固定が外れた!

11月7日のことです。

この日、レントゲンの撮影結果、固定を外してリハビリに入ることとなりました。
まだ骨は完全についてはないですが、
ここからは、これまで使ってなかった足の筋肉を復活させるようにとのことでした。

この日、朝病院に行く時、どうしようと思ったのが
靴でした。

まさか、骨折前の靴がすぐに履けるはずもないし。

だからと言って、パカパカになってしまうギプスシューズは危ない。

そんな時にケアシューズ「あゆみ」(徳武産業株式会社)を見つけました。
通販が主体そうですが、アンテナショップがJR浅草橋駅前にあるとのことで
しっかり試せそうだというのと、右足だけという買い方でもOKだとか。

あゆみシューズ

ここに行ってみよう!

固定を外した右足は、とても不安定でした。
それで、なるべく歩かないように頑張って、浅草橋までたどり着きました。
結構大変でした。
これが怪我をしてないなら、何回かの乗り換えすれば良いだけだから
30分あればいけるはずが、
2時間ぐらいかかったと思います。
都営バスでまずはJR錦糸町まで移動したから。
しかも、固定もなしで、一応健康そうに?見える者が優先席に座っていたので
かなり視線が冷たかったです(そういう人でも、怪我をかばうために座っていることだってある)。
もしこれで頑張って立ってしまったら、足に力が入らなかったことでしょうし、
バスの停止ごとに冷や汗をかくことになります。

錦糸町から浅草橋まではJR総武線でしたが、
まず浅草橋駅西口の階段が怖かったです。
バリアフリーとは程遠く、
手すりに両手でつかまっておりました。
そうして、歩いて少ししたら「あゆみショップ」がありました。
近かったのでホッとしました。
まだ靴を買ってもないのに
救われた気持ちがしました。

私はとにかく骨折した側の足がむくむことと、これからの季節の寒暖差による痛みが
心配だったので、それを話したところ
ちょうど良いくつを購入することができました。
まずはギブスシューズを脱いではき替える靴(右側だけ)
あと、両足のもの(こちらは宅配便で送ってもらった)

私が買ったものは、とても着脱が楽です。
そしてむくみが気にならないです。

これで何とかリハビリ生活を乗り切ろうと思えました。

なお、この「あゆみシューズ」を作っている「徳武産業株式会社」さまの所在地は
香川県さぬき市なんです。

香川県には、今年まだ元気に歩けた頃、一泊だけですが頑張って旅行した場所。
その香川県で作られてる靴に助けられているって、なんだか感謝です。

ということで、次こそは香川旅行の続編を書きたいです。

骨折治療はリハビリが肝心

私はこれまで、骨がつけば骨折治療は終わりだと思っていました。
リハビリはせいぜい副次的なものと思っていました。

以前の骨折の時のリハビリは、職場と整形外科が近くだったのも
あり、ストレスを感じなかった(むしろリハビリ中居眠りができたのが良かった)のもあります。

しかし

「骨折は、固定が外れてリハビリに入ってからが大切なんですよ」

「できれば、リハビリは当院が空いてる時、毎日来て欲しい。」

それでは仕事の両立が༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ༽出来ない・・・。

それなら、私は非正規雇用でもあるし、骨折で仕事をやめたとても
傷病手当金が出る(1年以上同じところで働いているため)ので
退職するか、仕事をとるか・・・。(これはかなり悩みました)

「もし、うち(病院)に通えないというなら、地元に転院されるとか考えることもあります」
「今はご自身の足を第一に考えて欲しいです。身体をとるのか、仕事をとるのか?」

とも言われました。
個人的にはごもっともです!
しかし、現実には職場にはいろいろとお察しくださいということもあり
なかなかどうしたら良いのか悩みました。

地元に転院しても、結局は遅刻早退が増える(さらに病院の多くは平日の9時から6時ぐらいだから)
「身体をとるのか、仕事をとるのか」については、
私個人のことだけなら、「身体」です。
特に足の怪我なので、ずっと付き合わざるをえなくなりそう(毎日歩いている=使っているから)。
だから本来は仕事なぞやめたい。
そして、早退遅刻するときの職場の何だか「先に抜けるの?」ムードが精神的に堪えられない。
だったら、もうやめていい。

こうなったら、もう仕事やめよう

そう思って、派遣元に相談しました。

答えは

遅刻早退は事前に伝えてくれれば何とかするので続けて欲しい

でした。
(もっともこれは今回の職場環境上、このように言われただけで、
他に応募かけたら後任が見つかった、とか人数的に足りている、だったらば
私は即刻クビが当然だと思います。非正規雇用とはそんなものです
非正規雇用は自己責任とか言われますが、こういう時こそ、「うまく立ち回ること」が大切だと
思いました。しかし今回はこの選択が自分の中では精一杯でした
なお、病院の先生によると、派遣社員ならば、一旦辞めて、療養した後別の派遣先から復帰する人も
多くいますよ、とのこと。)

