丸亀護国神社

丸亀にも護国神社があることを事前に知っていたので、
レンタサイクルにて必死に探したところ

ありました。
丸亀市民会館のあたりに、ひっそりと。

いかつい表情の狛犬が迎えてくれました。
komainu_marugame

komainu_marugame2

境内はこのような感じです。

marugame_gokoku

善通寺の護国神社と比べてこじんまりとしていますが・・・。
寂しい感じがします。
お詣りする人も私以外にいなかったです。

現代の感覚からすれば、善通寺の立派で静謐な護国神社にばかり
目が行きがちで、丸亀の護国神社については、移転話まで出ている
らしいぐらい、結構マイナーな神社かと思います。
そして、なぜ香川県には、護国神社が二つも存在しているのだろうかという疑問を持ちました。

調べてみると

大東亜戦争敗戦後、占領軍の方針で護国神社は一県一社と
され、丸亀の護国神社は廃絶されるところでした。

しかし、善通寺護国神社(讃岐宮)宮司・矢原高幸氏が努力したので
丸亀の護国神社も、あくまで讃岐宮「別宮」として存続が認められた
と、知りました。

さらに、戦前から「月次祭」も、善通寺だけでなく丸亀でも、
絶え間なく続けられているとのこと。
移転話が丸亀市議会で出ているようですが、どうか移転などしないで
神社の改修費用などに充ててほしいところです。
ここには、かつて伝統ある歩兵第十二連隊が存在し、
香川県内のもう一つの軍都であったということは事実ですから。

参考文献:綾 忠男(讃岐宮香川県護国神社総代・丸亀護国神社奉賛会会長)「讃岐宮香川県護国神社別宮・丸亀護国神社(旧歩兵第十二連隊忠魂堂)の推移と現状」(『歩兵第十二連隊百十年祭記念誌ー思出之記』1985(昭和60)年9月)

ネット上の情報ではなかなかでてこない情報を今回、こうして知ることができてよかったです。
まだまだ歴史については、ネット上だけでなく、書物を紐解いてみることが必要だと感じさせられました。

なお、今の私では、レンタサイクルを飛ばしてさらっとその土地の名所を探すというのは難しいです。
骨折が治りきらないから。
実は、骨が付ききっていないのです。
筋肉を痩せさせないために、ギブスではなく、固定をして、
ある程度くっつき始めた頃に固定を外し、リハビリをしています。

なので、踵の骨がずれたりしないよう、だからと言って、全く動かないのもいけないので、日常生活の制限はあまり儲けず、無理せず
リハビリにはこまめに通う生活を続けています。
おそらく自転車には乗れないでしょう。
踵に力が入らないから。
ここは辛抱強く「待つ」しかないですね。

この後、原田熊吉中将のお墓のある寺院をレンタサイクルを飛ばして
探して、なんとか見つけることができました。
骨折前に見つけてお参りすることができて本当に良かったです。
ごく普通のお墓だったので、おそらく他の墓参者からは
「なんだか怪しい人が来ている」と思われていたかと思います。

軍都・善通寺

善通寺と兵器庫

私が今回是非撮影したかった写真です。

ちょうど善通寺の塔と、陸軍第十一師団兵器庫が入った写真。
やっと撮影できました。

このアングルの写真が撮れて嬉しかったです。

弘法大師ゆかりの善通寺と、陸軍第十一師団のレンガ建築が一緒に
写ってるのが個人的にツボだったのです。

そのほか、善通寺には私が今回回りきれないほどの
陸軍関係施設(自衛隊施設も含む)があるように、軍関係に興味がある人にとっては
あちこち目移りしてしまうほどの街でした。

時間を気にしないで心ゆくまで見物したかったのですが、
現実は・・・午後4時には高松方面の電車に乗らないといけない。
それまでにどれだけ回れるか。

私はよく、旅行に行くと、現地の博物館的な場所の受付の方といろいろ
話してしまって、肝心なところを見そびれてしまうことがあります。
今回はそうならないように・・・と思っていたのですが。
なかなか難しかったです。

そんななかでも、ここには行きました。

「香川県護国神社」

香川県護国神社

別名「讃岐宮」と言われている神社です。
こちらの神社の境内に、「先賢堂」なる香川の偉人をお祀りした場があるらしいです。

さらにこの「先賢堂」に原田熊吉・陸軍中将がお祀りされていたことを、
この本より知りました。

harada_kumakichi

茶園義男『BC級戦犯・チャンギー絞首台―ドキュメント』(紀尾井書房 1983)

護国神社に旅行前に問い合わせてみたところ、「先賢堂」は境内にありますが、
その方がお祀りされているかどうか・・・という回答でした。
先の大戦で殉じられた方は全てお祀りしていますよ、と。

私のような者からのこうした問い合わせ、かなりレアだったのではないかと思います。

今度は直接護国神社の社務所に行き、先賢堂はどちらですか?と聞いたら

「ああ、先日問い合わせられた方ですね」と。

すっかり印象に残られたようでした。

「先賢堂とは、乃木神社のことです」

乃木神社

この讃岐宮には初代善通寺第11師団長であった乃木希典大将を
祀った神社もあるのですが、それが「先賢堂」をも兼ねていたとは!

しかし、わかりにくい・・・。

原田熊吉中将が、讃岐宮の「先賢堂」に合祀されたのは
昭和49(1974)年2月23日だったとか。

最初に祀られたのは、景行天皇の皇子神櫛王命で
原田中将は103番目です。

それでも、ほんの少し原田熊吉中将を知ることができて
嬉しかったです。

次は、茶園義男『BC級戦犯・チャンギー絞首台―ドキュメント』(紀尾井書房 1983)に
掲載されていた、「原田熊吉命御事歴」をご紹介します。