときの中川智正は、自分の手を目で確認してから、少しおどけたように体の前に構えてみせたと。 
ぐっと顎を引いたまま、真っ赤な顔になっており、身の置きどころを失ってしまったらしいです。

これだけいわれても、この頃はまだ、話そうとはしなかったのでした。
この滝本太郎弁護士の語りは1997年頃。
さらに二年たっても相変わらず中川智正は、事件について語ることが
なかったのでした。
このころには、地下鉄サリン事件や坂本堤弁護士一家殺人事件の実行犯に、相次いで死刑求刑がでるように
なったこともあり、なぜか弁護側の立証に入ったときに
口を割らなかった中川智正が語り始めました。

「どうせ死刑だとあって、なげやりになっていたはずのあなたが、どうして
今ここで事実関係を話そうというつもりになったのですか」

「とりとめもない話です」と前置きしてから
「ひとつには今でも死刑になると思っているし、それは変わりありません。
そういう意味の責任から逃れる気もありません。
ー責任という言葉を使ってしまいましたが、それで責任がとれるとも思っていません。
私が死刑になった、だからといって何が変わるかといったら
なにも変わらない。
ご遺族、被害者、何も変わらない。
関係のないところで私が死んでいくだけのことです。
プラスになることでもなければ、私が死んでも、償いになることではないことが
少しずつ分かってきた。・・・」
そこへ、家族や友人から、きちんと話した方がいいというアドバイス、
あるいは法廷で証言する最後の機会がこの時であるという進言を弁護人から受けたことがあった、
と言ったそうです。
「それと・・・私事ではあるんですが、実は最近、親戚が増えたんです」
「・・・私は子供をつくれないけど、身内に子供を生んだものがいるんです。
その子は私が何をしたかを知らない。
おそらく一生会うことはないでしょう。
むしろ会わないほうがいい・・・。
だけど何十年か経って、身内の私のことを考えて
『この人はいったい何を考えてこんなことをしたのかな?』と理解されないのでは
残念な気がしたんです。
言っていること、わかってもらえます?
自分が死刑なるとわかってて、
人間の世界が終われば、別の世界に転生すればいいと思ってた。
でも私が居るいないに関係なく、
この世界は増えて、続いていくんだな。
きちんとしないといけないな、そう思ったんです。
あと、麻原氏の念というか、想念を感じることが一時あったが、
それがなくなった」

この頃に出版された書物がこちらですが
現在私が借りられる図書館では見つかりませんでした。
国立国会図書館しかない・・・。
文庫本なのに。
Amazonで見たら、7000円!
高い!
おそらく7月26日発売の「中川智正との対話」にあたり比べ読みで
目をつけている人が沢山いるという事かと思いました。


多分、中川智正さんだけは死刑ではなく無期懲役にしてほしいという人が多いのも
その後、彼が多く語るようになったからだと思います。
滝本太郎弁護士の言葉がどれほど響いたのかはわかりませんが

確定死刑囚になる前に、アンソニー・トゥ名誉教授と会いたいと申し出たのも
語るチャンスを失いたくないという強烈な思いに突き動かされたのか、とも
思いました。
この人からもっと多くの言葉が聞きたかったのに、死刑執行は残念でなりません。