副官の務め

副官とは・・・。

軍隊においては、役職者(高級幹部)個人付のもの(専属副官)と、司令部などの組織に関する副官がいたようです。
(多分、詳しいことは部隊の編制についての施行細則などに細かく職務規定されているはず)

いずれも職務はさまざまで、臨機応変さを要求されることから、優秀者が抜擢されることが多いとのことですが・・・。

武藤章中将が近衛師団長に補任されたときに、専属副官にいきなり任命されたのが、
いくつかのエントリーにも出てもらっている稲垣忠弘中尉です。

稲垣中尉は、予備役の将校というだけで、まさか抜擢されるとは
思っていなかったようです。
自身に力量のないことを痛感させられながらも、
何とか武藤章中将についていこうと一生懸命だったようです。
「副官」という職務経験者のなかには、山縣有朋元帥の副官
をつとめた渡邉錠太郎大将(このひとは、陸士→陸軍大学校首席)がいます。

稲垣中尉は、自身の役目を「戦地における女房役」とし、

〇師団長の健康維持(絶対に病気にかかられないように注意)
〇雑務に師団長の神経を一切、使わせないこと

これだけを気を付けられたらしいです。

これって、私の母(専業主婦)のやり方と同じではないか?と思いました。
私の母は、子供のことや、近所のことなどで面倒なことがあっても、
なるべく父の仕事に支障がないように胸の内にしまい、
父が仕事に専念できるよう健康管理だけはしっかりしていた。実は大変だったと
いっていたので、「専業主婦と同じぐらい大変な仕事」なんだなあと思いました。

他国の軍はわかりませんが、
日本陸軍(海軍もかも?)においては、上下関係の中に、さらに「女房役」とか「父親の威厳(山下大将など指揮官)」の
ような、疑似家族関係をつくりあげていたのではないかと思わせられます。
その疑似家族のほうが、プライベートの家族関係よりも信頼関係が強固であったように思うのは
私だけでしょうか。

稲垣副官から見た武藤章中将とはどのような人だったのでしょうか?

〇まず自分の意見を「ズバリ」と直言する
〇実は口が堅い
〇茫洋とした人を包み込むような人徳があり、この人のためなら
身を投げ出してもよいと思わせられた

ということです。

武藤章師団長は、昭和19(1944)年10月に、山下大将が司令官となった
第14方面軍参謀長となり、フィリピンに赴任する時に
まっさきに稲垣副官に、フィリピンの戦況を率直に話したとのこと。
山下大将がいまごろ行かれても遅い。もう後は米軍をひきつけてどれだけ叩くかしかない。
もし君がついてきてくれるなら助かるけれど

稲垣中尉は即座に「お供します!」

武藤章中将は「いや!!」と一度止めました。

「これは死の宣告と同じだから、一晩よく考えて明朝返事をしてくれ」と。

稲垣副官は、武藤章中将のために死ぬことを恐れてなかったので
「閣下、お供させていただきます」と朝、伝えたと。

武藤章中将は一言

「有り難う」

武藤章中将は、「比島から巣鴨へ」の中で

「稲垣副官は、昭和17年5月上旬、私がスマトラの近衛師団長着任以来の副官である。
当時彼は、幹部候補生出身の少尉であった。昭和19年10月スマトラから比島に転任になるときにも
少し無理をして連れてきたのだ。
足かけ4年における我々の友情は、平和時における中年男子の間における友交をもって
想像することはできない。
私は師団長であり、方面軍参謀長であり、彼は尉官であり、副官であった。
齢は親子ほど違ふ。
然し、戦時、砲爆撃下に於ける吾々の間はそれらを超越するものがあった。
生命の危機に直面しては、位階や職権や年齢やを越え、生身の人間そのものが
相触れる。魂の交わりである。私が友情と云ふのはそれだ。

私の衣・食・住一切は稲垣副官に任せ切った。防空壕の出入りまで
彼の云ふ通りにしたから、生命も彼の手に委ねたと云へるかも知れぬ。
私の我儘は相当彼を手古摺らせたこともあらう。
が私は常に心から感謝してゐる。

もし私が師団長として、参謀長として何等かの功績を樹てたとしたら
その半分は彼の功績と云はねばならぬ」

と、稲垣副官に感謝の言葉を書かれていました。

武藤章中将はインパール作戦をどう思っていたか?

武藤章中将は、昭和17年4月に、「栄転」と称されて
近衛師団長(在スマトラ・メダン)に赴任しました。

実際の着任は、5月11日だったようです。
(4月20日付ですが、それ以後、武藤さん自身が熊本に寄り
お墓参りなどしてから出発された)

武藤さん自身が陸軍省軍務局長という、陸軍大臣の補佐という立場を
離れるにあたっては、いろいろと噂もあったし、武藤さん自身も
いいたいことがたくさんありましたが、これはここでは触れません。

武藤さん自身は、支那事変の時は拡大論者で、陸軍部内での多数派代表だったけれど、
その後かなり反省をして、「支那事変を収束させ、アメリカなどとの戦争は絶対避けるべし」
という、当時としては「マイノリティ」な立場の中で、いろんな方面からバッシングを
受けていました。

そのような武藤さんが、実際初めて、シンガポール戦でも功績をあげた
近衛師団の長になって赴任し、驚いたこととは何でしょう?

軍隊一般はもう(大東亜)戦争には勝ったと信じている者が多かった」ということ
です。
さらに、スマトラの日系農園経営者なども、戦争によって更に利益が増えると考え
利益の分け前争いをやっていたということも。

そういう人たちに
戦争の将来は予測を許さぬから、戦力強化を第一に」というのは
相当な反発を買ったと思います。

比島から巣鴨へ―日本軍部の歩んだ道と一軍人の運命 (中公文庫)

耳障りのよいことをいうのは簡単だけど、
自分の思うところが、相手にとって耳障りのよくないことでも
きちんと伝えるのが、武藤さん流だったりします。
おそらく、山下大将は、武藤さんのそういう正直なところを
すごく信頼していたのではないかと思います。

武藤さんの近衛師団長時代からの副官・稲垣忠弘中尉によると、
武藤さん着任後3ヶ月かかってようやく、スマトラ島の空気が
戦勝気分ではなくなったとか。
これは武藤さん自身が、師団司令部にこもっておらず、
隷下部隊を視察し、指揮官たちに自分の意志を伝えるということを
何度もやったからだと思います。
これはかなり地味なことで、忍耐が強くないとできないことです。

その頃、近衛師団参謀長であった(武藤さんの参謀長)小畑信良大佐(陸士30期)が
少将に進級し、第15軍参謀長に栄転が決まりました。
小畑信良少将

稲垣副官によると、
武藤師団長の宿舎に挨拶にやってきた小畑少将と、随分長く話していたようで、
時々、武藤師団長の大声が聞こえてくるという
珍しいことがあったようです。

★武藤章さんは、よく怒鳴りそうに思われるかもしれませんが、
そんなことはなかった人だとは、近くに仕えた人の評価なのが
意外に思う方も多いと思います。

「インパール作戦」が計画されていたことに対する大反対<(`^´)>
だったようです。(副官の立場ではそれが精いっぱいだと思います)

何とか参謀長として赴任するにあたり、作戦を実行せぬよう
司令官を説得しろ!!!!

という様子だったとか。

それからひと月後、小畑少将が突然武藤師団長の宿舎を
訪ねてきて、
閣下!!力及ばず。クビになって帰ってきました
と無念そうに報告されたとのことです。

その後しばらくして、「死の行軍」インパール作戦が開始されました。