となると、職場から病院まで移動するストレスとの闘いにもなる・・・。

整形外科での処置

今回の骨折で、整形外科で受けた処置について記したいと思います。
整形外科には、週3回通っていました。(うち二日は平日だったので、処置終わり次第
仕事に行きました)

私の通っている整形外科では、週に1度レントゲンを撮ってもらっていました。
レントゲンのない日は、添え木の固定を正しい場所に直し、薬を塗り、包帯を巻くというものです。
素人な私からするとシンプルだなと思います・・・。

同じ踵骨骨折の方のブログを見ると

ギブスをはめて1ヶ月ぐらいに外したとかいうのがあります。

私の場合は、まず「ギブスにするか、添え木の固定にするか」を選ばされました。
ギブスの場合は、通院回数が減るが、外した後筋肉が痩せてしまう。
通院が少ない分、小さい変化に医師が気付いてあげられない。

添え木だと、頻繁に(少なくても週に3回、できれば毎日)通院してもらう必要がある。
頻繁に通院するので、医師が小さい変化に気付いてアドバイスできる。

これはどうしようか悩みました。

最初は仕事も続けているので、ギブスにしようかと思いましたが

「あなたの場合は、本来入院安静生活を送る人も珍しくないんです。重症なんですよ!」と
言われていました。
さらに、現在の仕事内容は、事務系でも割と動かないといけないことが多いので
その仕事によって、骨のつきだとかに悪影響を及ぼしはしないだろうかと思ったので
頻繁に診ていただく「添え木」を選びました。

さらに、添え木を添えて包帯を巻くとき、かなりしっかり巻いてくれるのが
ありがたかったです。
お医者さんを選ぶポイントとして、その病院の医師が、包帯をしっかり巻くということに
こだわりを持っているかどうかはあげていいと思いました。
以前の左足首剥離骨折の時の接骨院では、包帯が取れてしまったということがあり
自分で巻き直しましたから。
結果、この剥離骨折の時よりも重症であるはずの今回の骨折の方が
経過は順調?なのかもしれません。
前回の剥離骨折の時は、松葉杖あり(3ヶ月)、途中転院(接骨院→整形外科)で
長くかかってしまったから。

とにかく、今お世話になっている病院は、患者の質問(些細なことですが)にしっかり答えてくれます。

さらに、仕事との両立の上では、自宅近くの整形外科に通うよりも、移動時間を短縮できる。
職場からは、電車とバスで移動しますが、それでもその職場からは一番近い、というのも
大きいです。
その分、心身ともに、ものすごく疲れます。
なんども仕事やめて療養生活すればよかったと思いました。
休みの日など、ほとんど寝たきりに近いほど疲れ果てていました。

最後に感謝したいのは、通勤途中の怪我ということで
労災の恩恵に与れたことです。
本当に感謝、です。

medical_houtai

整形外科と接骨院の違い

なんだか急に思い立って、備忘録としての骨折生活を記そうとして第二弾です。

私は今回の骨折の時、

まず、整形外科を探そうとしました。

それは、「レントゲンを撮ってもらえるから」です。

以前左足を剥離骨折した際、何も考えず接骨院に駆け込んだところ
表面だけ見て、「捻挫」と診断し、その治療をしたからです。
確かに「捻挫」もありましたが・・・。
翌日になっても痛みがひかない・・・。
そこで、整形外科に行きました。

整形外科と接骨院の違いは、このサイトによると

整形外科・・・医師(整形外科医)が骨・関節・筋腱(運動器)・手足の神経(末梢神経)・脊椎脊髄の治療を行います。
       診察による理学所見とX線(レントゲン)やMRI等の検査をもとに診断し、
       症状や病態にあわせて投薬、注射、手術、リハビリテーション等で治療

接骨院・・・柔道整復師が捻挫や打撲に冷罨法、温罨法、マッサージや物理療法等の施術を行います。
      柔道整復師は医師ではなく、あん摩・マッサージ、はり・灸師と同じ医業類似行為の資格です。
      外傷による捻挫や打撲に対する施術と骨折・脱臼の応急処置が業務範囲

とあるように、整形外科ではレントゲン撮影してもらえること。接骨院では「見た目診断勝負」というところなので
骨折なのか、ただの捻挫なのかを知るためには、レントゲン撮影が必要だからです。
私も、以前の骨折時、最初に整形外科を選ばなかったことで、痛い期間が続きました。
なので、のちに鍼灸院や接骨院(こちらの方が、仕事している人にとって開業時間が長い)に移ろうとも
とりあえずレントゲンだけは取ったほうがいいです。

それで整形外科に駆け込み、重症な骨折と診断されたのでした。