「子どもを何とかしろ」という声が聞こえた(坂本弁護士一家殺害事件)

中川智正被告が一番語るのが辛かった事件が、坂本弁護士一家殺害事件と思います。
中川智正さんにとっては、
オウム真理教に出家して2か月後に加担した殺人事件だったのだから。
坂本弁護士一家殺害事件について法廷で証言をし始めたのが、
2000年7月の自身の公判でした。
(「朝日新聞」2000年7月28日朝刊)

坂本弁護士一家殺害の謀議の場で、教祖の指示は何という言葉だったのでしょう。
例えば、岡﨑一明さんは「ポア」という言葉を教祖が使ったといい、
それに対して、教祖は「ポアなんて言ってません!」と言い返していました。
※この件に関する動画は、青沼陽一郎氏作成の動画が詳しいです。



中川智正被告の証言によると
殺害を意味する宗教用語の「ポア」ではなく
「やる」などという直接的な言葉で指示した
ということでした。
これは他の被告とは異なることでした。

さらに、坂本弁護士の息子さんだけではなく、妻の都子(さとこ)さんを殺害したことも
認めました。

事件については、
「二日前に実行犯らが松本被告の部屋に集められ、
教団を批判する記事を掲載していた週刊誌『サンデー毎日』の当時の編集長を
教祖と村井秀夫幹部が話し合った結果殺害する計画になった」

しかし、編集長が家に帰らないという話が出た時に
教祖が突然「坂本弁護士はどうだ」と言ったことで
殺害対象が坂本弁護士に変わったと主張しました。

坂本弁護士の名前が出た理由については
「説明がなかった」とのこと。

犯行の状況については、村井秀夫幹部が都子さんの首を絞めていたのを見て
「けい動脈を押さえなければ」と自分から言い、
村井秀夫が「代わってくれ」と答えたため
柔道の絞め技を使って首を絞めたと供述。
「私が絞めている間に奥さんが亡くなった可能性が高いと思う」と。

この2000年7月の公判の時以上に中川智正被告自身が落ち着きを失ってしまったのが
2001年3月9日の麻原第187回公判でした。
(「朝日新聞」2001年3月28日朝刊)

殺害場面に関する尋問の際、異様に興奮し、何度も証言台に突っ伏してしまいました。
法廷イラストはこちら。

証言によれば、共犯者の一番後ろから寝室に入った中川智正被告は、
他の共犯者が一斉に坂本弁護士に攻撃するのを
しばらく室内でぼうぜんと立ったまま眺めていたと。

すると、足元で、幼児が泣き始めました。
そのとき、中川智正被告には「子供を何とかしろ
という声が聞こえたといいます。
それは仲間の誰かが叫んだのではなく、
自分の心臓の中からの声」だと思ったと。
その後、隣で奥さんを攻撃していた「村井さん」の首の絞め方が十分ではないのが
分かったので、思わず「けい動脈!けい動脈!」と口走りました。
自分が過去世で『麻原尊師』にけい動脈を絞められて殺された記憶が
あり、それには宗教的意味合いがあると考え

「村井さん」に代わって柔道の技で奥さんの首を絞めたーーーというのでした。

この話は捜査段階ではなかったと検察側が追及

「そう主張するのは、自分の責任能力を争って軽くしようと考えているからではないか?」

それを言われてますます中川智正被告は興奮。
「たしかに書いてない。
検事さんはその話をしたとき、
笑って聞いてくれなかったじゃありませんか


そう言って、それまでも何度もメガネを外して、
証言台に顔を伏せるようにしていた中川智正被告は
そこに突っ伏して、長い時間、何も話そうとはしなかったとのことでした

さらに「朝日新聞」2002年4月20日朝刊。

この前日19日に、自身の公判において坂本弁護士事件関係の最後の被告人質問がありました。
その時にも「おわびのしようがない」と証言台に突っ伏して泣きだしました。

「自分の中には『教祖』松本智津夫(麻原彰晃)被告の想念が入り込んで来て、
自分は教祖と一緒にいるいう
笑い出したいような歓喜を感じた』」とまで供述。

なぜ事件に関与したのかの問いには

「一言で言えば、麻原氏の意識と自分の区別ができなかったから

「自首という発想はなかったが、
麻原氏がしろといったらしたし、死ねといったら死んでいた」と語りました。
この日の供述中、中川智正被告はずっと泣き続け、興奮し続けていたようですが、
たった一度、涙で途切れたのは。

オウム真理教被害者の会の一員として活動していた自分の母親が
事件後も息子の関与を知らずに、坂本弁護士一家の墓参りをしていることを
最後に語ったとき、ただ一度だけでした。

「遺族ははりつけにしてほしい、言っているというが、返す言葉はない」と
謝罪の言葉を語ってしばらく泣いた後、

それでも以後教祖の側近でいて事件に関与し続けた心境を聞かれると
中川被告は
怒られるのは嫌だったが、そばにいることが無条件にうれしかった
と「教祖」への思いを繰り返して泣き続けるという様子でした。

おそらく2002年の最後の被告人質問の時は、
中川さん自身がすべてありのままに語る覚悟で供述していたのだと思います。
特に神秘体験について。
言葉にするだけで自分自身何を語っているのか分からなくなるのを分かったうえで
壊れた姿を法廷で晒してまでも、神秘体験についてこだわって話していたことが
わかります。
これは、最初に新聞記事を読まなかったから、
私は分かったような気持ちになっているのだと思います。
これまで、私も中川さんの神秘体験を読んできています。



自分の母親が、自分の殺害した人物の墓参りをしているところは
泣かないで話すことが出来ていたけど、
自分の「心臓の中の声」について語るとなると
興奮状態になってしまっている姿がよくわかります。

当時の「朝日新聞」記事では、
「中川被告は自分のためにしか泣いてないのではないか」と書かれています。
それは、当然かと思います。
まさか、「巫病」「感応性精神病」「解離性精神障害」であるとは
新聞記者も、読者もわからない。
何で中川被告はこんなに興奮しているのだろうという
不思議な気持ちになったのではないでしょうか。

教祖との関わりは過去世からとも感じていたことも
宗教に疎い傍聴席の存在がないかのように
泣きながら言葉を探して語る姿。
これもまた、一つの人間の姿なのだ、と。
とりあえずでしか、理解できないです。
ここで、中川智正さんの中では
母親<教祖(過去世)と
教祖の存在が自分の中で親よりも大きいと考えていたことも
また、事実だったのでした。
坂本弁護士事件関連の新聞記事は、毎日新聞より、朝日新聞
(降幡賢一記者)の記事が詳細でした。

出典:降幡賢一『オウム法廷13』



毎日新聞社会部:『検察側立証すべて終了―オウム「教祖」法廷全記録〈7〉』